ギムザ染色とライト染色の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ギムザ染色とライト染色の主な違いは、ギムザ染色は染色体異常を識別するために染色体を染色するのに使用されます。

しかし、ライト染色は血球の種類を識別するために使用されます。

また、ギムザ染色はアズールB、メチレンブルー、エオシン色素の混合物で構成され、ライト染色はエオシン色素とメチレンブルー色素の混合物で構成されています。

つまり、ギムザ染色とライト染色は、主に血液塗抹標本の差分染色に用いられる2種類の差分染色です。

また、両染色ともロマノフスキー染色の一種で、酸化メチレンブルー(群青)色素とエオシンYの混合物からなる中性染料である

主な対象分野

  1. ギムザ染色とは
          – 定義、成分、染色
  2. ライト染色とは
          – 定義,成分,染色
  3. ギムザ染色とライト染色との類似点
          – 共通点の概要
  4. ギムザ染色とライト染色との相違点
          – 主な違いの比較

キーワード

スポンサーリンク

ギムザ染色とは


ギムザ染色はロマノフスキー染色の一種で、ドイツの化学者Gustav Giemsaにちなんで命名された

主に、血液塗抹標本中のマラリア原虫の染色に用いられる。

一般にマラリア原虫は、ギムザ染色で核が赤またはピンク色、細胞質が青色となる。

具体的には、P. vivaxは赤血球の細胞質内にピンク色の点が均等に並ぶシュフナー・ドットを示す。

一方、P. falciparumは赤血球の細胞質内にMaurer cleftsとcoarse bodyが偏在していることが確認された。

ギムザ染色は、アズールB、メチレンブルー、エオシンの混合染料で構成される。

このうち、アズールBとエオシンは酸性染料で、メチレンブルーは塩基性染料です。

酸性染料は、細胞質、細胞顆粒など細胞の塩基性成分を淡色に染める。

一方、塩基性染料は、核などの細胞の酸性成分を濃い紫色や青色に染める。

また、その応用として、組織学では血液塗抹標本のルーチン検査に重要です。

また、細胞遺伝学では、染色体を染色し、Gバンディング(ギムザバンディング)により染色体異常の同定に重要です。

ライトステインとは

ライト染色は、James Homer Wrightにちなんで名付けられたロマノフスキー染色の一種です

末梢血塗抹標本、尿標本、骨髄吸引標本などの染色に重要です。

Wrist stainは血球を容易に区別できるため、白血球数の鑑別に広く応用されています。

また、メチレンブルーとエオシンを主成分とするため、白血球の鑑別にも広く用いられています。

Main Difference - Giemsa Stain vs Wright Stain 図2:末梢血塗抹標本中の好酸球

さらに、ロマノフスキー染色の別の関連形態として、ライト染色とギムザ染色を組み合わせたバッファードライト染色またはライト-ギムザ染色があります。

一般に、緩衝ライト・ギムザ染色は、エオシンY、アズールB、メチレンブルーを含む。

したがって、この染色は、細胞質顆粒の「赤紫色」の明るさを増加させる。

ギムザ染色とライト染色の類似点

  • ギムザ染色とライト染色は、異なる種類の細胞を着色するのに重要な2種類の鑑別染色です。
  • エオシンという酸性染料で細胞の塩基性成分を、メチレンブルーという塩基性染料で酸性成分を染める。
  • さらに、両染料は塩基性成分の細胞質、顆粒を淡いピンクや青に、核などの酸性成分を濃い青や紫に発色させる。また、赤血球をピンク色に染める。
  • これらの染色剤を用いて染色される一般的な細胞は血球です。
  • それ以外にも、細胞遺伝学の応用において重要な役割を担っています。

ギムザ染色とライト染色の違い

定義

ドイツ人科学者Gustav Giemsaにちなんで名付けられた染色法。

細胞遺伝学やマラリアなどの寄生虫の病理組織学的診断に重要です。

一方、ライト染色は血液学的な染色で、血球の種類を識別するのに役立つ。

の名を冠した。

ギムザ染色はGustav Giemsaに、リスト染色はJames Homer Wristにちなんで命名された。

構成

ギムザ染色はアジュールB、メチレンブルー、エオシン色素の混合物、ライト染色はエオシン色素とメチレンブルー色素の混合物から構成される。

スミア

ギムザ染色は厚い塗抹と薄い塗抹の両方を用いるが、ライト染色は薄い塗抹のみを用いる。

染色

ギムザ染色では、赤血球はピンク、血小板は淡いピンク、リンパ球の細胞質はスカイブルー、単球の細胞質は淡いブルー、白血球の核クロマチンはマゼンタに着色される。

一方、Wright染色では、赤血球は赤からピンク、好中球は核が濃い紫、細胞質が淡いピンク、小顆粒が赤紫、好酸球は核が青、細胞質が淡いピンク、大顆粒が赤からオレンジ色に染まる。

好塩基球は紫色から濃紺の核、暗紫色、黒に近い大粒、リンパ球は暗紫色から濃い青紫の核、空色の細胞質、血小板は紫色から紫の粒。

重要性

ギムザ染色は染色体異常の識別に、ライト染色は血球型の識別に重要です。

結論

ギムザ染色は、鑑別染色の一種で、特に細胞遺伝学において染色体異常の同定に重要である

Gustav Giemsaにちなんで名付けられたもので、Azure B、メチレンブルー、エオシンを混合したものです。

一方、ライト染色は、James Homer Wristにちなんで命名された、もう一つのタイプの鑑別染色法です。

ライト染色は、メチレンブルーとエオシンの混合液のみです。

血球を鑑別するために重要な染色です。

したがって、ギムザ染色とライト染色の主な違いは、その成分と重要性です。

タイトルとURLをコピーしました