テーパードとスリムフィットの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


テーパードフィットとスリムフィットの主な違いは、テーパードフィットのジーンズは足首のあたりがタイトにフィットしますが、スリムフィットのジーンズは裾と太もものあたりがタイトにフィットすることです。

洋服を選ぶ際には、どのようなフィットが自分に一番合っているのかを知ることが大切です。

現在のファッション市場には、さまざまな種類のフィットやカットがあります。

その中でもテーパードフィットやスリムフィットは人気のあるフィットです。

これらのフィットは、レギュラーフィットと比較すると、どちらもタイトでフォームハギングです。

しかし、これらはスキニーフィットに比べてゆとりがあり、より快適です。

スポンサーリンク

テーパードフィットとは

テーパードフィットとは、その名の通り、体にフィットしたスキニー(痩せ型)のこと。

パンツの場合、太ももの開きから袖口(脚の部分)の開きまでが狭くなるフィットです。

テーパードジーンズは、裾に向かって細くなるジーンズで、通常は膝から足首にかけて細くなります。

しかし、ファッション企業によっては、上部がゆったりとしていて、下部が細いテーパードジーンズを製造しています。

そのため、腰や太ももにフィットしやすくなっています。

テーパードジーンズは、ヒップや腰回りが広い人に最適です。

基本的にテーパードフィットジーンズは、上部が広く、下部が狭いジーンズのことを指します。

テーパードフィットのシャツは、ウエストの部分が細くなっているのが特徴です。

テーパードフィットは通常、スリムな体型の人に似合いますが、非常に細く、実際の体型よりも痩せて見えることもあります。

テーパードフィットは細身の人に似合いますが、細く見えることもあります。

スリムフィットとは

スリムフィットは、緩すぎず、きつすぎない中間的なフィット感です。

脚の開きがテーパードしており、タイトなフィット感が特徴です。

レギュラーフィットよりタイトですが、スキニーフィットよりルーズで快適です。

つまり、スタイルと快適さの完璧なミックスなのです。

全体として、スリムフィットジーンズは体に密着し、快適にフィットするのです。

Slim fits jeans are usually straight through the hip, and slim through the thigh with a narrower leg opening. Skinny people usually prefer slim fit jeans as they give shape to their legs. Slim fit jeans often look good with slim fit t-shirts and shirts.Main Difference - Tapered vs Slim Fit

肩幅や胸幅が狭く、スリムな体型の方におすすめです。

注意点としては、スリムフィットのジーンズは脚が細くなっているため、太ももや裾のあたりが余計に太った印象を与えてしまうことがあります。

また、多くのブランドでは、スキニーフィットがない場合、スリムフィットは通常最もタイトなフィットです。

テーパードとスリムフィットの類似性

  • レギュラーフィットジーンズよりタイトなフィット感です。
  • どちらもスリムで引き締まった人に似合います。

テーパードとスリムフィットの違い

定義

テーパードフィットとは裾に向かって細くなるフィット感のことで、スリムフィットとは緩すぎず、きつすぎない中間的なフィット感のことである

パンツの形状

また、テーパードフィットジーンズはヒップや腰回りにゆとりがあり、スリムフィットジーンズはヒップはストレート、太ももはスリムで脚の開きは狭いのが一般的です。

体型

テーパードフィットは時に痩せ型の人をさらに細く見せてしまうが、スリムフィットは痩せ型の人に適した選択肢です。

結論

簡単に説明すると、テーパードフィットとスリムフィットは人気のあるフィット感です。

テーパードとスリムフィットの大きな違いは、テーパードフィットは足首のあたりがタイトなのに対し、スリムフィットは裾や太もものあたりがタイトなことです。

タイトルとURLをコピーしました