野生と管理された花粉媒介者の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


野生の受粉媒介者と管理された受粉媒介者の主な違いは、野生の受粉媒介者の数が特定の地域で少ないのに対して、管理された受粉媒介者の数は多いということである

しかし、野生の送粉者の効率は1回当たりで見ると高く、管理された送粉者の効率は1回当たりで見ると低くなります。

作物の受粉に重要な受粉媒介者は、野生種と管理種の 2 種類があります。

ハチ、スズメバチ、ハエ、チョウ、ガ、カブトムシなど、ほとんどの在来種の昆虫は野生の送粉者であり、管理送粉者にはヨーロッパミツバチ、地元のマルハナバチ、青いオーチャードビーなどが含まれます。

スポンサーリンク

野生の花粉症患者とは

野生の受粉媒介者は、特定の地域に生息する動物や昆虫の一種である

その地域の農作物や野生の植物の受粉を助けています。

また、花粉が葯から同じ花や同じ種の別の花の茎に移動する際の媒介者としての役割も果たします。

これにより、花粉に含まれる精細胞による子房の受精が促進される。


受粉は一種の共生関係であり、その減少が双方の生存に影響する

さらに、世界の作物の3分の1は昆虫による受粉でまかなわれている。

しかし、農業に伴う化学物質の影響や生息地の減少により、野生の受粉媒介者の数は減少しています。

What is the Difference Between Wild and Managed Pollinators_Figure 1:図1 アザミの花を受粉するタバネアオカメムシ

昆虫の受粉媒介者は、単独種のハチ、アリ、花粉バチ、ハチやホバリングフライなどのハエ、チョウ、ガ、花カメムシなどです。

約2万種のハチが受粉に携わっています。

動物の受粉媒介者は、主にコウモリと鳥類です。

また、サル、ネズミ、キツネザル、ポッサム、トカゲなど、コウモリ以外の哺乳類も受粉の役割を担っています。

さらに、ミツバチやハチドリ、長いくちばしを持つサンバリなどの鳥類も、喉の深い花の受粉に重要な役割を担っている。

管理された花粉症患者とは?

管理型送粉者は作物に関連する生物多様性の要素です。

彼らの主な役割は、作物の収穫量と品質を向上させることです。

在来種の受粉媒介者や野生の受粉媒介者は、1回あたりの訪問数を考えると非常に効率的に受粉を行うことができます。

しかし、その数は特定の地域では少ない。

そこで、受粉の効率を上げるために、管理された受粉媒介者を農地に導入することが行われています。

これにより、農作物の収穫量が増加する。

また、農薬を使用しないため、農作物の品質も向上します。

一方、管理された送粉者の送粉効果は、野生の送粉者の存在によって高まります。

例えば、受粉管理には、受粉媒介者の管理、受粉条件の管理、受粉媒介者の管理が含まれる。

受粉管理の恩恵を受けている伝統的な作物には、リンゴ、ナシ、サクランボ、ブルーベリー、プラム、クランベリー、キュウリ、スイカ、アーモンド、アルファルファやタマネギの種などがあります。

受粉管理に使用されるミツバチは、果樹やナッツ類では主にブルーオーチャードビー、その他の作物では地元のマルハナバチが商品化されています。

ヨーロッパミツバチも管理された受粉媒介者として機能する種のひとつです。

野生の花粉媒介者と管理された花粉媒介者の間の類似性

  • 作物の受粉には、野生受粉媒介者と管理受粉媒介者の2種類が重要です。
  • 昆虫は野生の受粉媒介者と管理された受粉媒介者の両方の役割を果たす。

野生の花粉媒介者と管理された花粉媒介者の違い

定義

野生受粉媒介者とは、特定の地域に生息する動物や昆虫の種を指し、農作物と野生植物の両方の受粉を助ける。

これに対して、管理された送粉者は、作物に関連する生物多様性において送粉を管理するために使用される昆虫や動物の種を指します。

したがって、これが野生種と管理種受粉媒介者の主な相違点です。

野生の受粉媒介者はハチ、スズメバチ、ハエ、チョウ、ガ、カブトムシ、動物など、管理された受粉媒介者はヨーロッパミツバチ、地元のマルハナバチ、青い果樹園のハチなどです。

在来種か移入種か

さらに、野生の送粉者はフィールドの在来種であるのに対し、管理された送粉者はフィールドに大量に導入されたものです。

訪問者数ベースの効率性

さらに,野生花粉媒介者と管理花粉媒介者の間で大きな違いがあるのは,1回あたりの効率です。

野生の送粉者の効率は訪問回数ベースで高いが、管理された送粉者の効率は訪問回数ベースで低い。

総合効率

また、野生の受粉媒介者の総合効率は低く、管理された受粉媒介者の総合効率は高い。

このように、これも野生と管理された受粉媒介者の違いです。

番号

また、圃場内の野生受粉媒介者の数は少ないが、圃場内の管理受粉媒介者を人為的に増やすことは可能である

意義

野生と管理された送粉者のもう一つの違いは、野生の送粉者は野生システムと農業システムの両方の受粉に重要であるのに対し、管理された送粉者は農業システムの品質と収量を増加させるということである

結論

野生の受粉媒介者はフィールドの在来種であり、動物や昆虫を含む。

彼らは農作物と野生植物の両方の受粉に役立っている。

しかし、野生の受粉媒介者の全体的な効率は低い。

一方、管理された受粉媒介者は、全体の受粉効率を上げるために大量に導入されます。

したがって、野生の受粉媒介者と管理された受粉媒介者の主な違いは、受粉の全体的な効率にあると言えます。

タイトルとURLをコピーしました