WordPressで画面が真っ白になった時の原因と対処法について解説する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もしあなたがサイトの白さに目を奪われ、真っ白な画面に見入ったことがあるなら、すでに悪名高いWordPressの死の白画面(別名:WSOD)に遭遇しているはずです。

サイトが正常に動作していたのに、ある瞬間、すべてが真っ白になってしまうのです。(サイトのフロント部分は正常に動作しているにもかかわらず、ダッシュボードが正しく読み込まれていない場合にも起こります)。

今日は、WordPressのホワイト・スクリーン・オブ・デスの原因とその修正方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

WordPressの白い画面が表示される最も一般的な原因

原因 #1: 自動アップグレードの問題

この症状は、データベースの設定ミスの場合と似ており、何も情報がない白い画面が表示されることがあります。あるいは、アップデートに失敗したという警告が表示されるかもしれません。

これらは、接続の問題で更新が中断されたり、ファイルのパーミッションが正しくない場合に発生するもので、修正する必要があります。

この問題が発生した場合は、WordPress の手動アップグレードを行う必要があります。

原因その2:メンテナンスモードのフリーズ

WordPressは時々、次のようなところで固まることがあります。

white screen of death in WordPress due to a maintenance error

これは、WordPress が更新を開始するときに自動的にインストールされる .maintenance ファイルが削除されていないことを意味します。

これを手動で行うには、FTPクライアントまたはホスティングダッシュボード(cPanel、Pleskなど)を使用してサイトにログインし、ウェブサイトのルートフォルダにある .maintenance を削除する必要があります。

原因その3:プラグインの問題

WordPressの死の白い画面は、以下のことを試みた場合に発生する可能性があります。

  • アクティブなプラグインを変更する
  • 古いプラグインの更新
  • 新しいプラグインをインストールする

多くの場合、インストールまたは修正されたばかりのプラグインは、現在のテーマや他のプラグインと競合する可能性があります。そのため、ベストプラクティスを用いて開発されたWordPress製品を使用することが重要です。

最近変更またはインストールしたプラグインを無効にして、WordPressが正常に戻るかどうか試してみてください。

万が一、ダッシュボードが全く操作できない場合は、FTPアクセスを使ってWordPressのプラグインを無効化することができます。注意点は、必要なディレクトリのパーミッションでFTPにアクセスできる場合にのみ、これを行うことができるようになることです. ほとんどのホスティング会社では、FTPサービスを提供しています。しかし、WordPressが仮想プライベートサーバにインストールされている場合、またはあなたが管理ホストと一緒にいる、あなたはFTPサーバを持っていない可能性があります。

FileZillaのようなFTPクライアントをインストールする必要があるかもしれません。

プラグインを無効にするには

  • FTPサーバーにサインインするために認可されたアカウントを使用してください。
  • WordPress のインストールディレクトリを探し、wp_content/plugins フォルダを開いてください。
  • プラグインの名前があるフォルダを選択します。
  • 例えば、フォルダが my-bad-plugin と呼ばれている場合、それを _my-bad-plugin または my-bad-plugin_disabled と名付けてください。他のプラグインの名前と似ておらず、後で思い出せる名前であれば、どのような名前でも構いません。
  • これで完了です。フォルダ名を変更するとプラグインは永久に無効化されます。

ブラウザを再び開き、あなたのサイトがロードされるかどうかを確認します。WordPressの死の白い画面に対抗するために、必要なだけ多くのプラグインを無効にするために、上記の手順を使用してください。

また、WordPressのすべてのプラグインを同時に無効にすることもできます。その方法は以下の通りです。

すべてのプラグインを一つずつ無効にすると、長い時間がかかる可能性があります. 代わりに、メインの plugins フォルダを別の名前に変更します。例えば、wp_content/plugins から wp_content/plugins_old に変更します。これで、すべてのプラグインが同時に無効になるはずです。

次に、wp_content/pluginsというフォルダをもう一つ作成します。各プラグインを新しいpluginsフォルダに移動して有効化することができます。

WordPressの死の白い画面のケースが、特定のプラグインの修正によって引き起こされた場合、FTPサーバーを介してプラグインを無効にすることで問題が解決されるはずです。経験則として、あなたのメインのWordPressで起動する前に、バックアップサイトを使用して変更したすべてのプラグインをテストしてください.

原因その4:テーマの問題

上記のプラグインが原因のホワイト・スクリーン・オブ・デスと同様に、テーマを無効にすることで、テーマに関連するWSODの問題を解決することができます。以下は、一般的な原因と解決策です。

a) 新しいテーマをインストールする際の問題点

新しいテーマは、既存のプラグインと競合する可能性があります。この場合、新しくインストールしたテーマを無効化すると、WordPress は自動的にデフォルトのテーマに戻ります。デフォルトのテーマがまだ削除されていないことを確認してください。削除されている場合は、wp_content/themes内のthemesフォルダにアップロードして戻してください。

テーマを無効にするには、上記のプラグインと同じ手順に従ってください。ただし、今回は plugins フォルダではなく、wp_content/themes フォルダで作業します。特定のテーマのフォルダをリネームすると、自動的にテーマが無効化されます。

b) 悪くコーディングされたテーマに関する問題

WordPressの大規模なアップデートは、しばしばコードの悪いテーマを追い出すことがあります。コードの悪いテーマや古いテーマは、WordPressの最新アップデートをインストールすると、動作しなくなることがよくあります。

white screen of death in WordPress due to a maintenance error

WordPress のアップデートを行った直後から、またはアップデート後すぐに死の白い画面が表示された場合、古いテーマが原因である可能性がほとんどです。上記のようにテーマを無効にすることで、正常に動作するようになる場合があります。

c) テーマの修正に関する問題点

WordPressはバグだらけのコーディングが好きではありません。その正常な動作は、よく作られたオブジェクトのセットが調和して動作することに依存しています。もし、これらの部品のうち1つが欠けていたり、故障していたりすると、WordPressは機能しなくなり、WSODが発生します。

信頼できるテーマショップ(恥知らずのプラグイン)が作ったテーマや、WordPress.orgのリポジトリにあるテーマは、あらゆる不具合がないか総合的にテストされています。このようなテーマをインストールした後にWordPressの白い画面が表示された場合、問題はプラグインとテーマの競合である可能性があります。

テーマを手作業で修正したり更新したりすると、不適切なコーディングが発生することがあり、これがほとんどの WSOD 問題の核心となります。修正されたファイルをバックアップから古いコピーに置き換えてみてください。そうでなければ、オリジナルのテーマファイルをダウンロードし、再インストールしてください。

原因5:許容メモリ制限を超えた場合

これは、あなたのサイトが現在のホスティングプロバイダーが提供するものを超えて成長したことを示す典型的な兆候です。サイトのトラフィックが増加すると、より高いメモリ制限が要求されるため、それに応じてアップグレードを計画する必要があります。

まず、PHPのメモリ割り当てを増やすために、wp-config.phpファイルにこの行を追加または編集してください。

define('WP_MEMORY_LIMIT', '64M');

共有ホストの場合、64MBのメモリ制限で十分です。この変更を加えても問題が解決しない場合は、ホスティングプロバイダーに相談してください。

安いウェブホスティングは、品質を犠牲にしていることもあります。そのようなプロバイダは、彼らができるように、単一のサーバ内の多くの顧客として得ることを確認したい。したがって、すべてのクライアントに割り当てられたリソースは、例えば、RAMは非常に限られています。もし、メモリの上限を増やせないのであれば、WordPressのホワイト・スクリーン・オブ・デスの発生を阻止するために、次のプランにアップグレードする必要があります。

結局のところ、ほとんどのWordPressユーザーと管理者は、人生の中で一度は悪名高いWSODに直面することになります。この問題は、WordPressのコアそのものから発生するのではなく、WordPressのベストプラクティスを考慮してコーディングされていないテーマやプラグインの使用、ユーザーのエラー、またはホスティングの制限によって発生することになるのです。

もしあなたが、この死のホワイト・スクリーンのことをそれほど心配したくないのであれば、まず質の高いWordPressホスティング・プロバイダーを選ぶべきでしょう。良い会社は、彼らが発生したときに、あなたのダウンタイムが最小限に保たれていることを確認し、潜在的な問題を整理します。

前向きに考え、直面するすべての状況に解決策があることを忘れないようにすることが大切です。

著者について ドラガン・ニコリックは、スタートアップとミニマリズムに情熱を注ぐWordPressコピーライター兼雇われブロガーです。

タイトルとURLをコピーしました