ミントとメントールの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミントとメントールの大きな違いは、ミントが主に料理の香り付けに使われる葉や種、花などのハーブ植物であるのに対し、メントールはミントの甘辛い香りの原因となる芳香性有機化合物であることです。

また、ペパーミントはミントの一種で、メントールの濃度を高めたハイブリッドタイプです

一方、メントールは医薬品や化粧品、染料、香水などの原料として使用されている。

ミントとメントールは、食品や医薬品などに使われるミントの香りに関連する用語の2種類です。

この記事では、ミントとメントールの違いについて説明します

スポンサーリンク

Mintとは

ミントは、メンタ属に属するハーブの植物です。

シソ科に属します。

現在までに約13〜18種が確認されています。

また、ミントの種同士の交雑が自然に起こることもあります。

ミントは多年生草本です。

地中と地上に広くストロンを形成する。

茎は直立し、四角く分枝する。

葉の配列は対生です。

葉の色は、青、紫、灰緑、淡い黄色などさまざまです。

また、花は白色から紫色で、果実は1〜4粒の種子を含む核果です。

図1: ミント

また、ミントの最大の特徴は、冷却効果のあるメントールを生成することである

ミントの主な種類は、ペパーミント(Mentha x piperita)とスペアミント(Mentha spicata)の2種類です。

ペパーミントには40%のメントールが含まれているのに対し、スペアミントには0.5%のメントールしか含まれていない。

そのため、ペパーミントは主に衛生用品や薬用として利用されています。

一方、スペアミントは食品や飲料の原料として使用されます。

メントールとは

メントールは、主にミントに含まれる芳香族有機化合物です。

一般に、ミントの精油を製造する際に用いられる環状モノテルペンアルコールです。

ワックス状の結晶性物質で、色は透明または白色です。

さらに、常温では固体です。

ただし、自然界に存在するメントールの主な形態は(-)-メントールで、(1R,2S,5R)配置です。

図2: (-)-メントール

さらに、メントールは多くの医薬品や化粧品の成分として使用されている。

メントールには、局所麻酔作用や鎮痛作用があり、のどの不快感を和らげるのに有効です。

また、メントールは弱いκオピオイド受容体アゴニストとして作用する。

ミントとメントールの類似性

  • ミントとメントールは、ミントの香りに関連する2つの用語です。
  • 食品業界、医療、化粧品などにおいて重要です。

ミントとメントールの違い

定義

ミントは旧世界の温帯地方に自生する芳香植物で、数種類が食用ハーブとして利用され、メントールはペパーミントなどの天然油に含まれるミントの味と匂いのする結晶性アルコールです。

意義

ミントとメントールの主な違いは、ミントがメントールを生成するハーブ植物であるのに対し、メントールはミントの甘辛い風味の原因となる芳香性有機化合物であることである

重要性

メントールが食品や医薬品の香料として使われるのに対し、ペパーミントはメントールの濃度が高いミントの一種である

したがって、この点もミントとメントールの違いです。

結論

ミントはメントールを生成するハーブの植物です。

ペパーミントは高濃度のメントールを生成し、スペアミントは低濃度のメントールを生成する。

一方、メントールは、精油として使用される芳香族有機化合物です。

食品に甘辛い風味を与える。

また、医薬品や化粧品にも利用されています。

これがミントとメントールの大きな違いです。

タイトルとURLをコピーしました