不妊症と不育症の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


不妊症と不妊症下の主な違いは、不妊症の人は妊娠するために医学的な援助を必要とするのに対し、不妊症下の人はまだ自力で妊娠する可能性があることです

不妊症と不妊症未満は、赤ちゃんを授かろうとするカップルが遭遇する2つの状態です。

さらに、不妊症の人は少なくとも1年間は妊娠を試みているが成功しない場合があり、不妊症の人は妊娠するまでに平均よりも長い時間がかかる。

主な対象分野

  1. 不妊症とは
         – 定義、特徴、原因
  2. 不妊症とは
         – 定義、特徴、種類
  3. 不妊症と不育症の類似点とは?
         – 共通点の概要
  4. 不妊症と不育症の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

複合不妊症、不妊症、原発性不妊症、続発性不妊症、不妊症、原因不明不妊症

スポンサーリンク

不妊症とは

不妊症とは、動物や植物が自然に生殖できないことです。

ただし、人間の場合は、1年以上妊娠できないことを指します。

一般に不妊症は不妊症と同義であり、散発的に自然妊娠が起こる程度です。

世界保健機関(WHO)による不妊症の定義は、「避妊をしない性交渉を12カ月以上定期的に行っても臨床的妊娠に至らない(授乳や産後無月経など他の理由がない)ことで定義される生殖器系の病気」です。

さらに、不妊症には「原発性不妊症」と「続発性不妊症」の2種類があります。

原発性不妊症は、子供を持ったことのない夫婦の不妊症のことである

一方、二次性不妊とは、過去に妊娠したことがあるのに妊娠しないことである

さらに、不妊症の主な原因には、免疫性不妊症、性感染症、遺伝性不妊症の3つがあります。

抗精子抗体による不妊症は10〜30%程度です。

また、クラミジア・トラコマティスや淋菌などの性感染症も不妊症の原因となります。

また、女性器症候群やマイコプラズマ・ジェニタリウム(Mycoplasma genitalium)感染も不妊の原因となります。

一方、男性の場合、SF-1をコードするNR5A1遺伝子の変異が不妊の原因となることがあります。

さらに、その他の不妊の原因として、DNA損傷、糖尿病、甲状腺障害などの一般的な要因、視床下部-下垂体要因、タバコなどの環境要因などが挙げられる。

# Subfertility とは

不妊症とは、妊娠を希望しない期間が長く続くことを特徴とする生殖能力の低下の一形態です。

一般的に、妊娠を希望しない期間が、個人の不妊症の等級を決定する主な要因です。

ある調査によると、80%のカップルが6ヶ月後に妊娠しています。

さらに、そのうちの10%はさらに6ヶ月後に妊娠します。

また、別の5%は36ヶ月以内に自然に妊娠するそうです。

しかし、最後の5%は妊娠する可能性が極めて低い

したがって、48ヶ月間妊娠を試みたカップルは、医学的支援なしには妊娠する可能性はゼロである

図2:体外受精

また、不妊症と同様に、不育症にも同じ原因があり、その原因はパートナーによって異なる場合があります。

一般的に、女性の不妊症の主な原因は、排卵障害や加齢によるものです。

一方、男性の場合は、精子の数が通常より少ないことが主な原因です。

しかし、中には両方のパートナーに不妊症の特徴が複合的に見られるケースもあります。

一方、不妊症のカップルの多くは、原因不明の不妊症と診断されます。

さらに、基本的な不妊検査として、卵巣超音波検査、HCG、精液分析、女性のホルモン検査、遺伝子検査などがあります。

さらに、不妊症の治療法としては、体外受精と卵細胞質内精子注入法が基本です。

不妊症と不育症の類似性

  • 不妊症と不育症は、赤ちゃんを授かろうとするカップルが抱える2つの症状です。
  • どちらも妊娠するまでに通常より長い時間がかかります。

不妊症と不育症の違いについて

定義

不妊症とは、不妊症と同義で、散発的に自然妊娠が起こるだけの状態を指し、不妊症とは、望まない妊娠が長期間続く、生殖能力の低下した状態を指す。

意義

不妊症は、少なくとも1年以上妊娠を試みているが成功しないことを示し、不妊症の人は、妊娠するまでに平均より長い時間がかかることを示す。

医療費補助


不妊症は妊娠するために医療補助が必要ですが、不妊症以下はまだ自力で妊娠するチャンスがあります

パーセント

約5%の夫婦が不妊症の問題を抱えており、妊娠までにかかる時間によってさまざまなレベルの不妊症が存在する。

原因

不妊症の主な原因は、免疫性不妊症、性感染症、遺伝性不妊症の3つで、女性の場合は排卵障害や加齢によるもの、男性の場合は精子の数が通常より少ないことが不妊症の主な原因となっています。

結論

不妊症は、少なくとも1年間は妊娠することができないカップルの状態です。

そのため、妊娠するためには医学的なサポートが必要です

一方、不妊症は、妊娠するまでに通常より長い時間がかかる状態です。

しかし、自力で妊娠する可能性はあります

したがって、不妊症と不妊症下の主な違いは、妊娠するまでにかかる時間と医療補助が必要かどうかということです

タイトルとURLをコピーしました