Alternate HostとCollateral Hostの違いは何ですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


代替宿主と副宿主の主な違いは、特定の寄生虫の代替宿主と主宿主が異なる科に属するのに対し、副宿主と主宿主は同じ科に属することです。

さらに、宿主交代型は寄生虫のライフサイクルの完了に寄与し、宿主側寄生虫は寄生虫の生存に寄与しています。

代替宿主と副宿主は、寄生虫の生存を助ける2種類の宿主です。

これらを総称して補助宿主と呼びます。

主な対象分野

  1. オルタネートホストとは
         – 定義、特徴、例
  2. コラテラルホストとは
         – 定義、特徴、使用例
  3. 代替ホストとコラテラルホストの類似点とは
         – 共通する特徴の概要
  4. Alternate HostとCollateral Hostの違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

代替宿主,副宿主,植物病原菌,ライフサイクルの完成,副宿主,寄生虫の生き残り

スポンサーリンク

代替ホストとは

代替宿主とは、主宿主以外の宿主で、寄生虫が生存できる宿主のことです。

寄生虫がその生活環を完結させるためにのみ、代替宿主を利用することを意味する。

例えば、クロバエのような寄生虫は、卵の状態で代替宿主で越冬し、秋になると主宿主であるマサキに移動していきます。

しかし、寄生虫の代替宿主と主宿主は異なる科に属している。

What is the Difference Between Alternate Host and Collateral Host 図1:クロバエの仲間

また、主宿主がいない場合、寄生虫は代用宿主に依存する。

例えば、ナシやリンゴを主な宿主とする火傷病の細菌は、サンザシを代替宿主とする。

コラテラルホストとは

寄生虫の生存を助ける宿主のことを副主人公という。

副主人の最大の特徴は、ある植物寄生虫の主宿主と副主人が同じ科に属していることである

 例えば、イネ科の菌に感染するイネ科の菌は野生のイネを、イネ科の菌に感染するイネをそれぞれ副主細胞としている。

代替ホストと副ホストの類似性

  • 代替宿主と副宿主は、植物病原菌の主宿主が利用できないときに、その生存を助ける2種類の補助宿主です。
  • 不順な季節の間、寄生虫が生き残るのを助ける。
  • また、植物寄生虫の生物学的防除による寄生虫の駆除においても、この2種類の宿主は重要です。

代替ホストと担保ホストの違い

定義

代替宿主とは、ある種の病原体がその生活環を完成させるために発育しなければならない宿主のことである

一方、副主人とは、主主人と同じ科に属する宿主で、シーズンオフの間、寄生虫の生存を助けるものを指す。

これらの定義から、宿主交代型と副主任型の根本的な違いがわかります。

ホストファミリーの家族

ある寄生虫の代替宿主と主宿主は異なる科に属し、副宿主と主宿主は同じ科に属します。

これが代替宿主と副宿主の主な違いであると考えることができる。

ホストの役割

また、代替宿主は寄生虫の生活環を完成させることで寄生虫の生存を助け、副宿主は主宿主が利用できないときに寄生虫の生存を助けている。

重要性

代替宿主と副宿主のもう一つの違いは、代替宿主は悪天候下での寄生虫の生存に重要であり、副宿主は主宿主のオフシーズンでの寄生虫の生存に重要であることである

小麦の茎さび病を引き起こすPucciniagraminis triticiは代替宿主としてオオバギボウシで生存し、真菌病原体は側宿主としてナス科の植物を攻撃する。

結論

代替宿主とは、ある寄生虫の主な宿主の系列に属さない宿主のことである

しかし、寄生虫のライフサイクルの完成を助ける。

一方、副主人とは、寄生虫の主な宿主の家系に属し、主な宿主が利用できないときに寄生虫の生存を助けるものです。

したがって、代替宿主と副宿主の主な違いは、宿主の家族と寄生虫の生存に対するその重要性にあります。

タイトルとURLをコピーしました