ウィンドウポート、ビューポートの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ウィンドウポートとビューポートの主な違いは、ウィンドウポートが表示のために選択されたワールド座標の領域であるのに対し、ビューポートはデバイス上のシーンを位置づけるデバイス座標の領域である点です。

コンピュータグラフィックスとは、専用のグラフィックハードウェアとソフトウェアプログラムを用いて作成された、コンピュータによる画像データのことを指します。

また、コンピュータグラフィックスでは、ワールド座標のオブジェクトをデバイス座標にマッピングする必要がある

コンピュータグラフィックスにおけるオブジェクトの表示方法として、ウィンドウポート、ビューポートの2つがあります。

スポンサーリンク

ウィンドウズ・ポートとは

ウィンドウポートとは、表示するワールド座標の領域です。

ウィンドウは、グラフィカルな制御要素です。

グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)の一部を含む視覚的な領域で構成されています。

さらに、ウィンドウ装飾による枠があります。

したがって、このウィンドウポートは、ワールド座標の矩形領域を定義するウィンドウです。

さらに、ウィンドウの大きさを定義することが可能です

さらに、ウィンドウサイズを定義することが可能で、すべてのデータを表示するか、一部のデータのみを表示するかによって、大きくしたり小さくしたり、同じサイズにしたりすることができます

ビューポートとは

ビューポートとは、コンピュータの画面の一部分です。

つまり、デバイス上でオブジェクトをマッピングするための領域です。

したがって、デバイス座標に従った領域です。

デバイス固有の座標をレンダリングすることで、ビューポートを表現することができる。

例えば、レンダリングする画面座標のピクセル数を表す。

要件に応じて、表示デバイス全体を表示することも、一部のみを表示することも可能である

さらに、ビューイングトランスフォームまたはウィンドウからビューポートへのマッピングは、ワールド座標のシーンの一部をデバイス座標感覚にマッピングする処理です。

 同様に、ワールド座標のオブジェクトをビューポートにマッピングすることも可能である

ウィンドウポートとビューポートの違い

定義

ウィンドウポートとは、表示するワールド座標の領域です。

これに対して、ビューポートは表示するデバイス座標の領域です。

これがウィンドウポート、ビューポートの大きな違いです。

基本情報

また、ウィンドウポートがワールド座標で作成された領域であるのに対し、ビューポートはデバイス座標で作成された領域です。

機能性

ウィンドウポートは表示するシーンのセクションを決定するのに役立ち、ビューポートはシーンを出力デバイス上に配置するのに役立ちます。

この点もウィンドウポートとビューポートの違いです。

結論

簡単に説明すると、ウィンドウポートからビューポートへのマッピングまたはビューイング変換は、ワールド座標画面をデバイス座標画面に一致させる処理です。

ウィンドウポートとビューポートの大きな違いは、ウィンドウポートが表示するために選択されたワールド座標の領域であるのに対し、ビューポートはデバイス上のシーンを位置づけるデバイス座標の領域である点です。

タイトルとURLをコピーしました