ココアとカカオの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


カカオとカカオの主な違いは、カカオはテオブロマ・カカオの木の生の豆を指し、ココアは加工された豆を指すことです。

チョコレート製品の中には、原材料にカカオと記載されているものと、カカオと記載されているものがあることにお気づきでしょうか。

ココアとカカオの違いについて気になったことはありませんか?それなら、この記事を読んでみてください。

カカオは、実はココアとチョコレートの元になっているものです。

カカオは、カカオの種を加工していない生のものを指します。

私たちは、カカオの種を加工したものをココアと呼んでいます。

カカオの種は、チョコレートの究極の基本なのです。

スポンサーリンク

カカオとは

カカオは、中南米の熱帯地方に自生するテオブロマ・カカオという植物の種子です。

この植物には、種子(豆)と果実という2つの食用部分があります。

 チョコレートを食べたことがあるということは、カカオの種を食べたということです。

カカオを発酵させ、ペースト状にし、甘味や香りをつけたものをココアと呼びます。

Main Difference - Cocoa vs Cacao

カカオという言葉は伝統的にテオブロマ・カカオの生の種子を指す言葉として使われてきましたが、最近ではロービーガン食品のメーカーがローストしたカカオ豆を使った商品と区別するためにこの商品を使用しています。

例えば、ココアパウダーとローカカオパウダーの比較。

  この名称は、これらの製品が市場に出回っている他のカカオ製品よりも自然であることを示すのに役立っています。

さらに、カカオを使ったレシピのほとんどは、カカオの種を乾燥・発酵させて粉砕した「カカオニブ」から始まります。

Cocoaとは?

ココアはカカオ豆から作られる暗褐色の粉末で、チョコレートを作ったり、食べ物や飲み物にチョコレート風味を加えたりするのに使われます。

ココアはチョコレートの原料です。

ビター・チョコレートは、ローストしたカカオの種を高温のローラーで挟んでプレスして作られます。

ココアパウダーは、ビターチョコレートからココアバター(脂肪分)を絞り出し、残りを粉砕して作られる。

ビターチョコレートに砂糖とバニラを加えると、スイートチョコレートになる。

一方、ホワイトチョコレートは、砂糖、乳固形分、ココアバターなどを加えたものです。

1kgのチョコレートを作るには、約300〜600粒のカカオ豆を加工します。

カカオからチョコレートになるまでには、いくつかの段階があります。

まず、カカオのさやを手で摘み取り(機械だとさやや木が傷つく)、スプライシングして種を取り出します。

新鮮な種は色が茶色く、チョコレートの味はまったくしない。

  次の工程は発酵です。

5日から8日ほど発酵させると、種は茶色く変色する。

次に行われるのは乾燥で、通常1週間ほどかかる。

これらの工程を経て、カカオ豆はチョコレートを作るための工場に送られる。

カカオとカカオの関係

  • ココア豆はカカオ豆を加工したものです。
  • ココアとカカオは最終的にチョコレートになる。
  • ロービーガン食品の製造業者は、ローストしたカカオ豆を使った製品と区別するためにカカオという言葉を使った。

カカオとココアの違い

定義

カカオはカカオの木の生豆を指し、ココアは同じ木の加工豆を指します。

パウダー

ココアパウダーは、ビターチョコレートからココアバター(脂肪分)を絞り出し、残った原料を粉砕して粉末にしたものです。

通常、加工度が高く、砂糖が添加されている。

一方、カカオパウダーと表示されているパウダーは、加工度が最小限に抑えられています。

結論

カカオは、実はココアとチョコレートの元になっています。

カカオは、カカオの種を加工していない生のものを指します。

私たちは、カカオの種を加工したものをココアと呼んでいます。

また、カカオの種はチョコレートの究極のベースとなるものです。

したがって、ココアとカカオの違いは、ココアが加工された豆を指し、カカオは生の豆を指すということです。

タイトルとURLをコピーしました