SATAとeSATAの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


SATAとeSATAの主な違いは、SATAは内部デバイスコネクタとして使用され、eSATAは外部デバイスコネクタとして使用されていることです。

SATAとeSATAは、デバイス間でデータを転送するための2つの技術です。

SATAは、費用対効果が高く、より柔軟です。

eSATAは、SATAの拡張機能です。

彼らは、速度、コネクタの種類などの違いがあります。

SATAは、データ転送の高速性を持っています。

eSATAは、SATAプロトコルをサポートしていますが、それらは異なるタスクを実行するため、お互いに互換性がありません。

したがって、これらの2つのオプションのうち、最適なものを決定することは困難です。

スポンサーリンク

SATAとは?

SATA stands for Serial Advanced Technology Attachment. Another name is Serial ATA. It is a technology that helps to transfer data between computer buses and storage devices such as optical disks, hard drives, etc. The purpose of designing SATA is to overcome the limitations of IDE, which stands for Integrated Drive Electronics or Parallel ATA.Main Difference - SATA vs  eSATA

SATAはIDEよりデータ転送速度が速いですが、SASのような高速性はありません。

また、SATAは安価であるため、より人気があります。

さらに、必要なケーブルのサイズも小さくなっています

SATAは、一般的にパソコン、デスクトップ、データストレージなどのアプリケーションに使用されています。

eSATAとは

eSATA stands for External Serial Advanced Technology Attachment. It is a variation of SATA that allows connecting and data transferring with external storage devices. It is also faster than USB and Firewire. This is why eSATA is commonly used for video editing, audio processing, and other media tasks. It supports the same protocols as SATA.Difference Between SATA and eSATA

また、eSATAは放電に対する損傷を防ぐことができます。

全体として、コストパフォーマンスの高い拡張ストレージとして、使い勝手の良い外部コネクタです。

SATAとeSATAの関係

  • eSATAはSATAの拡張版です。

SATAとeSATAの違い

定義

SATAは、ハードディスクドライブ、光学ドライブ、ソリッドステートドライブなどの大容量記憶装置にホストバスアダプタを接続する技術またはインターフェースであるのに対し、eSATAは、外部ストレージデバイスをサポートするSATAのバリエーションです。

したがって、これは、SATAとeSATAの間の基本的な違いです。

ロングフォーム

SATAはSerial Advanced Technology Attachmentの略で、eSATAはExternal Serial Advanced Technology Attachmentの略です。

機能性

SATAは内部デバイスコネクタとして使用され、eSATAは外部デバイスコネクタとして使用されます。

したがって、これはSATAとeSATAの間の主な違いです。

ケーブルの長さ

また、SATAケーブルの長さは1mですが、eSATAケーブルの長さは2mです。

速度

また、SATAとeSATAのもう一つの違いは、その速度です。

SATAが3.0、6.0、16.0Gbits/sなどをサポートしているのに対し、eSATAは最大6Gbits/sまでサポートしています。

結論

SATAは、eSATAはSATAのバージョンである一方、コンピュータにハードディスク、光学ドライブまたはソリッドステートドライブのようなストレージデバイスを接続するのに役立ちます。

それらの両方は、異なる機能を実行します。

SATAとeSATAの間の主な違いは、SATAは内部デバイスコネクタとして使用され、eSATAは外部デバイスコネクタとして使用されていることです。

リファレンス
  1. “Serial ATA”. Wikipedia, Wikimedia Foundation, 4 Jan. 2019, Available here.
    2 “ESATA – External Serial Advanced Technology Attachment”. ルーター vs スイッチ vs ハブ。その違いは何ですか?Webopedia, Available here.
  2. “ESATA”。葺き替え磁気記録。容量アップとコストダウン|SATA-IO, こちらからダウンロードできます。
    1. “ESATA”。P2P (Peer To Peer)の定義, こちらから入手可能。
タイトルとURLをコピーしました