教育工学と情報工学の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


教育工学と情報工学の主な違いは、教育工学が学習や教育の過程で技術的なツールを使用することを指すのに対し、情報工学はハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、インターネットなど、コンピュータ技術に関連するあらゆるものを指すことである

私たちは技術的に進歩した世界に住んでおり、テクノロジーは私たちの生活の重要な一部になっています。

教育工学とは、学習者の学力向上に役立つ技術的プロセスや教育リソースを創造、使用、管理することである

この記事の重要な単語

スポンサーリンク

教育工学とは

教育工学とは、基本的に、教育および学習のプロセスにテクノロジーを利用することです。

これは教育工学とも呼ばれます。

教育工学は、新しいテクノロジーを使って革新的な教育手法を開発し、実施することに重点を置いています。

教育工学を使用する主な目的は、教授と学習のプロセスを改善することです。

教育において、テクノロジーは、教育者として、ティーチングツールとして、ラーニングツールとして使用されます。

教育テクノロジーの歴史は、粘土板、厚いヤシの葉、動物の皮でできた羊皮紙といった原始的な筆記具から、人工知能やバーチャルリアリティといった最新の技術開発まで、数千年前にさかのぼることができる。

しかし、現在、私たちは通常、デジタル技術を教育工学という言葉で呼んでいます。

インタラクティブホワイトボードの使用、教育用ビデオ、教育用コンピューターゲーム、タブレットやスマートフォンなどの携帯端末の使用などは、その一例です。

教育工学は、eラーニング、すなわちオンラインで学ぶという概念を促進しました。

eラーニングには、同期型eラーニングと非同期型eラーニングの2種類があります。

同期型学習は、Skypeやチャットルームなどのデジタル技術を使ってリアルタイムに授業を行うことです。

一方、非同期学習は、同じ教材を異なる場所で異なる時間に学習することを指し、ブログ、ウェブサイト、Wiki、電子メール、動画投稿サイトなどの技術を使用します。

教育技術には多くの利点があります。

教育におけるテクノロジーの活用は、生徒の興味、関心、意欲を維持するのに役立ちます。

さらに、教育工学は、生徒が自分のペースを設定し、自習を奨励するのに役立ちます。

他にも、複数のリソースの利用、情報への迅速なアクセス、リアルタイムの授業、テストや課題のペーパーレス化など、教育テクノロジーには多くの利点があります。

インフォメーションテクノロジーとは

情報技術とは、一般にITと呼ばれ、データや情報を保存、検索、伝送、操作するために使用されるあらゆる形態の技術、典型的にはコンピュータベースの技術を取り入れた用語です。

さらに、情報処理技術と通信技術の統合です。

また、情報処理と通信の技術を統合したもので、ICT(Information and Communications Technology:情報通信技術)の一分野です。

Key Difference - Educational Technology vs Information Technology

一般に、コンピュータやコンピュータネットワークを指す言葉として、ITという言葉を使います。

これには、ソフトウェア、ハードウェア、インターネット/ワールドワイドウェブ、データベースなどが含まれます。

しかし、テレビや電話など、他の情報流通技術も含まれることがあります。

ITの発展には、前機械的(紀元前3000年から紀元後1450年まで)、機械的(1450年から1840年まで)、電気機械的(1840年から1940年まで)、電子的(1940年から現在)の4つの段階があります。

教育工学と情報工学の違い

定義

教育工学とは、テクノロジーの利用によって教育や学習を促進することであり、情報工学とは、データや情報を保存、検索、伝送、操作するためのコンピュータの利用です。

役割

また、教育工学は、教育学と、技術によって教育や学習の目標を実現することがすべてです。

一方、情報技術とは、コンピュータとコンピュータネットワークのことである

結論

教育工学と情報工学の大きな違いは、教育工学が学習や教育の過程で技術的な道具を使うことを指すのに対し、情報工学はハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、インターネットなどコンピューティング技術に関連するものを指す点です。

タイトルとURLをコピーしました