倫理学と哲学の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

倫理と哲学の大きな違いは、倫理が道徳的指針であるのに対し、哲学は学問として知識、現実、存在の根本的な本質を研究するものであることです。

倫理は、人が道徳的な基準に従って人生を歩むことを助けるものであり、この倫理に関わる哲学は数多く存在する。

これらの哲学は道徳哲学と呼ばれています。

学問の世界にも様々な哲学が存在する。

この記事では、倫理と哲学の違いについて考察しています。

スポンサーリンク

倫理とは

一般に、倫理とは、人が行為を行う際に従うべき道徳的指針を指します。

したがって、個人の生活スタイルに対する道徳的なアドバイスやガイドラインとして使用することができます。

したがって、倫理は、何が道徳的に正しく、何が道徳的に間違っているかを説明するものです。

社会的な信念や宗教的な教えは、社会における倫理の基礎として機能します。

倫理という言葉の語源は、習慣、性格、気質を意味するギリシャ語のethosに由来しています。

つまり、倫理とは、従うべき道徳的原則のことです。

したがって、メリアム・ウェブスターは倫理を「何が善で何が悪か、道徳的な義務や責務、あるいは道徳的価値観の理論や体系を扱う学問」と定義している。

このように、倫理学は人間がどのように行動すべきかを教えてくれるものです。

倫理学は、私たちが道徳的な用語で考え、道徳的な用語に従って働くことを可能にします

同様に、倫理学は、社会の大多数が道徳的に良いこと、受け入れられることを定義します。

フィロソフィーとは

哲学とは何かを正確に定義することは困難です。

しかし、一般的に、哲学は、特に学問として考えた場合、知識、現実、存在の根本的な本質を研究する学問であると言えます。

したがって、簡単に言えば、哲学とは何かについての理論です。

哲学の語源は、ギリシャ語の「フィロ」と「ソフィア」であり、知恵を愛するという意味です。

したがって、哲学は、宗教、芸術、文化、倫理、人間の存在など、ある特定の主題に関する人間の考え方や思想のあり方を示すものです。

したがって、哲学とは、これらの主題に関する知的な前提です。

図2:ギリシャの哲学者たち

したがって、哲学には次のようなものがあります。

芸術の哲学
生物学の哲学
歴史哲学
言語哲学
法哲学
哲学
物理学
自然科学哲学
宗教哲学
社会学
科学哲学 など

また、哲学は基本的に論理学、認識論、形而上学、公理学の4つの分野に大別される。

有名な哲学者としては、プラトン、アリストテレス、ソクラテス、イマニュエル・カント、孔子、カール・マルクス、ジョン・ロックなどがいる。

倫理と哲学の関係

  • 倫理に関わる哲学は、道徳哲学に該当する。さらに、多くの哲学的問題は倫理学に属する。倫理学は多くの哲学的な問題を説明しなければならない。

倫理と哲学の違い

定義

倫理は人が従うべき道徳的原則であり、哲学は学問として知識、現実、存在の根本的な本質を研究することである

したがって、これが倫理学と哲学の大きな違いです。

内容

倫理は、人間が生活する上で守るべき道徳的な指針や助言からなり、哲学は、人生の特定の主題に関して哲学者が提唱した理論やイデオロギーからなる。

したがって、これは倫理と哲学の重要な違いです。

原点

また、倫理学に特定の起源を見出すことはできない。

しかし、倫理学は人間社会における宗教、道徳と強い関わりを持っています。

通常、哲学には特定の創始者や哲学者と呼ばれる先駆的な人物が何人かいる。

つまり、この点も倫理学と哲学の違いです。

部門

倫理学と哲学のもう一つの違いは、その区分です。

倫理学は、人間のあらゆる行動に関する普遍的な道徳原理であるから、時代、国、対象によって分けることができない。

一方、哲学は、時代、流派、運動、国、対象などによってさまざまな分派があります。

結論

倫理とは、人間が道徳的な基準に従って人生を送るための道徳的な指針であり、哲学とは、知識、現実、存在の根本的な性質についての学問であり、特に学問として考えた場合、そのようなものです。

したがって、倫理に関する哲学も存在する。

このように、倫理と哲学の違いはこの点にある。

タイトルとURLをコピーしました