トーマスイッチ

立石流の対策でこれだけは知っておきたい基本事項

   

立石流 対策

プロ間では、今では全く見ることがない「立石流」ですが、ネット対局ではたまに見かけますよね。

そんな時に限って、立石流の対策法を知らなくて、相手にボコボコにされた経験を持っているのではないでしょうか?

そこで今回は、プロ間では10年以上前から「立石流対策の決定版」と結論付けられている対策を紹介します。ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク

立石流の狙いとは

1図は、立石流によく表れる局面です。ここから後手は、△42銀~△43銀~△52銀と美濃囲いを完成させた後に、△64角~△36歩や△44角などのように、角を使って攻められる展開になりやすいです。

(1図)

tateisinerai

立石流に組まれると、どうしても後手の方がペースを握りやすい展開になってしまいます。それでは先手が面白くない、と言うことで、プロ間で対策が立てられました。

立石流対策:序盤早々に▲77角と打とう

2図を見て下さい。2図は、後手が△35歩と立石流の意志表示をした局面です。

(2図)

tateisiryuu1

ここで先手は、▲77角と打つのが、立石流対策の決定版です。この手だけで、後手は立石流にどうしても組めなくなっています。

この▲77角の狙いは、2つあります。

  • 後手の飛車が44の地点に移動できなくする
  • 後手の33の桂馬をいじめつつ攻める

立石流に組むためには、飛車を42~44~34と移動させなければいけません。つまり、44の地点に飛車を移動させなければ、立石流に組まれることは、まずあり得ません。

それに、後手は飛車が44に上がれなくなったので、桂頭の守りがかなり薄くなるんですね。先手としては、ここをねらい目として攻めていきます。

補足:△44角としてきた場合

1図から駒組みが進んで、相手が△44角としてきたとしましょう。(変化図)後手の狙いは、▲44同角△同飛として、飛車を44に移動させることです。

(変化図)

tateisihenka

もちろん、先手は角交換には応じず、▲66銀と角道を防ぎます。その後は、△54歩▲24歩△同歩▲55歩から攻めていけば、有利を築けるでしょう。

浮き飛車に構えて桂頭を狙う

2図から、▲77角△62玉▲26飛△72玉▲58金右と進んで、3図です。▲26飛は、後手の桂頭を狙う1手。▲58金右は、後で解説しますが、大事な一手になります。

(3図)

tateisiryuu3

3図からの指し手

△43金▲36歩△同歩▲同飛△34歩▲26飛(4図)

(5図)

tateisi5

△43金は、苦心な受けの手ですね。他に桂頭を守る手が後手にはありません。また、最終手の▲26飛は、2筋からの突破を狙いつつ、△28角の打ち込みを消した手です。

ここで、先手が▲58金右と上がらずに、49の地点に金を待機させていたら、▲36歩△同歩▲同飛に△27角があるので、注意が必要です。

tateisihenka3

後は駒組みをしていく

後はゆっくりと駒組みしていけば、陣形の差を利用して有利に立つことができるでしょう。

ちなみに、プロの実戦例(「杉本昌隆六段」対「久保利明七段」2002年)では、下図のような形から杉本六段が快勝しています。

tateisiowari

ここまで組めると、先手は、

  • 立石流の理想形を防げた
  • 角と金銀4枚の美濃囲いに組めた
  • 3筋の歩を交換

とポイントを稼いで、満足いく展開に持ち込めました。この局面になると、先手側の勝率も5~6割はいくのでは、と思います。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ!