アポスポーリーとアポガミーの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


アポソミーとアポガミーの大きな違いは、アポソミーが減数分裂も胞子形成も行わずに胞子体から直接配偶子が発生するのに対し、アポガミーは受精をせずに胚が発生することである

また、Anthocerosではアポスポーリーが起こり、Funariaではアポガミーが起こる。

アポトーシスとアポガミーは、植物の通常の有性生殖を変化させた無性生殖の方法を示す用語です。

スポンサーリンク

Aposporyとは

胞子体の植物細胞から、胞子形成や減数分裂を経ずに配偶体が形成されることである

このため、形成される配偶体は胞子体と同じ2倍体もしくは倍数体レベルです。

What is the Difference Between Apospory and Apogamy:図1:Anthoceros(アントセロス

アポガミーとは

アポガミーとは、受精を経ることなく胚が形成されることである

一般に「アポガミー」という言葉は、特にシダ植物において、配偶子が個体化した植物のアポミクシス(apomixis)を指すのに用いられる。

蘚苔類では、胚に似た配偶子の細胞群が発達して、その種の胞子体になる。

アポミクシスも同様に、配偶子から生まれた胞子体は、配偶子と同じ倍数体です。

しかし、アポミクシスとは、主に顕花植物において、受精を経ずに胚が形成されることを表す言葉です。

AposporyとApogamyの類似点

  • アポソミーとアポガミーは、植物の有性生殖を変化させた無性生殖の方法です。
  • 両者とも、胞子体は減数分裂を経ずに異なる種類の生殖ユニットを作り出す。
  • 従って、配偶子が作られることはない。
  • また、この2つの方法は主に蘚苔類に見られるもので、シダ類やリコポッド類にはあまり見られない。

アポスポーリーとアポガミーの違い

定義

一方、アポガミーとは、一部のシダ植物で見られる、配偶子が融合することなく配偶子から胞子体が発生する生殖の一種である

意義

アポソミーとアポガミーの主な違いは、アポソミーが胞子を作らずに配偶子を作るのに対し、アポガミーは受精を経ずに胚を形成する点です。

倍率

さらに、アポスポーリーでは二倍体の配偶子ができるのに対し、アポガミーではハプロイドの胚ができる。

したがって、この点もアポソミーとアポガミーの違いです。

発生状況

また、AposporyとApogamyのもう一つの違いは、AposporyはAnthocerosで発生し、ApogamyはFunariaで発生することである

結論

アポスポーリーとは、減数分裂や胞子形成を経ずに、胞子体から配偶体が作られることである

減数分裂を伴わないため、配偶子は2倍体です。

一方、アポガミーは受精を経ずに胚が形成されることである

そのため、胚から形成される胞子体は常に半数体です。

アポスポリーもアポガミーも、通常の有性生殖を変化させた無性生殖の一種であり、アポスポーリーとアポガミーは、有性生殖を変化させた無性生殖である

しかし、アポソミーとアポガミーの主な違いは、それぞれのプロセスで作られる生殖構造の種類とその倍数性です。

タイトルとURLをコピーしました