ヘンププロテインとホエイプロテインの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ヘンププロテインとホエイプロテインの主な違いは、ヘンププロテインがカンナビス・サティバ植物由来で植物性であるのに対し、ホエイプロテインは牛乳由来で動物性である点です。

 さらに、ヘンププロテインはタンパク質に加えて心臓に良い脂肪と食物繊維を含んでいるのに対し、ホエイプロテインはタンパク質が非常に濃縮された形になっています。

ヘンププロテインとホエイプロテインは、異なる原料に由来する2種類の食物性タンパク質です。

どちらのプロテインも、すべての必須アミノ酸をさまざまな量で摂取することができます。

主な対象分野

  1. ヘンプタンパクとは
         – 定義、内容、重要性
  2. ホエイプロテインとは
         – 定義、含有量、重要性
  3. ヘンププロテインとホエイプロテインの類似点とは
         – 共通点の概要
  4. ヘンププロテインとホエイプロテインの違いについて
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

大麻、牛乳、栄養タンパク質、必須アミノ酸、ヘンプタンパク、ホエイタンパク

スポンサーリンク

ヘンププロテインとは

ヘンププロテインは、麻の実から抽出したタンパク質サプリメントで、30%の脂肪と25%のタンパク質を含んでいます。

また、ヘンプシードの脂質の80%は多価不飽和脂肪酸で構成されています。

麻の実には、オメガ6やオメガ3などの必須脂肪酸、ビタミンB、食物繊維が豊富に含まれています。

そのため、ヘンププロテインのタンパク質含有量は25%程度と、やや低めです。

しかし、健康的な脂肪と食物繊維を体に供給することができます。

さらに、ヘンププロテイン1スクープには、111キロカロリー、14gのタンパク質、4gの脂質が含まれています。

図1:乾燥した麻の実の束

さらに、ヘンププロテインに含まれる主なタンパク質は、エデステインとアルブミンの2種類です。

これらは消化が良く、必須アミノ酸のほとんどを摂取することができます。

特にアルギニンが多く含まれています。

図2:ヘンププロテイン

また、ヘンププロテインのアミノ酸プロファイルは、卵白タンパク質や大豆タンパク質のプロファイルと類似しています。

したがって、ヘンププロテインは高品質のタンパク質であると考えることができます。

ホエイプロテインとは

ホエイプロテインは、ホエイ(乳清)から分離された濃縮タンパク質から製造される、最も広く利用されているプロテインサプリメントの1つです。

ここで、ホエイとは、チーズを製造する際の副産物である液体のことです。

乳清のタンパク質は、混合物から乳糖と灰分を濾過することによって濃縮されます。

そのため、出来上がった製品はタンパク質が非常に豊富です。

ホエイタンパクに含まれるタンパク質の主な形態は、α-ラクトアルブミンとβ-アルブミンの2つです。

また、ホエイプロテインは、分岐鎖アミノ酸をかなり豊富に含んでいます。

さらに、すべての必須アミノ酸を体に供給します。

ホエイプロテイン1スクープは、103キロカロリー、17gのタンパク質、約1gの脂肪を含んでいます。

図3:ホエイプロテイン

しかし、ホエイプロテインの欠点は、微量の乳糖が含まれていることです。

しかし、乳清タンパク質の欠点は、乳糖の存在です。

しかし、最終製品には乳糖が含まれている可能性があります

したがって、ホエイプロテインは、乳糖不耐症の人には適していません。

ヘンププロテインとホエイプロテインの共通点

  • ヘンププロテインとホエイプロテインは、食物性タンパク質の2つの供給源です。
  • どちらも高濃度のタンパク質を含んでいます。
  • また、どちらもすべての必須アミノ酸を供給します。
  • さらに、これらのタンパク質は、アスリート、ボディビルダー、筋肉量を増やし体重を増やす必要がある人のための栄養補助食品として使用することができます。

ヘンププロテインとホエイプロテインの違いについて

定義

ヘンププロテインは、麻の植物から抽出した粉末状のタンパク質サプリメントを指し、ホエイプロテインは、チーズ製造の副産物である液体物質であるホエイから分離されたタンパク質の混合物を指します。

原点

ヘンププロテインとホエイプロテインの主な違いは、ヘンププロテインが植物由来であるのに対し、ホエイプロテインは動物由来であることです。

出典

ヘンププロテインの原料はCannabis sativa植物の種子であり、ホエイプロテインの原料は牛乳です。

タンパク質量

ヘンププロテインとホエイプロテインの重要な違いは、ヘンププロテインはタンパク質の含有量が少なく、ホエイプロテインはタンパク質の含有量が多いということです。

タンパク質の種類

ヘンププロテインとホエイプロテインのもう一つの違いは、含まれるタンパク質の種類です。

ヘンププロテインはエデスティンとアルブミンの2種類、ホエイプロテインはα-ラクトアルブミンとβ-アルブミンの2種類が主なタンパク質とされています。

脂肪量

さらに、ヘンププロテインは脂肪の量が多く、ホエイプロテインは脂肪の量が少なくなっています。

この点もヘンププロテインとホエイプロテインの重要な違いです。

意義

さらに、ホエイプロテインが高濃度のタンパク質を含むのに対し、ヘンププロテインはタンパク質、多価不飽和脂肪酸、食物繊維を含んでいます。

フレーバー

ヘンププロテインは自然で土やナッツのような風味があり、ホエイプロテインは通常バニラ、バナナ、イチゴ、クッキー、クリームのような風味があります。

生物学的価値

さらに、ヘンプタンパクの生物学的価値は87と低く、ホエイタンパクの生物学的価値は104と高い。

そのため、ヘンプタンパクの体内利用効率は低く、ホエイタンパクの体内利用効率は高い。

体重増加

ヘンププロテインとホエイプロテインのもう一つの違いは、ホエイプロテインが脂肪を燃やし筋肉を維持するのに対し、ヘンププロテインはカロリーと脂肪が多いため、より体重増加につながるということです。

乳糖不耐症

ヘンププロテインは乳糖不耐症の人に適していますが、ホエイプロテインは乳糖が含まれている可能性があるので、そうとは限りません

この点もヘンププロテインとホエイプロテインの違いと言えるでしょう。

結論

ヘンププロテインは、植物を起源とする食物性タンパク質源です。

これは、Cannabis sativa植物の種子に由来しています。

ヘンププロテインは、タンパク質の量は少ないですが、健康的な脂肪と食物繊維を含んでいます。

それに比べ、ホエイプロテインは、乳清から分離されたタンパク質を濃縮したものです。

そのため、動物由来であることがわかります。

しかも、ホエイプロテインに含まれるタンパク質の量は多い。

したがって、ヘンププロテインとホエイプロテインの主な違いは、その起源と含有量です。

タイトルとURLをコピーしました