チュニックとブラウスの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


チュニックとブラウスの主な違いは、その長さです。

チュニックはブラウスより長く、ワンピースより短いのが一般的です。

チュニックもブラウスも、現代の女性のファッションに人気のある上衣です。

さまざまなスタイルやファッションがあり、さまざまなシーンで着用することができます。

スカート、ショートパンツ、パンツなど、さまざまな服装に合わせられます。

しかし、チュニックはフィットしたパンツ(スキニーまたはスリムフィット)に最適ですが、ブラウスはショートパンツ、スカート、パンツの異なるスタイルと着用することができます。

スポンサーリンク

チュニックとは

チュニックとは、ゆったりとした長めの上衣のことです。

ワンピースほどではありませんが、シャツやブラウスよりは長めです。

チュニックには様々なサイズと形があります。

通常、レギンスやタイツと一緒に着用します。

また、ショートパンツに合わせる女性もいますが、スカートにはあまり合わせません。

現在では、インドのクルティやクルタもチュニックと呼ばれています。

チュニックの語源は、古代ギリシャやローマにさかのぼり、男女ともに膝かそれ以上の長さのシンプルな衣服が着用されていた。

この衣服はチュニックとも呼ばれる。

袖のあるなしにかかわらず、スリップオンの衣服で、通常はウエストにベルトをし、下着または外衣として着用された。

チュニックは古典的なスタイルで、さまざまなサイズや形とそれらを着用する女性です。

あなたが洋ナシ形のボディを持っている場合は、サイド-イベントとウエストで少しテーパーとチュニックのために行くことができます。

砂時計のボディ形状を持つものは、フィットチュニックとさえ眠れないオプションのために行くことができます。

さらに、小柄な女性は小さめのチュニックを選ぶとよいでしょう。

ブラウスとは

ブラウスとは、シャツに似たゆったりとした上衣のことです。

主に女性によって着用される。

通常、ウエストやヒップにプリーツやベルト、タイトな裾をつけ、体にゆったりとかぶせるように着る。

綿や絹などの素材が多く、長袖、中袖、袖なし、半袖、襟なし、襟の形が違うなど、襟や袖の形が異なるものがあります。

ブラウスには、体にフィットしたものから、ゆったりとしたオーバーサイズのものまで、さまざまなスタイルがあります。

そのため、スリムな体型から曲線的な体型まで、さまざまな体型に対応することができます。

スカートにもパンツにも合わせられる。

Main Difference - Tunic vs Blouse

さらに、ニットトップスよりも仕立てがよく、刺繍やフリル、リボン、ビーズワークなど、フェミニンな要素を取り入れることができます。

さらに、シャツのようにボタンで縦に開くタイプではない。

ブラウスの襟は、シャツのような硬いものではなく、ソフトで流動的な印象があります。

チュニックとブラウスの共通点

  • どちらも人気のある婦人服です。
  • 様々なスタイルがあり、様々な体型に合います。
  • さらに、袖や襟があるものとないものがあります。
  • どちらも、オフィスウェア、カジュアル、スマートカジュアルなど、さまざまな場面で着用することができます。

チュニックとブラウスの違い

定義

チュニックはシャツより長く、ゆったりとした上衣で、ブラウスはシャツに似たゆったりとした上衣です。

長さ

チュニックはブラウスより丈が長く、ウエストやヒップで終わるのが普通です。

着用

チュニックはフィットしたパンツ(スキニーやスリムフィット)に、ブラウスはショートパンツやスカート、さまざまなスタイルのパンツに合わせるとよいでしょう。

結論

結論から言うと、チュニックとブラウスの主な違いは、丈の長さです。

チュニックはブラウスより長く、ワンピースより短いのが一般的です。

また、チュニックは体にフィットしたパンツ(スキニーやスリムフィット)に最適ですが、ブラウスはショートパンツやスカート、様々なスタイルのパンツに合わせることができます。

タイトルとURLをコピーしました