天然甘味料と人工甘味料の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

主な違い – 天然甘味料と人工甘味料の違い

Sugar substitutes are mainly divided into two groups: natural and artificial sweeteners. These sweeteners are mainly used as a main ingredient in the production of confectionery products. Natural sweeteners are mainly derived from different animal or plant sources. For example, honey is a natural sweetener that is made by bees using nectar from flowers. In contrast, artificial sweeteners are mainly derived from synthetic chemicals during industrial processing. This is the key difference between natural and artificial sweeteners. Although both natural and artificial sweeteners are used for the same applications, they have different sensory and nutritional properties as well as health impacts.Difference Between Natural and Artificial Sweeteners-infographic

天然甘味料とは

Natural sugars are mainly extracted from animal or plant sources, and they are derived as a result of a natural process such as photosynthesis in a plant. These sugar substitutes are low in calories, low in fructose and taste very sweet. Thus, natural sweeteners are considered as a good sugar substitute because they have lesser-to-no calories compared to that of refined sugars often used in cooking and other beverages. However, these natural sweeteners acquire their sweet taste from glucose and fructose. They are also associated with positive health outcomes compared to artificial sweeteners.Difference Between Natural and Artificial Sweeteners

人工甘味料とは

砂糖の代用品は、人工的に合成された化合物で、砂糖に似た甘味を与えるものです。

しかし、含まれる食物エネルギーはかなり少なくなっています。

人工甘味料の過剰摂取は、健康に有害な影響を及ぼします。

人工甘味料は、肥満、糖尿病、心血管疾患、認知症、黄斑変性症、虫歯と関連している。

そのため、EUの食品添加物や米国食品医薬品局など、さまざまな食品規制機関が、人工甘味料を食品添加物として規制しています。

Main Difference - Natural vs Artificial Sweeteners

天然甘味料と人工甘味料の違い

天然甘味料と人工甘味料は、感覚的な特性、栄養素、健康への影響などが異なる場合があります。

これらの違いには、以下のようなものがあります。

健康への効果とリスク

天然甘味料。

天然甘味料は、人工甘味料と比較して、より多くの健康上の利点と関連しています。

例えば、ステビア。

ステビアにはカロリーも炭水化物もありません。

研究者はまた、ステビアはLDLコレステロールを下げることができることを示し、それは食後の血糖合成を減らすようにインスリン感受性を増加させるので、2型糖尿病を防ぐことができます。

別の研究では、ステビアは、メモリをシャープにし、脳の酸化的損傷を減らすことができることを実証した。

しかし、ステビアには副作用もあります。

避妊薬として作用することがあり、生殖に関する問題やアレルギー反応を引き起こす可能性があります

人工甘味料。

人工甘味料は、天然甘味料と比較して、より健康上のマイナス効果があるとされています。

一部の人工甘味料は、発がん性があるため、一部の国で禁止されています。

また、アスパルテーム、スクラロースなどの人工甘味料は、先天性異常、精子の生産を妨げることによる男性不妊の増加、がん、虫歯、体重増加の原因になることを示す研究もあります。

天然甘味料。

アガベネクター、デーツシュガー、ハチミツ、メープルシロップ、モラセス、ココナッツネクター、ソルビトール、ベリー類、果物、野菜、キノコ類から抽出されたキシリトールなどが天然甘味料の一例です。

人工甘味料 アセスルファムカリウム(Sunett、Sweet One)、アスパルテーム(Equal、NutraSweet)、ネオテーム、サッカリン(SugarTwin、Sweet’N Low)、スクラロース(Splenda)、アドバンテームは、人工甘味料として知られています。

甘味の主成分

天然甘味料。

果糖と糖アルコールが主な甘味物質です。

人工甘味料。

 人工甘味料:アミノ酸、ペプチド、糖アルコールが主な甘味成分。

用途

天然甘味料は、以下の用途に使用される。

  • 焼成用(主用途)
  • パンやビスケットに塗る
  • 紅茶など各種飲料の甘味付け
  • 食肉の保存

人工甘味料は、以下のような用途に使用されます。

  • 食品に振りかける
  • 紅茶やコーヒーなどの温かい飲み物を甘くする。
  • 焼き菓子、菓子、トフィーなどの裏ごし(ダイエット食品、砂糖不使用の代替品など)
  • 調理品の甘味付けや食感改良のため
  • 食品にまぶす、製菓・製パン用の氷砂糖の製造。

コスト

天然甘味料。

天然甘味料は人工甘味料より高価です。

人工甘味料。

人工甘味料は、天然甘味料よりも安価です。

アダス、M. (2001). 古代・古典史における農耕牧畜社会. テンプル大学出版会. ISBN 1-56639-832-0. 311ページ

がんおよび栄養に関する欧州前向き調査-オランダ(EPIC-NL)研究における炭水化物の量と質および2型糖尿病のリスク”。

臨床栄養のアメリカンジャーナル、92、905-911。

Kántor, Z., Pitsi, G. and Thoen, J. (1999). 示差走査熱量計によって決定された水分含量の関数としての蜂蜜のガラス転移温度。

マテスRD、ポプキンBM(2009)。

ヒトにおける非栄養性甘味料の消費:食欲と食物摂取への影響とその推定される機序。

Welsh JA, Sharma A, Cunningham SA, Vos MB (2011). 米国の青少年における添加糖の消費量と心血管疾患リスクの指標。

「ハニー-ベネフィット “ラマ-ラヒームによって – コモンズウィキメディアを介して自分の仕事(CC BY-SA 4.0)。

“Assugrin f3453504” By Rama – 自作自演 (CC BY-SA 2.0 fr) via Commons Wikimedia

保存する

タイトルとURLをコピーしました