PMDDとPMSの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

主な違い – PMDD vs PMS

月経前不快気分障害(PMDD)と月経前症候群(PMS)は、女性が経験する2つの婦人科疾患です。

正確な診断と治療を行うためには、PMDDとPMSの違いを正しく認識することが重要です。

PMDDとPMSはどちらも身体的、感情的、社会的な面で生活に支障をきたすにもかかわらず、PMDDはPMSの重症型であると認識されています。

この重症度の違いが、PMDDとPMSの大きな違いです。

ここでは、それについて説明します

  1. 月経前不快気分障害(PMDD)とは-兆候と症状、原因、治療法

  2. 月経前症候群(PMS)とは-兆候と症状、診断、治療法

  3. PMDDとPMSの違い

Difference Between PMDD and PMS - PMDD vs PMS Comparison Summary

PMDDとは何ですか?

月経前不快気分障害(PMDD)は、月経前症候群(PMS)の重症型であり、PMSと同様の症状を示しますが、その症状は個人の日常生活や生活の質を阻害するほど深刻なものです。

PMDDは、月経のある女性の2~10%が経験し、強い遺伝的素因を持ち、家族の病歴が陽性である場合に発症することが知られています。

PMDDの正確な原因はまだ特定されていませんが、月経周期に関連する特定のホルモンの変化と脳のセロトニン濃度(脳内で気分、睡眠、注意、眠りを調整する化学物質)が、この症状を引き起こす主要な役割を演じていることが分かっています。

PMDDに罹患した女性は、通常、気分の落ち込み、絶望感、怒りの増大、緊張、不安、対人葛藤の増大、イライラ、娯楽への関心の低下、集中困難、疲労、食欲不振または食欲増進、睡眠障害、膨満感、胸の圧迫感、頭痛、関節痛または筋肉痛を示します。

婦人科医による病歴聴取と徹底的な身体検査により、うつ病やパニック障害などの精神疾患や、同様の症状を示す子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科疾患を除外することができます。

さらに、上記の症状のうち少なくとも5つ(最初の4つのうち少なくとも1つを含む)が月経前の1週間のほとんどの期間に見られ、月経開始後数日以内に消失する場合に、PMDDと診断されるのです。

月経後にこのように症状が消えない場合は、PMDDである可能性が非常に高いことを知っておくことが重要です

PMDDの治療方法としては、体重の減少、定期的な運動、栄養豊富な食事、カフェインや喫煙、アルコールを避ける、塩分の摂取を制限する、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンEを含む食品の摂取を増やすなどの生活習慣の改善が症状の軽減に役立つといわれています。

PMDDの症状が重い場合は、抗うつ薬や鎮痛剤などの薬物療法を行うことができます。

PMDDの治療薬としてFDAが推奨しているのは、サラフェム、パキシルCR、ゾロフトの3種類の抗うつ剤で、14日間(月経前日のみ)断続的に服用するか、継続的に使用することができます。

また、イブプロフェンやアスピリンなどの鎮痛剤も、乳房の圧痛や腰痛、頭痛などの症状がある場合には、医師のアドバイスに従って使用することができます。

さらに、避妊薬、ダナゾール、ルプロンを含む内科的または外科的介入によって排卵を止めることができ、この療法に反応しない患者はプロゲステロンまたはエストロゲンによって治療されます。

Main Difference - PMDD vs PMS

PMSとは何ですか?

月経前症候群とも呼ばれるPMSは、月経中、特に月経周期の後半に起こるホルモンの変化に関連した兆候や症状(気分的変化や身体的変化)の集まりと定義され、日常生活に支障が出るほど深刻ですが、PMDDに比べると深刻ではありません。

PMSの正確な病因は明らかではないものの、ポジティブな家族歴、遺伝、マグネシウム、カルシウム、ビタミンBなどの栄養素の摂取不足、ストレス、カフェインの増加などが重要な役割を担っていると考えられています。

PMSの一般的な症状には、膨満感、乳房の腫れや痛み、エネルギー不足、頭痛、けいれん、腰痛、不安、イライラ、過度の怒り、集中力低下、社会的交流からの離脱などがあります。

定期的な運動、栄養価の高い食事、カフェインやニコチンの摂取を控えるなどの生活習慣の改善に加えて、症状が重い場合は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)や低エストロゲン避妊薬などの薬物治療が行われることもあります。

Difference Between PMDD and PMS

PMDD と PMS の違い

名称 内容

PMDD:PMDDはPremenstrual dysphoric disorder(月経前不快気分障害)の略称。

PMS:Pre-menstrual syndrome(月経前症候群)の略。

サインと症状

PMDD:気分の落ち込み、絶望感、怒りの増大、緊張、不安、対人関係の悪化、イライラ、娯楽への関心の低下、集中力の低下、疲労、食欲不振または食欲増進、睡眠障害、膨満感、胸の張り、頭痛、関節痛や筋肉痛。

PMS:膨満感、乳房の腫れや痛み、エネルギー不足、頭痛、けいれん、腰痛、不安、イライラ、過度の怒り、集中力低下、社会的交流からの離脱など。

よく似ていますが、PMDDの徴候や症状は、PMSよりも深刻です。

原因

PMDD:家族歴があること、月経周期に関係するホルモンの変化、脳のセロトニンレベルが大きく関与していると考えられています。

PMS:家族歴、遺伝、マグネシウム、カルシウム、ビタミンBなどの摂取不足、ストレス、カフェイン摂取の増加などが関与していると考えられています。

治療方法

PMDD:生活習慣の改善、ストレスマネジメント、アンガーコントロール、リラクゼーション法などの内科的治療が行われます。

PMS:生活習慣の改善や、鎮痛剤・抗うつ剤などの薬物療法が行われます。

“致命的なリステリア食中毒。

“Migraine” By Sasha Wolff from Grand Rapids – Can’t Concentrate: 14/365, (CC BY 2.0) via Commons Wikimedia

保存する

タイトルとURLをコピーしました