C言語プログラミングにおける配列と構造体の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


C言語の配列と構造体の主な違いは、配列は同じ型のデータ要素の集まりを格納するのに役立ち、構造体は異なるデータ型を単一のユニットとして格納するのに役立つということです。

C言語は、ベル研究所のデニス・リッチーによって開発された高水準汎用プログラミング言語です。

C++、Java、Python、PHPなど、ほとんどの現代的なプログラミング言語の基礎となる言語です。

C言語を使って開発できるアプリケーションには、オペレーティングシステム、組み込みシステム、ネットワークドライバ、データベースなどがあります。

C言語では、配列と構造体という2つの基本的なプログラミング概念があります。

全体として、配列の要素は同じデータ型を持っているのに対し、構造体の要素は異なるデータ型を持っています。

スポンサーリンク

C言語プログラミングにおける配列とは?

配列は、同じデータ型に属する要素を格納することができるデータ構造です。

プログラマは、配列が格納する要素の数を宣言する必要があります

したがって、配列の長さは固定されています。

例として次のようなものを考えてみましょう。

int numbers [10]です。

この場合、配列は10個以上の要素を格納することはできません。

配列の最初の要素は、0 のインデックスから始まります。

さらに、すべての要素は連続したメモリ位置に格納されます。

したがって、配列のメモリ配置は静的です。

Main Difference - Array vs  Structure in C Programming 図1: 配列を用いたC言語プログラム

上の図は、C言語による簡単なプログラムです。

マーク」は配列です。

5つの整数値を格納することができます。

プログラマは5つのマークで配列を初期化します。

forループ」は、配列を繰り返し処理するのに役立つ。

i」は0から始まり、4まで増加する。

これは、配列のマークを順次表示するものです。

最初の要素は75で、最後の要素は66です。

C言語プログラミングにおける構造体とは?

構造体とは、異なるデータ型に属するデータを格納することができる1つの変数のことです。

言い換えれば、異種のデータ型を持つ変数の集合です。

以下にその例を示します。

上のプログラムでは,student が構造体である.id (int ) と name (char) の2つのプロパティを持っています。

mainメソッドでは、s1が構造体型変数です。

13行目では、構造体のidプロパティに1が代入されています。

strcpy関数により、文字列 “Ann “を構造体のnameプロパティにコピーしています。

プログラマはアクセス演算子(.)を使って、構造体のプロパティにアクセスすることができます。

最後に、printf関数でidとnameをコンソールに表示します。

C言語プログラミングにおける配列と構造体の違い

定義

配列は、配列のインデックスで識別される要素のコレクションから成るデータ構造であり、構造体は、同じメモリ位置に異なるデータ型を格納するデータ型です。

このように、C言語プログラミングにおける配列と構造体の主な違いはここにあります。

機能性

配列は、同じデータ型のデータ要素のセットを連続したメモリ位置に格納するのに対し、構造体は異なるデータ型を1つのユニットとして格納します。

アクセス


配列の要素へのアクセスはインデックスで可能です

しかし、構造体のプロパティには、構造体名とドット演算子でアクセスすることができます。

ここもC言語における配列と構造体の違いです。

キーワード

さらに、配列を宣言するキーワードはありませんが、プログラマは構造体を宣言するために “struct “キーワードを使用します。

データ要素サイズ

C言語プログラミングにおける配列と構造体のもう一つの違いは、データ要素の大きさです。

配列の各要素は同じ大きさですが、構造体の要素の大きさは異なる場合があります。

要素へのアクセスと検索

また、Structureは配列と比較して、要素へのアクセスや検索に時間がかかる。

結論

配列と構造体は、C言語のプログラミングにおいて重要な2つの概念です。

配列はプログラマが直接宣言できるのに対し、構造体はユーザが定義するデータ型です。

C言語の配列と構造体の違いは、配列は同じデータ型の要素の集まりを格納するのに役立ち、構造体は異なるデータ型を1つのユニットとして格納するのに役立つということです。

タイトルとURLをコピーしました