ハッシュ化と暗号化の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ハッシュ化と暗号化の主な違いは、ハッシュ化されたメッセージは元のメッセージに変換できないのに対し、暗号化されたメッセージは元のメッセージに変換できることです。

ウェブ上での情報交換は、安全性を確保することが重要です。

データの安全性を確保するための方法はいろいろある。

そのうちの2つがハッシュ化と暗号化です。

ハッシュ化とは、データにハッシュ関数を適用し、数値に変換することである

送信メッセージと受信メッセージのハッシュを照合することで、両者が同じであることを確認し、データの検証を行う。

一方、暗号化とは、送信すべき元のデータを認識できない形式に変換し、権限のない者が読めないようにすることです。

データを安全に転送するのに役立ちます。

スポンサーリンク

ハッシュ化とは

ハッシュ化とは、データを文字列から生成される一意な数値に変換する数学的な演算です。

その出力はメッセージダイジェストまたはハッシュとして知られています。


ハッシュは任意のデータに対して実行することが可能である

入力データは任意の長さを持つことができるが、出力は常に固定です。

ハッシュ化では、データはハッシュ化アルゴリズムを通過し、一意の出力を提供するが、元のデータに変換することは不可能である

 あるデータの一意な部分は、常に同じハッシュを生成する。

ハッシュ化は実行しやすいが、逆変換は困難です。

ハッシュ関数には、MD5、SHA1、SHA-256などがあります。

図1:ハッシュ化

例えば、ユーザーはメールアドレスとパスワードを入力することで、電子メールアカウントを作成することができる。

このとき、電子メールのプロバイダーはパスワードを保存しない。

パスワードはハッシュ化アルゴリズムにかけられ、そのハッシュが保存される。

電子メールアカウントを開こうとすると、電子メールプロバイダは、パスワードのハッシュと、もともと保存されていたパスワードのハッシュをチェックする。

2つのハッシュが同じであれば、ユーザーはメールにアクセスする権限を得ることができる。

暗号化とは

暗号化とは、元のメッセージを認識できない形に変換して、権限のない第三者から識別できないようにすることです。

送信者側で実行されます。

新しい形式のメッセージは、元のメッセージとは全く異なるものです。

したがって、通信路を介して安全にデータを伝送するための優れたメカニズムです。

送信者は、暗号化アルゴリズムとキーを使用して、元のメッセージを暗号化されたメッセージに変換します。

暗号化されたメッセージは、暗号文とも呼ばれます。

受信側では、この暗号化されたメッセージを、復号化アルゴリズムと鍵を使って元のメッセージに変換し直します。

これを「復号化」といいます。

図2:暗号化と復号化

さらに、暗号化・復号化には2つの方式があります。

対称型暗号と非対称型暗号と呼ばれるものです。

対称型暗号は、暗号化と復号化の両方に同じ鍵を使用する。

非対称暗号は、2つの鍵(公開鍵と秘密鍵)を使って暗号化と復号を行う。

ハッシュ化と暗号化の違い

定義

ハッシュ化とは、データに対してハッシュ関数を使用し、固定サイズの数値出力にマッピングするプロセスです。

  暗号化とは、許可された当事者だけがアクセスできるように、メッセージや情報を符号化することです。

基本情報

ハッシュ化と暗号化の基本的な違いは、ハッシュ化がデータを文字列から生成した数値であるメッセージダイジェストまたはハッシュに変換するのに対し、暗号化は暗号化アルゴリズムと鍵を使って送信するメッセージを認識不可能な形式に変換することである

キーの使用方法

ハッシュ化では鍵を使わないが、暗号化では鍵を使う。

この点もハッシュ化と暗号化の違いです。

目的

ハッシュ化と暗号化の重要な違いの一つは、ハッシュ化の目的がデータの検証であるのに対し、暗号化の目的はデータを安全に伝送することである

使用方法

ハッシュ化は、パスワードやファイルの送信、検索に使用されます。

暗号化は、機密性の高いビジネス情報などの転送に使用されます。

リバーシブル

さらに、ハッシュと暗号の違いは、その可逆性にあります。

つまり、ハッシュ出力は元のメッセージに戻すことができません。

暗号化されたメッセージは、復号化アルゴリズムと適切な鍵を使用することで、元のメッセージに変換することができます。

使用する関数とアルゴリズム

MD5、SHA1、SHA-256は、ハッシュ関数です。

C4、AES、DES、3DES は、いくつかの対称暗号化アルゴリズムです。

Diffie-Hellman, RSA アルゴリズムは、いくつかの非対称暗号化アルゴリズムです。

結論

結論として、ハッシュ化と暗号化の主な違いは、ハッシュ化されたメッセージは元のメッセージやデータに戻すことができないのに対し、暗号化されたメッセージは元のメッセージに戻すことができることです。

タイトルとURLをコピーしました