プロゲニター細胞とプリカーサー細胞の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


前駆細胞と前駆細胞の大きな違いは、前駆細胞は主に多能性で多くの種類の細胞に分化できるのに対し、前駆細胞は単能性で特定の種類の細胞にしか分化できないことである

さらに、前駆細胞はあまり分化していない細胞であり、前駆細胞は前駆細胞よりも分化している細胞です。

前駆細胞と前駆細胞は、体内のさまざまな種類の組織において、機能的に特化した細胞に分化する能力を持つ2種類の細胞です。

主な対象分野

  1. プロゲニター細胞とは
         – 定義、特徴、種類
  2. 前駆細胞とは
         – 定義、特徴、種類
  3. 前駆細胞とプロゲニター細胞の類似点とは?
         – 共通の特徴の概要
  4. 前駆細胞と前々 駆細胞の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

多能性、前駆細胞、プロゲニター細胞、幹細胞、単能性

スポンサーリンク

プロジェニター細胞とは

前駆細胞とは、体内で数種類の特殊な細胞に分化する能力を持つ細胞の一種である

したがって、多能性細胞です。

ただし、幹細胞よりも分化が進んでいる。

また、幹細胞のような自己複製を行わない。

そのため、前駆細胞は限られた回数しか分裂することができない。

そのため、前駆細胞は分化によって幹細胞の持つ多くの性質を失っている。

特に、前駆細胞は、必要な時に体内を移動して組織に向かうことができる

さらに、この前駆細胞の例として、神経前駆細胞、脳の放射状グリア細胞、脳の衛星細胞などが挙げられる。

また、表皮の骨髄間質細胞、骨の骨膜にある骨芽細胞や軟骨芽細胞、膵臓前駆細胞なども前駆細胞の一例です。

さらに、内皮前駆細胞、芽球細胞なども前駆細胞です。

前駆体細胞とは

前駆細胞とは、幹細胞の性質をほとんど失った細胞の一種である

つまり、前駆細胞は、特定の種類の特殊な細胞にしか分化できない単能性の細胞です。

前駆細胞は、前駆細胞と同様に、自己増殖のための細胞分裂を行わない。

なお、前駆細胞の別称として、芽球細胞、単能性幹細胞もあります。

図2:血液前駆細胞

さらに、前駆細胞の例として、骨髄系前駆細胞、オリゴデンドロサイト前駆細胞、骨髄芽球があります。

また、胸腺細胞、巨核球、リンパ球、骨髄前駆細胞、内皮前駆細胞なども生体内に存在する前駆細胞です。

プロゲニター細胞と前駆細胞の類似性

  • 前駆細胞とは、多細胞生物の体内に存在する2種類の細胞です。
  • 幹細胞のように細胞集団を自己再生させるような増殖はしない。
  • しかし、体内でさまざまな種類の特殊な細胞に分化することができる。
  • 成長、修復、再生において重要な役割を担っている。
  • また、心臓の弁や血管などの組織を作るなど、医療への応用も期待されている。

プロゲニター細胞とプリカーサー細胞の違いについて

定義

前駆細胞は、幹細胞の多能性のほとんど、あるいはすべてを失った、部分的に分化した、通常、単能性の細胞を指す。

効能

前駆細胞は主に多能性で数種類の細胞に分化できるのに対し、前駆細胞は単能性で特定の種類の細胞に分化することができる。

従って、これが前駆細胞と前駆細胞の主な違いです。

差別化度

また、前駆細胞と前駆細胞のもう一つの違いは、前駆細胞はやや分化した細胞であるのに対し、前駆細胞はより分化した細胞であるということである

前駆細胞の例としては、神経前駆細胞、筋肉の衛星細胞、脳の放射状グリア細胞などがあり、前駆細胞の例としては、オリゴデンドロサイト前駆細胞、リンパ芽細胞、メラノブラストなどがあります。

結論


前駆細胞は幹細胞の一種であり、複数の種類の細胞に分化することができる

したがって、多能性細胞です。

しかし、自己複製を行わない。

また、幹細胞よりも分化能が低い。

一方、前駆細胞も体内の細胞の一種である

しかし、前駆細胞は特定の種類の特殊な細胞にしか分化できない。

したがって、前駆細胞は一能性であり、前駆細胞よりも分化しやすい。

とはいえ、どちらの種類の細胞も、成長、修復、再生において重要です。

それでも、前駆細胞と前駆細胞の主な違いは、その効力にあります。

タイトルとURLをコピーしました