アクティブリスニングとパッシブリスニングの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


アクティブリスニングとパッシブリスニングの主な違いは、アクティブリスニングは話を聞いて反応することですが、パッシブリスニングは反応せずに話を聞くことです。

リスニングはあらゆるコミュニケーションに不可欠な要素です。

もしあなたがよく聞かなければ、おそらく何が伝えられているのかを完全に理解することはできないでしょう。

アクティブリスニングとパッシブリスニングは、私たちが人の話を聞く2つの方法です。

アクティブリスニングでは、聞き手は集中し、理解し、反応し、そして伝えられたことを記憶しなければなりません。

一方、受動的な聞き方では、聞き手は静かに座って情報を吸収しなければなりません。

スポンサーリンク

アクティブリスニングとは

アクティブリスニングとは、相手の話を聞いて対応し、両者の相互理解を高める方法です。

カウンセリングや対立・紛争の解決に用いられる傾聴の方法です。

アクティブリスニングでは、話を聞いて反応することで、言われたことを理解したことを示します。

このとき、反応にはうなずき、アイコンタクト、顔の表情など、非言語的な合図が主に含まれます。

これらの非言語的な合図は自然に行われるもので、意図的に非言語的な合図を出すことに集中すると、うまく聴けなくなる可能性があることに注意してください

Main Difference - Active vs Passive Listening

さらに、人の話を積極的に聞いているときは、話している人の話を遮ることはしません。

しかし、(相手が話し終えたら)質問をしたり、相手の質問に答えたりして、相手と対話することになります。

アクティブリスニングは基本的に双方向のコミュニケーションであり、多くの注意、共感、努力が必要とされます

話し手が許可した場合は、聞きながらメモを取ることもできます。

アクティブリスニングでは、伝えられた要点をまとめ、振り返ることも大切です。

そうすることで、聞き手はより深く理解することができます。

パッシブリスニングとは

受動的リスニングとは、基本的に何かに反応することなく聞くことです。

受動的に聞いているときは、何の反応や応答もせず、静かに座っていることになります。

例えば、音楽を聴く、ニュースを見る、講義を聴くなどです。

受動的リスニングでは、頭が時々他の話題に移る傾向があり、何かを聞いているつもりでも、実は何を言われているのか理解していないことがあります。

従って、受動的リスニングは一方通行のコミュニケーションです。

What is the Difference Between Active and Passive Listening

受動的リスニングではフィードバックや質問がないため、話し手は聞き手がメッセージを理解したかどうかを知る術がない。

しかし、受動的な聞き手も、能動的な聞き手と同じように、邪魔が入らないように静かに座っていることがあります。

そのような場合は、相手の非言語的な合図から能動的な聞き手であることを見分けることができます。

アクティブリスニングとパッシブリスニングの類似点

  • どちらのタイプのリスニングも、話を中断することなく、静かに座っていることが必要かもしれません。
  • 聴くことよりも関わることが多いかもしれません。

アクティブリスニングとパッシブリスニングの違い

定義

アクティブリスニングとは、聞きながら反応し、理解を深めることであるが、パッシブリスニングとは、反応・応答せずに聞くことである

フィードバック

さらに、能動的リスニングにはフィードバックや質問が含まれることがありますが、受動的リスニングにはそれがありません。

フォーカス

能動的リスニングでは、聞き手は集中し、理解し、反応し、そして言われたことを記憶しています。

しかし、受動的リスニングでは、聞き手の心は他の話題に移ってしまうかもしれません。

非言語的手がかり

アクティブリスニングでは、うなずく、目を合わせるなどの非言語的な合図が自然に行われますが、パッシブリスニングでは、これらが行われない場合があります。


カウンセリングや紛争解決には能動的なリスニングが必要で、音楽を聴く、ニュースを聞くなどは受動的なリスニングの例である

結論

アクティブリスニングとパッシブリスニングは、人の話を聞くための2つの方法です。

アクティブリスニングとパッシブリスニングの大きな違いは、アクティブリスニングは話を聞いて反応するのに対し、パッシブリスニングは反応せずに話を聞くことです。

タイトルとURLをコピーしました