核家族化と共同家族化の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


核家族と共同家族の主な違いは、核家族は両親とその子供だけで構成される小さな家族単位であり、共同家族は同様に大家族で構成される大きな家族単位であることです。

核家族と共同家族は、私たちを取り巻く社会で観察される2つのタイプの家族です。

核家族には、成人した夫婦とその子供がいます。

一方、共同家族は、一つ屋根の下に住む複数の世代を含むため、共同家族の枠を超えた家族です。

この二つの家族形態には、それぞれ長所と短所があります。

スポンサーリンク

核家族とは何か

核家族とは、結婚した二人の親とその子供で構成され、一つ屋根の下で生活している家族のことです。

核家族には何人の子供がいてもよい。

子供は、夫婦の実子でも養子でもよい。

核家族は通常、夫婦を中心に構成されています。

これは夫婦別姓とも呼ばれます。

核家族の概念は時代とともに変化してきた。

伝統的な核家族には、通常、異性の結婚相手が含まれていた。

しかし、現在では、同性のパートナー(ゲイやレズビアンのカップル)、未婚のパートナーが一緒に子供を育てることも、核家族の範疇に入る。

また、核家族化は、現代社会、特に欧米諸国ではごく一般的な概念です。

核家族には、長所と短所があります。

核家族では、パートナーのどちらか、あるいは両方が家の外で働くことができます。

片方の親だけが働いている場合、その家族は経済的な問題に直面する可能性があります

特に、その家族に多くの子供がいる場合です。

両親が共働きの場合、両親だけで子供の面倒を見るのは難しいでしょう。

例えば、両親の外出時間が長ければ、子供は家で一人になってしまいます。

ジョイント・ファミリーとは

ジョイント・ファミリーとは、核家族の枠を超えた家族で、子供、両親、祖父母の数世代で構成されています。

また、叔父、叔母、いとこで構成されることもあります。

ジョイント・ファミリーの最大の特徴は、これらすべての親族が一つ屋根の下に住んでいることです。

共同家族は通常、子供(通常は息子か娘)が結婚しても親元を離れず、配偶者を連れてきて同居する場合に形成される。

一般的には、年配の男性とその妻、その息子とその妻や子供、未婚の子供で構成されることがあります。

Main Difference - Nuclear Family vs Joint Family

共同家族は長所と短所があります。

大人が二人以上いるため、収入が多くなる。

収入の負担が一人だけにのしかかることはない。

また、料理や育児など、すべての仕事を共同して行います。

大人がたくさんいるので、子どもは大人と一緒に過ごす時間が長くなり、大人の指導やケアを受けることができます。

また、核家族で育った子どもに比べて、共同家族の子どもは順応性が高く、適応力がある傾向があります。

しかし、共同家族はプライバシーが少なく、個人の表現が妨げられる可能性があります

核家族と共同家族の違い

定義

核家族とは、成人した配偶者と子供二人を含む家族です。

一方、共同家族とは、核家族を超えて、祖父母、叔父叔母、いとこなどを含む家族です。

サイズ

核家族は共同家族より小さいのが一般的です。

メンバー

また、核家族は両親とその子供、共同家族は祖父母、両親、子供、おじ、おば、いとこがいるのが普通です。

収入

核家族では、両親のどちらか、または両方が収入を得る責任を負っています。

しかし、共同家族は、通常、2人以上の大人が働き、経済的な責任を共同で負います。

子供たち

核家族の子どもは、特に両親が働いている場合、家庭で大人と過ごす時間が少ないかもしれません。

これに対して、両親が共働きでも、子どもの世話をする大人が他にいる。

結論

核家族とは、成人した夫婦とその子供がいる家族です。

一方、共同家族は、一つ屋根の下で複数の世代が生活するため、共同家族の枠を超えた家族です。

核家族と共同家族の大きな違いは、核家族が小規模であるのに対し、共同家族は大規模であることです。

タイトルとURLをコピーしました