HPLCとHPTLCの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


HPLCとHPTLCの主な違いは、HPLCが液体クロマトグラフィーの拡張型であるのに対し、HPTLCは薄層クロマトグラフィーの拡張型であることです。


HPLCとHPTLCは自動分離技術の一種で、分離の原理が似ています

また、HPLCはカラムに充填された固定相をポンプ駆動で流す方式であるのに対し、HPTLCはプレート上に固定された固定相を溶媒が移動する平面クロマトグラフィーの一種であり、HPLCはカラムに充填された固定相をポンプ駆動で流す方式である

また、HPLCが閉鎖系であるのに対して、HPTLCは開放系です。

主な対象分野

  1. HPLCとは
         – 定義、特徴、重要性
  2. HPTLCとは
         – 定義、特徴、重要性
  3. HPLCとHPTLCの類似点とは?
         – 共通点の概要
  4. HPLCとHPTLCの違いとは?
         – 主な違いの比較
スポンサーリンク

HPLCとは

HPLC(高圧液体クロマトグラフィーまたは高性能液体クロマトグラフィー)は、液体クロマトグラフィーの強化型です。

したがって、カラムクロマトグラフィーの一種であり、液体移動相に溶解した混合物を、固体固定相を充填したカラムに高圧で送液するものである

さらに、ヘリウムや窒素などのキャリアガスが、カラム内の試料の移動を担っている。

図1: HPLCクロマトグラム

さらに、HPLCは、試料中に溶解している1兆分の1のような低濃度の化合物を分離・同定することができる汎用性の高い手法です。

成分の分離は、各成分と固定相や移動相との相互作用の差によるものです。

一般に、このような相互作用の差は、成分の極性が異なるために生じます。

HPTLCとは

HPTLC(高性能薄層クロマトグラフィー)は、TLC(薄層クロマトグラフィー)を高度化したものです。

そのため、高効率の分離が可能です

一般に、HPTLCとTLCの主な違いは、分離板の特性です。

HPTLCに使用されるプレートには、かなり小さな粒子径のものが含まれています。

そのため、より高い充填密度と、より滑らかな表面を実現します。

そのため、試料の拡散が抑えられ、コンパクトなバンドやスポットを得ることができます。

一方、HPTLCの層が薄くなることで、検出感度や分析速度が向上します。

図2: (A) HPTLCプレートの写真、(B) Mix 1の多波長スキャン、(C) キャリブレーション機能、(D) 選択したゾーンのマススペクトル、(E) 分析結果

さらに、HPTLCの利点として、再現性の高さ、定量分析に適したシャープなバンド、質量分析での使い勝手の良さなどが挙げられます。

HPLCとHPTLCの類似点

  • HPLCとHPTLCは、2種類の強化されたクロマトグラフィー技術です。
  • どちらも自動化されており、非常に正確な結果を得ることができます。
  • 主な機能は、混合物中の成分を分離、同定、定量することです。
  • また、どちらも固体固定相と液体移動相を使用します。
  • さらに、移動相によって分離される混合物を固定相と一緒に運ぶことによって分離を担っています。
  • したがって、成分の化学的・物理的特性に基づいた固定相への吸着が可能となる。
  • 両技術は、製薬、環境、科学捜査、化学など多くの分野で応用されています。

HPLCとHPTLCの違い

定義

HPLCは溶液中に溶解した化合物を分離する液体クロマトグラフィーであり、HPTLCは最も進んだ平面クロマトグラフィーを指します。

したがって、これがHPLCとHPTLCの主な違いです。

略称

HPLCは高圧液体クロマトグラフィーまたは高性能液体クロマトグラフィー、HPTLCは高性能薄層クロマトグラフィーを意味する。

クロマトグラフィーの種類

HPLCとHPTLCのもう一つの大きな違いは、HPLCがカラムクロマトグラフィーであるのに対し、HPTLCはプレーナークロマトグラフィーである点です。

メカニズム

また、HPLCはカラムに充填された固定相をポンプ駆動で流す方式であり、HPTLCはプレート上に固定された固定相を溶媒が移動する平面クロマトグラフィーです。

定常期

HPLCの固定相はカラムに充填され、HPTLCの固定相はプレートに固定されています。

正相または逆相

HPLCが主に逆相クロマトグラフィーであるのに対し、HPTLCは順相クロマトグラフィーです。

オープンシステムかクローズドシステムか

HPLCはクローズドシステム、HPTLCはオープンシステムです。

圧力

HPLCは高圧で、HPTLCは大気圧で作動します。

サンプルあたりの時間

HPLCは2〜60分/サンプル、HPTLCは1〜30分/サンプルです。

並列解析

さらに、HPLCでは並行分析ができないのに対して、HPTLCでは並行分析が可能です

結果

HPLCの結果は機械を通して、HPTLCの結果は機械と目視のどちらかで得られます。

解像度

HPLCとHPTLCのもう一つの違いは、分解能です。

HPLCは分解能が高く、HPTLCは中程度の分解能です。

結論

HPLCは液体クロマトグラフィーの拡張クロマトグラフィー技術です。

そのため、固体固定相がカラムに充填されています。

また、高い効率と分離能が得られます。

一方、HPTLCは薄層クロマトグラフィーの改良型です。

したがって、プレート上に固定された固体固定相を含んでいます。

HPLCとHPTLCは、どちらも、分析に必要な化学的性質は同じですが、分解能が低く、効率が悪いという欠点があります

HPLCとHPTLCはどちらも、混合物の成分を分離するために使用される2種類の自動クロマトグラフィ技術です。

しかし、HPLCとHPTLCの主な違いは、クロマトグラフィ技術の種類にあります。

タイトルとURLをコピーしました