生物学と微生物学の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


生物学と微生物学の主な違いは、生物学が主に生物および生物に関連する非生物に関する科学の分野であるのに対し、微生物学は主に微生物に関する生物学の下位分野であることです。

さらに、生物学は多様な分野であるのに対し、微生物学は生物学よりもはるかに特殊な分野です。

生物学と微生物学は、さまざまな種類の生物の構造、機能、およびさまざまな相互作用を研究する科学の2つの分野です。

スポンサーリンク

バイオロジーとは

生物学は、地球上のあらゆる生物を研究する多様な科学分野の一つです。

したがって、肉眼で見える生物だけでなく、肉眼では見えない小さな生物にも関係します。

 例えば、生物学では、動物、植物、原生動物、菌類、バクテリア、その他の微生物を研究します。

そのため、生物学者はこれらの生物を研究するために、顕微鏡をはじめとするさまざまな道具を使用します。

What is the Difference Between Biology and Microbiology 図1: 生物間の相互作用

生物学では、生物はその進化、解剖学、機能、そして生物同士や非生物環境との様々な相互作用など、様々な側面から研究されています。

ここで、生物的要素とは地球上のすべての生物を指し、生物的要素とは生物と相互作用する環境中のすべての非生物的なものを指す。

生物学の主な下位分野には、細胞生物学、進化、遺伝学、恒常性、生化学などがあります。

マイクロビオロジーとは

微生物学は、肉眼で観察できないほど小さな生物を研究する生物学の一分野です。

一般にこの種の生物は微生物と呼ばれ、原生動物、藻類、真菌、細菌、古細菌、ウイルス、プリオンなどが含まれる。

また、微生物学は微生物のみを研究対象とするため、より特殊な学問分野です。

また、これらの生物は肉眼で観察することができないため、微生物学者がほとんどの観察に用いる主な道具は顕微鏡です。

微生物学では、微生物の形態や生理に加えて、微生物がヒトを含む生物に与える影響についても研究しています。

そのため、微生物学者はしばしば免疫系についても研究しています。

生物学と微生物学の共通点

  • 生物学と微生物学は、生物を研究する2つの科学分野です。
  • また、両分野とも、さまざまな生物の起源、分布、構造、機能、相互作用を研究しています。

バイオロジーとマイクロバイオロジーの違い

定義

生物学が生物の形態、生理、解剖、行動、起源、分布など多くの専門分野に分かれているのに対し、微生物学は単細胞または細胞集団の微細な生物である微生物を研究対象とする学問です。

これが生物学と微生物学の大きな違いです。

研究対象とした生物の種類

さらに、生物学が地球上のあらゆる種類の生物と非生物との相互作用を研究するのに対して、微生物学は微生物を研究します。

この点も生物学と微生物学の違いといえるでしょう。

対応

また、生物学は多様な科学の一分野であり、微生物学は生物学の一分野です。

特異性

生物学と微生物学のもう一つの違いは、生物学が生物群に対してあまり特異的でないのに対し、微生物学は微生物に対してより特異的であることです。

顕微鏡の使用

また、生物学的研究は肉眼と顕微鏡の両方を使用しますが、微生物学的研究は主に顕微鏡を使用します。

結論

生物学は、地球上のあらゆる種類の生物と、それらの生物と他の生物および非生物環境との相互作用を研究する、生物学の多様な分野です。

一方、微生物学は生物学の一分野であり、肉眼では見えない生物と他の生物との相互作用を研究するものです。

したがって、生物学と微生物学の主な違いは、それぞれの分野の研究領域です。

タイトルとURLをコピーしました