概念的研究と実証的研究の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


概念的研究と実証的研究の主な違いは、概念的研究が抽象的なアイデアや概念を含むのに対し、実証的研究は観察、実験、検証可能な証拠に基づく研究であることです

概念的研究と実証的研究は、科学的研究の2つの方法です。

概念的研究は実験を伴わず、実証的研究は実験を伴うので、この2つは相反するタイプの研究の枠組みです。

スポンサーリンク

コンセプチュアル・リサーチとは?

概念的研究とは、一般的に抽象的なアイデアや概念に関連する研究の一種です

特に実践的な実験を伴うわけではありません。

しかし、このタイプの研究では、与えられたトピックについて既に存在する情報を観察し、分析することが一般的です。

哲学的な研究は、一般的に概念的な研究の良い例です。

概念研究は、現実の問題を解決するために使用することができます。

研究者が研究で使用する分析ツールである概念的枠組みは、概念的研究に基づいている。

さらに、これらのフレームワークは、研究者が研究目的で必要とする概念的な区別を行い、考えを整理するのに役立つ

Main Difference - Conceptual vs Empirical Research 図2:概念的フレームワーク

簡単に言えば、概念的枠組みとは、特定の現象をどのように説明するかについて、研究者が文献(先行研究)を総合したものです。

研究対象に関する研究者の観察や先行研究から得られた知識に基づいて、研究の過程で必要とされる行動を説明するものである

実証研究とは何か?

経験的研究とは、基本的に経験的証拠を用いた研究のことである

経験的証拠とは、理論や純粋な論理ではなく、観察や経験によって検証可能な証拠を指します

したがって、経験的研究とは、経験的証拠に基づいて結論を出す研究調査のことです。

さらに、実証的な研究調査は、観察可能で測定可能なものです

経験的証拠は、定性的調査研究または定量的調査研究によって収集することができます。

質的な研究方法は、非数値的または非統計的なデータを収集します。

したがって、このタイプの研究は、何かの背後にある理由、意見、動機の理解や、思考や意見の傾向の解明に役立ちます。

一方、定量的な調査研究は、統計的なデータを収集するものです。

行動や意見、その他定義された変数を数値化することができます。

さらに、研究者は定量的手法と定性的手法を組み合わせて、研究課題に対する答えを見つけることもできます。

図2:実証研究のサイクル

心理学者として有名なA.D. de Grootは、実証研究のプロセスを説明するサイクル(図2)を考え出しました。

しかも、このサイクルは5つのステップからなり、それぞれが他のステップと同様に重要です。

この5つのステップとは、観察、帰納、演繹、検証、評価です。

概念研究と実証研究の違い

定義

概念研究は、一般的に抽象的なアイデアや概念に関連する研究の一種であり、一方、実証研究は、研究の結論が理論や純粋な論理ではなく、観察や経験によって検証可能な証拠から引き出されるあらゆる研究である

自然

概念研究は、抽象的なアイデアや概念を扱うが、実用的な実験を伴わない。

一方、実証研究は、観察・測定可能な現象を対象とする

研究の種類

哲学的研究研究は概念的研究研究の例であり、実証的研究は定量的研究と定性的研究の両方を含む。

結論

概念的研究と実証的研究の主な違いは、概念的研究が抽象的なアイデアや概念を含むのに対し、実証的研究は観察、実験、検証可能な証拠に基づく研究であるということです

タイトルとURLをコピーしました