intとdoubleの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


intとdoubleの主な違いは、intが32ビットの2の補数整数を格納するために使用されるのに対し、doubleは64ビットの倍精度浮動小数点値を格納するために使用されることである

C++などのプログラミング言語では、変数を使用します。

変数とは、データを格納する場所に付けられた名前です。

各変数は、格納できるデータ型を持っています。

言い換えれば、各変数は特定の型のデータを格納することができます。

例えば、intと宣言された変数には整数の値しか格納できないのに対し、doubleと宣言された変数にはdoubleの値しか格納できない。

データ型は、そのメモリ位置に値を格納するために割り当てることができるメモリ量を定義する。

intとdoubleは2つの主要なプリミティブデータ型です。

通常、int型は4バイト、double型は8バイトのデータを格納することができます。

スポンサーリンク

int とは

主要なプリミティブデータ型の1つに「int」があります。

intデータ型に割り当てられるメモリ量はシステムによって異なりますが、通常は4バイトです。

図1:int型を用いたC++プログラム

上のプログラムでは、num1とnum2がint型の2つの変数です。

num1には10が格納され、num2には20が格納される。

sumはもう一つのint型変数です。

num1とnum2の合計値がsum変数に代入される。

最後に、cout文がsumをコンソールに表示する。

ダブルとは

もう一つの主要なデータ型はdoubleです。

doubleに割り当てられるメモリの量は、システムによって異なります。

しかし、通常、doubleはデータを格納するために8バイトを割り当てます。

図2:doubleを使ったC++プログラム

上のプログラムでは、baseとheightという2つの変数がdouble型です。

baseには5.0が、heightには4.5が格納される。

面積もdouble型の変数です。

baseとheightで計算された値がarea変数に代入される。

最後に cout 文で面積をコンソールに表示する。

intとdoubleの違い

定義

intが32ビット符号付き2進整数であるのに対し、doubleは倍精度64ビットIEEE745浮動小数点であるデータ型です。

メモリ割り当て

intとdoubleの大きな違いは、メモリの割り当てです。

intデータ型が4バイトのデータを格納するのに対し、doubleデータ型は8バイトのデータを格納する。

使用方法

また、intとdoubleのもう一つの違いは、intデータ型は整数値を格納するために使用され、doubleデータ型は浮動小数点値を格納するために使用されることです。

速度

また、int型の演算はdouble型より速い。

結論

intとdoubleは主要なプリミティブデータ型です。

intとdoubleの主な違いは、intが32ビットの2の補数整数を格納するために使用されるのに対し、doubleは64ビットの倍精度浮動小数点値を格納するために使用されることである

簡単に言うと、doubleはintよりも2倍のメモリ空間を必要とします

タイトルとURLをコピーしました