直腸絨毛と毛細血管周囲の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


直腸絨毛と尿細管周囲毛細管の主な違いは、直腸絨毛は柔髄ネフロンのヘンレ輪を取り囲む血液毛細管であることだ。

しかし、管周囲毛細血管は皮質ネフロンのPCTとDCTを取り囲む血液の毛細血管です。

 さらに、直腸絨毛は腎臓の髄質に存在し、管周囲毛細血管は皮質に存在する。

さらに、直腸絨毛は尿の濃縮のための浸透圧交換体として機能し、管周囲毛細管は再吸収分泌のために血液を供給する。

つまり、直細静脈と尿細管周囲毛細管は、放出細動脈から発生する2種類の血液毛細管です。

一般に、ネフロンの4つの生理機能のうち、再吸収と分泌の2つに関与している。

主な対象分野

  1. 直腸絨毛とは
         – 定義、解剖学、機能
  2. 直管周囲毛細血管とは
         – 定義、解剖学、機能
  3. 直腸絨毛と尿細管周囲毛細血管の類似点とは?
         – 共通点の概要
  4. 直腸絨毛と尿細管周囲毛細血管の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

遠心性細動脈、ヘンレ輪、ネフロン、尿細管周囲毛細血管、直腸絨毛

スポンサーリンク

Vasa Rectaとは

直腸絨毛は、延髄ネフロンのヘンレ輪を取り囲むように存在する、遠心性細動脈から生じる毛細血管の一種である

柔毛ネフロンは鳥類と哺乳類の腎臓にのみ存在し、激しい運動や劣悪な環境下で濃縮尿を生成する役割を担っている。

また、腎臓の髄質にあるヘンレループと平行に直腸絨毛が長く伸びている。

図1:直腸瘤と尿細管周囲毛細血管 一般解剖図

直腸瘤の下降部では、血液からヘンレループに水を分泌しながら、塩化ナトリウムと尿素の血液中への再吸収が行われ、また、直腸瘤の下降部では、血液からヘンレループに水を分泌しながら、塩化ナトリウムと尿素の血液中への再吸収が行われる。

一方、直腸瘤の上行部では、水を再吸収しながら塩化ナトリウムと尿素の両方をヘンレループに分泌している。

また、直腸瘤の直管状の毛細血管は、髄質でヘアピンカーブを描いているため、血液は非常にゆっくりと流れる。

これが逆に、向流交換を維持しながら濃度勾配の洗い出しを防いでいる。

さらに重要なことは、濃度勾配の維持が濃縮尿の生成に関与していることである

#毛細血管周囲とは

毛細管周囲は、皮質ネフロンのPCTとDCTを取り囲むように、遠心性細動脈から生じるタイプの血液毛細管です。

ここで、皮質ネフロンのヘンレ輪は、腎臓の皮質を越えて浸潤することはない。

また、腎臓のネフロンの大部分は皮質ネフロンです。

さらに、皮質ネフロンは、通常の生理的条件下では、拡張した尿を生成する役割を担っている。

したがって、これらの毛細血管の主な機能は、ネフロンの遠位部で再吸収と分泌を受けることである

機能的には、体内に留まらなければならないグルコース、アミノ酸、イオンなどは、尿細管周囲毛細管で能動輸送、二次能動輸送、トランスサイトーシスにより再吸収される。

しかし、体外に排出されるべきイオンや余分な水分は、尿細管周囲毛細管で血液からPCTとDCTに分泌され、膀胱に送られる。

直腸絨毛と尿細管周囲毛細血管の類似点

  • 直腸絨毛と尿細管周囲絨毛は、遠心性細動脈から発生する2種類の毛細血管です。
  • これらの構造は両方とも、ネフロンの遠位部分に血液を供給する。
  • また、ネフロンの4つの生理的機能のうち、再吸収と分泌の2つに関与している。

直腸絨毛と尿細管周囲毛細血管の違い

定義

直腸瘤は、脊椎動物の腎臓のヘンレ輪の横にある、一連の長い薄肉血管の輪の一つを指す。

しかし、尿細管周囲毛細管は、ネフロンに沿って走行し、血液とネフロン内腔の間で再吸収と分泌を行う、遠心性細動脈から供給される細い血管のことである

発生状況

直腸絨毛は柔髄ネフロンのヘンレ輪を取り囲み、管周囲毛細血管は皮質ネフロンのPCTとDCTを取り囲んでいる。

深度

また、腎臓の髄質には直腸瘤が、皮質には管周囲毛細血管が発生する。

豊かさ

遠心性細動脈から生じる毛細血管の約15%が直腸瘤であり、遠心性細動脈から生じる毛細血管の約85%が管周囲毛細血管です。

活動内容

直腸瘤は活動量が多いときに働き、管周囲毛細血管は通常の活動時に働く。

機能

さらに、直腸絨毛は尿を濃縮するための浸透交換体として機能し、毛細管周囲は再吸収分泌のための血液を供給しています。

重要性

また、直腸絨毛は鳥類と哺乳類の腎臓にのみ存在し、主に干ばつ時に尿を濃縮することができる。

しかし、尿道周囲の毛細血管は、通常の条件下で拡張された尿を生成するのに重要です。

結論

簡単に言えば、直腸絨毛は、ネフロンの流出性細動脈から生じる2種類の血液毛細管のうちの1つです。

直腸絨毛はネフロンの流出性細動脈から発生する2種類の毛細血管のうちの1つであり、その数は少なく、並行髄質のネフロンのヘンレ輪を取り囲むように存在する。

したがって、鳥類と哺乳類の腎臓の髄質にのみ存在し、尿を濃縮している。

一方、毛細血管は、もう一つのタイプの血液毛細血管で、遠心性細動脈から発生する。

皮質ネフロンのPCTとDCTを取り囲むように存在し、豊富な血液毛細血管です。

また、尿細管周囲毛細血管の主な機能は、正常な状態では拡張した尿を生成することである

したがって、直腸絨毛と尿細管周囲毛細血管の主な違いは、その発生深度と機能です。

タイトルとURLをコピーしました