ビスケットとスコーンの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビスケットとスコーンとの大きな違いは、ビスケットはスコーンよりも薄くてパサパサしていないことです。

イギリスのスコーンは、北米のビスケットによく似ている。

小麦粉、塩、乳製品、油脂などの材料を使い、化学的に発酵させた生地で作られたクイックブレッドです。

しかし、食感や材料、添えられる調味料などで両者には違いがあります。

また、ビスケットは北米原産で、スコーンはイギリス原産です。

イギリスのビスケットはアメリカのクッキーと同等であることも重要なポイントです。

スポンサーリンク

ビスケットとは

アメリカやカナダでは、ビスケットを小型のクイックブレッドの一種と呼び、外皮はしっかりと焼き色がつき、中は柔らかくて砕けやすい

小麦粉、塩、植物性ショートニングまたはバターで作られる。

また、ベーキングパウダーも膨張剤として使用される。

これらの材料で作った生地をさっくりこねて丸め、丸いカッターで切りますが、カッターを使わずスプーンで落として不定形にすることもできます。

Main Difference - Biscuits vs Scones

ビスケットは通常、薄皮の層がある軽くて空気感のあるものです。

柔らかめですが、肉汁やシロップを付けて食べるには十分な硬さです。

また、ビスケット自体に甘みを加えることはほとんどありませんが、フルーツジャムやメープルシロップなど、甘い調味料と一緒に食べるのが一般的です。

また、ソーセージのグレイビーソースや卵黄、ハムなどをつけて食べることもあります。

スコーンとは

スコーンはスコットランドを起源とするイギリスの焼き菓子です。

小麦、大麦、オートミールなどを原料とした小型のクイックブレッドです。

一般的に、膨張剤としてベーキングパウダーを使用します。

スコーンは通常、甘さ控えめで、卵液でコーティングされることもあります。

スコーンは、クリームティー(紅茶、スコーン、クロテッドクリーム、ジャムからなる午後の軽食)の基本的な構成要素です。

スコーンには層があるが、ビスケットと比較すると、フレーク状というよりは砕けた感じです。

また、ビスケットに比べるとややパサパサしている。

また、スコーンにはジャムやクロテッドクリーム、バターなどをつけて食べるのが一般的です。

イギリスのスコーンには、カシス、レーズン、チーズ、デーツなどの具材が入っているのが一般的。

アメリカでは、ブルーベリーやクランベリー、ナッツなどの具材を入れたスコーンが一般的です。

また、香ばしいものもあります。

ビスケットとスコーンの共通点

  • イギリスのスコーンは、北米のビスケットとよく似ている。
  • 小麦粉、塩、乳製品、油脂などの原材料が似ている。
  • また、小麦粉にバターなどのショートニングを練り込んで生地を作り、それを丸めて形を整えています。

ビスケットとスコーンの違い

定義


ビスケットは小型のクイックブレッドの一種で、しっかりとした焼き色のついた外皮と柔らかく崩れやすい内部を持つ

スコーンはパンのような小型の丸いケーキで、小麦粉と牛乳と少しの脂肪から作られる。

テクスチャー

スコーンはビスケットに比べると、薄っぺらくなく、ほろほろとした食感です。

また、ビスケットに比べるとややパサパサしている。

甘い味わい

ビスケットにはほとんど甘味はないが、スコーンには若干の甘味があります。

原点

ビスケットが北米発祥であるのに対して、スコーンはスコットランド発祥です。

結論

ビスケット(アメリカ・カナダ)は、しっかりと焼き色のついた皮と、柔らかく崩れやすい中身を持つ小型のクイックブレッドの一種であり、スコーンは小麦粉と牛乳と少量の脂肪から作られるパンのような小型で丸いケーキである

イギリスのスコーンは、北米のビスケットによく似ている。

ビスケットとスコーンの大きな違いは、その食感です。

タイトルとURLをコピーしました