トライアスロン用バイクとロードバイクの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トライアスロンバイクとロードバイクの大きな違いは、トライアスロンバイクは短距離に最適で、ロードバイクは長距離に適していることです。

トライアスロンバイクとロードバイクは、他の普通の自転車よりもスピードが出るタイプの自転車です。

しかし、トライアスロンバイクとロードバイクには明確な違いがあり、主にその設計に基づくものです。

 トライアスロンバイクは、ロードバイクよりもシートチューブの角度が大きくなっているが、ロードバイクはトライアスロンバイクよりも快適です。

スポンサーリンク

トライアスロンバイクとは

トライアスロンバイクとは、その名の通り、自転車競技であるトライアスロンに関連したバイクのことです。

短距離走に特化した自転車です。

平地での走行に特化しているため、山間部には向かないかもしれません。

ロードバイクと比較すると、トライアスロンバイクはシートチューブの角度が大きくなっています(76~78度)。

この角度は、より「エアロ」なポジションを作り出すことができます。

さらに、このデザインは、よりアグレッシブなライディングポジションを作り出します。

また、ブルホーンスタイルのバーは、ライダーがハンドルバーに肘をつき、頭と体を空力的なポジションに下げることを可能にします

全体として、サイクリングからランニングへの移行を容易にするデザインとなっています。

ロードバイクとは

ロードバイクとは、舗装された道路を走るための自転車です。

ロードバイクは長距離走行に適しており、乗る人の快適性を考えて作られている。

また、のんびり走るための自転車やマウンテンバイクよりも軽いのが特徴です。

トライアスロン用の自転車は、通常の自転車よりもスピードが出ますが、ロードバイクほどは速くありません。

しかし、トライアスロン用自転車ほど高価ではない。

Main Difference - Triathlon Bike vs Road Bike

ロードバイクのデザインを考えると、フレームはカーボンかアルミが一般的です。

さらに、高価なロードバイクのフォークはカーボン製で、安価なものはカーボンとアルミニウムの混合物、またはスチールかアルミニウムのみを使用しています。

さらに、ロードバイクはシートポストが短く、トップチューブが平らで、フレームが軽量です。

また、マウンテンバイクと比較して、リムも軽く、スポークの本数も少ない。

タイヤは幅が狭く、高圧で、滑らかなため、転がり抵抗が少ない。

また、ロードバイクの特徴として、ハンドルが曲がっていることが挙げられる。

これにより、ライダーのポジションが前下がりになり、空気抵抗が軽減される。

トライアスロン用バイクとロードバイクの違いについて

定義

トライアスロンバイクはトライアスロンという自転車競技に関連した自転車であり、ロードバイクは舗装された道路で使用するための自転車です。

速度

トライアスロン用バイクはロードバイクより速い。

重量

さらに、トライアスロンバイクは通常、ロードバイクよりも重い。

距離

トライアスロンバイクは短距離に適していますが、ロードバイクは長距離に適しています。

快適さ

また、トライアスロンバイクはロードバイクほど快適ではありません。

シートチューブアングル

トライアスロンバイクは、ロードバイク(通常72度)よりもシートチューブ角が大きく(76~78度)なっています。

価格

トライアスロンバイクは、ロードバイクよりも高価です。

地形

トライアスロン用バイクは平坦な地形に対応し、ロードバイクは平坦な地形から山間部まで対応できるように設計されています。

汎用性

さらに、トライアスロンバイクは、ロードバイクほど汎用性が高くはありません。

結論

トライアスロンバイクとロードバイクは、そのデザインや機能から明確な違いがあります。

トライアスロンバイクはスピードがあり短距離に適しており、ロードバイクはより快適で長距離に適しています。

タイトルとURLをコピーしました