細胞分裂と核分裂の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


細胞分裂と核分裂の大きな違いは、細胞分裂が親細胞を2つの娘細胞に分割するのに対し、核分裂は親核を2つの娘核に分割することである

さらに、細胞分裂の主なステップは、核分裂と細胞質分裂の2つです。

細胞分裂と核分裂は、細胞の一生である細胞周期の中で起こる2種類の分裂イベントです。

細胞分裂とは

細胞分裂とは、親細胞が2つ以上の娘細胞に分割されることである

現代の細胞理論によれば、新しい細胞は既存の細胞から派生してくる。

したがって、細胞分裂は、その既存の細胞から新しい細胞を生み出すメカニズムです。

細胞分裂には、核分裂と細胞質分裂の2つの段階があります。

核分裂では親核が2つの娘核に分裂し、細胞質分裂では親細胞の細胞質が2つの娘核の間で分裂し、親細胞が2つの娘細胞に完全に分離される。

What is the Difference Between Cell Division and Nuclear Division_Fig 01 図1: 動物の細胞周期

細胞分裂には、大きく分けて有糸分裂による植物細胞分裂と、配偶子形成のための減数分裂があります。

植物細胞分裂は、成長、修復、無性生殖による増殖に重要です。

一方、配偶子は有性生殖を担っている。

有性生殖では、染色体のランダムな分配、相同染色体間の交差、雄と雌の配偶子の融合により、遺伝的変異を生み出すことが重要です。

核分裂とは

核分裂とは、親核が2つまたは4つの娘核に分割される過程です。

細胞質分裂であるサイトカイネシスに続いて行われる細胞分裂の最初のステップです。

核分裂の方法には、有糸分裂と減数分裂の2つがあります。

有糸分裂では、親核と全く同じ数の染色体を持つ2つの娘核ができる。

一方、減数分裂では、親核の染色体数の半分の数の娘核が4つできます。

What is the Difference Between Cell Division and Nuclear Division_Fig 02 図2: 植物の細胞分裂

有糸分裂は、以下の4つのステップを経て行われる。

  • 前駆期 – 染色体の凝縮と紡錘体の形成。
  • メタフェース – 赤道板における染色体の整列。
  • 分裂期-紡錘体の微小管が収縮し、姉妹染色分体を分離する。
  • Telophase – 姉妹染色分体が細胞の反対極に引き寄せられる。

しかし、減数分裂では、結果として減数分裂1期と減数分裂2期という2つの核分裂のステップがあり、それぞれ前段階、分裂中期、分裂後期、分裂終結期から構成されている。

第1減数分裂では、相同染色体が2つの娘核から分離される。

この後、細胞質分裂が起こり、2つの娘細胞が形成される。

その後、この2つの娘細胞はそれぞれ第2減数分裂を受け、姉妹染色分体が2つの娘核に分離し、続く細胞質分裂で2つの娘細胞が作られる。

最終的に、4つの娘細胞が減数分裂で生まれる。

細胞分裂と核分裂の類似性

  • 細胞分裂と核分裂は、細胞周期で行われる2種類の分裂現象です。
  • どちらも、既存の細胞から新しい細胞を作り出すために重要です。

細胞分裂と核分裂の違い

定義

細胞分裂とは、親細胞が分裂して2つ以上の娘細胞ができることをいい、核分裂とは、核が分裂してゲノムが分裂細胞の対極に分離することをいう。

このように、細胞分裂と核分裂の基本的な違いを説明する。

意義

細胞分裂には大きく分けて核分裂と細胞質分裂があり、核分裂は細胞分裂の最初のステップです。

動物細胞と植物細胞の違い

動物細胞と植物細胞では、細胞分裂と核分裂に違いがあります。

 動物では裂け目によって娘細胞が分離されるが、植物では細胞板が形成されることによって分離される。

これが、動物細胞と植物細胞の細胞分裂の違いです。

一方、動物細胞の紡錘体は、遠心分離機の助けを借りて形成されるが、植物細胞の紡錘体は遠心分離機を介さずに形成される。

これが、動物細胞と植物細胞の核分裂の違いです。

結論

細胞分裂は、親細胞から娘細胞を作り出す役割を担っている。

細胞分裂は、核分裂と細胞質分裂によって行われる。

核分裂は、親核が娘核に分割されることである

核分裂は、有糸分裂または減数分裂のいずれかによって起こる。

さらに、核分裂の後には細胞質分裂が続く。

核分裂でできた2つの娘核の間で細胞質を分裂させる役割を担っている。

したがって、細胞分裂と核分裂の大きな違いは、それぞれの分裂で起こる事象の種類にある。

タイトルとURLをコピーしました