DBMSとRDBMSの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


DBMSとRDBMSの大きな違いは、DBMSがデータベースの作成と管理を支援するソフトウェアであるのに対し、RDBMSはリレーショナルモデルに基づいているDBMSの一種であることである

DBMSは、1960年代に登場したデータベースを管理するためのソフトウェアです。

データの集合体を扱うことができ、データベースの作成、修正、制御など様々な機能を実行することができる。

DBMSは主に小規模な組織や個人で利用するのに適している。

一方、RDBMSは1970年代に導入された先進的なDBMSです。

リレーショナルモデルに基づいている。

RDBMSではデータベースのテーブルが互いに接続されている。

簡単に言うと、RDBMSはDBMSよりも効率的にデータを保存、整理、管理することができる。

スポンサーリンク

DBMSとは

DBMSとは、Database Management Systemの略で、データベース管理システムのことです。

データベースのデータを作成、操作、検索するために使用されるソフトウェアです。

DBMS はデータを階層的またはナビゲーション形式で保存します。

データを格納するためにファイルシステムを使用する。

そのため、テーブル間の関係はない。

Main Difference - DBMS vs RDBMS

DBMSはレコードの挿入、更新、削除など様々な操作を行うことができる。

個々のビジネス・アプリケーションのデータを格納するのに適している。

また、DBMSはデータに対するセキュリティはあまり高くない。

また、正規化もできない。

そのため、データの冗長性が高くなることがあります。

DBMSの例としては、Sybase、dbase、Microsoft Accessなどがあります。

RDBMSとは

RDBMSとは、Relational Database Management Systemの略。

リレーショナルモデルに基づいた先進的な DBMS です。

RDBMSのテーブルは互いに関連している。

RDBMSは、通常のDBMSよりも効率的にデータを保存、整理、管理することができます。

RDBMSは、DBMSと比較して、複数の利点を提供する。

正規化とは、データの異常性を取り除き、データベースを一貫した状態にすることです。

正規化は RDBMS で行うことができる。

データの冗長性を最小にすることができる。

さらに、RDBMSを使用することでトランザクションの実行が容易になる。

  データの原子性、一貫性、分離性、耐久性を維持することができます。

これらの特性はデータの完全性を高めます。

RDBMSは、複数のユーザーが使用する複雑なアプリケーションにより適しています。

MSSQL、MySQL、Oracleは、RDBMSのいくつかの例です。

DBMSとRDBMSの関係

  • RDBMS は DBMS の一種です。

DBMSとRDBMSの違い

定義

DBMSとは、データベースのデータを作成、検索、管理するための体系的な方法を提供するソフトウェアです。

RDBMSはE.F.Coddが提唱した関係モデルに基づいたDBMSです。

この定義自体がDBMSとRDBMSの基本的な違いを説明している。

ロングフォーム

データベース管理システムはDBMS、リレーショナルデータベース管理システムはRDBMSのロングフォームです。

保存方法

DBMSはデータをファイルとして階層的に、またはナビゲーション形式で保存するのに対し、RDBMSはデータをテーブルで保存し、これらのテーブルは互いに関連しています。

この点もDBMSとRDBMSの重要な違いです。

正規化

また、DBMSでは正規化ができないが、RDBMSでは正規化できる。

その他、DBMSとRDBMSの顕著な相違点を以下に挙げる。

データの冗長性

DBMSはデータの冗長性が高いが、RDBMSはデータの冗長性が低い。

セキュリティ

RDBMS は DBMS よりもデータに対するセキュリティが高い。

変更点

DBMSのデータを変更するのは難しいが、RDBMSのデータを変更するのは簡単です。

データアクセス

DBMSではデータアクセスに時間がかかるが、RDBMSでは最小限の時間でデータにアクセスできる。

キーとインデックスの使用

DBMSにはキーとインデックスはないが、RDBMSにはキーとインデックスがあり、テーブル間の関連付けに役立っている。

トランザクション

DBMSで行うトランザクションは、エラーが発生しやすく、安全性が低く非効率的です。

一方、RDBMSで行うトランザクションは効率的で安全です。

これがDBMSとRDBMSの大きな違いです。

使用方法

DBMSは少量のデータを保存するのに適している。

小規模な組織で使用される。

一方、RDBMSは大量のデータを保存するのに適しています。

複数のユーザーを抱える大規模な組織で使用される。

DBMSの例としては、Microsoft Access、Libra Office、dBaseなどがあり、RDBMSの例としては、MSSQL、MySQL、Oracle、SQLiteなどがあります。

結論

DBMSとRDBMSの違いは、DBMSがデータベースの作成と管理を支援するソフトウェアであるのに対し、RDBMSはリレーショナルモデルに基づいているDBMSの一種であることである

簡単に言えば、DBMSは個人ユーザーに適しており、RDBMSは複数のユーザーがいる複雑なアプリケーションに適している。

タイトルとURLをコピーしました