リレーショナルデータベースとノンリレーショナルデータベースの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


リレーショナルデータベースとノンリレーショナルデータベースの主な違いは、リレーショナルデータベースがテーブルにデータを格納するのに対し、ノンリレーショナルデータベースはリレーショナルデータベースのようにテーブルを使用せず、キーバリュー形式やドキュメント、その他の方法でデータを格納する点です。

データベースとは、関連するデータの集合体です。

データベース管理システム(DBMS)は、データの保存、アクセス、管理を容易にするためのソフトウェアです。

 データベースには様々な種類があり、リレーショナルデータベースとノンリレーショナルデータベースがあります。

スポンサーリンク

リレーショナルデータベースとは

データベースモデルは、データベースの論理設計と構造を定義する。

また、DBMS を使ってどのようにデータを保存し、アクセスするかを定義する。

  ここで、リレーショナルデータベースは、リレーショナルモデルに基づいている。

リレーショナルデータベースは、データをテーブルに格納する。

表は行と列から構成される。

行は各エンティティを表し、列は属性を表す。

図1:リレーショナルデータベースのテーブル

例えば、販売データベースを想定する。

顧客テーブルには、customer_id, name, address, contact_no のようなカラムや属性があります。

テーブルの各行は、1 人の顧客を表します。

顧客テーブルの主キーはcustomer_idです。

これは、各レコードを個別に識別するのに役立ちます。

さらに、sales データベースに orders という別のテーブルがあるとします。

order_id、order_name、date、customer_idを持ちます。

customerテーブルのcustomer_idはorderテーブルの外部キーです。

したがって、この2つのテーブルは互いに関連しています。

リレーショナルデータベースでは、テーブルが互いに関連付けられます。

リレーショナルデータベースのテーブルのデータを正規化することで、データの冗長性を最小化することが可能である

 さらに、リレーショナルデータベースでは、構造化問い合わせ言語(Structured Query Language, SQL)を使って、データの問い合わせをすることができる。

非リレーショナルデータベースとは

リレーショナルデータベースは、BigDataのような大量のデータを保存するのに有効ではありません。

この問題を解決するのが、ノンリレーショナルデータベースです。

さらに、ノンリレーショナルデータベースは、NoSQLとも呼ばれる。

これらのデータベースはビッグデータを格納することができる。

また、データを複数のマシンに分散して保存することも可能であり、メンテナンスコストを削減することができる

ノンリレーショナルデータベースには様々な種類があります。

ドキュメントデータベース – 動的なデータを格納する。

JavaScript Object Notation (JSON)形式でデータを保存する。

例:CouchDB、Mongoなど。

カラムデータベース – カラム単位でデータの読み書きができる。

データ分析に有効。

例:Apache Cassandra。

Key value stored databases – 高速だが、あまりカスタマイズできない。

例:Couchbase Server、Redis。

キャッシュ・データベース – データをディスクやキャッシュに格納する。

グラフデータベース – ノードから構成される。

エッジを使って関係を作る。

例:Oracle NoSQL、Neo4J。

リレーショナルデータベースと非リレーショナルデータベースの違い

定義

リレーショナルデータベースとは、1970年にE.F.Coddが提唱したデータの関係モデルに基づくデータベースのことである

一方、非リレーショナルデータベースは、リレーショナルデータベースで用いられる表形式の関係以外の方法でモデル化されたデータを保存・検索するための仕組みを提供するデータベースの一種である

Synonms

リレーショナルデータベースはSQLデータベースとも呼ばれ、非リレーショナルデータベースはNoSQLデータベースとも呼ばれる。

SQL

リレーショナルデータベースはSQLを使用するが、ノンリレーショナルデータベースはSQLを使用しない。

参加者数

リレーショナルデータベースと非リレーショナルデータベースの違いは、リ レーショナルデータベースではテーブルを結合することができることである

一方、非リレーショナルデータベースには結合の概念はない。

タイプ

リレーショナルデータベースと非リレーショナルデータベースのもう一つの違いは、リレーショナルデータベースはさらに分類することができないことである

一方、非リレーショナルデータベースには、Key-Value、Documents、Column、Graphなどがあります。

使用方法

リレーショナル・データベースは、複雑なクエリーを実現するのに役立ちます。

また、柔軟性があり、データ分析に役立つ。

非リレーショナルデータベースは、大量のデータに対して有効です。

さらに、レイテンシーを減らし、スループットを向上させる。

これがリレーショナルデータベースとノンリレーショナルデータベースのもう一つの違いです。

リレーショナルデータベースは、MySQL、SQLite3、PostgreSQLなどがあります。

非リレーショナルデータベースとしては、Cassendra、Hbase、MongoDB、Neo4などがあります。

結論

リレーショナルデータベースとノンリレーショナルデータベースの主な違いは、リレーショナルデータベースがデータをテーブルに格納するのに対し、ノンリレーショナルデータベースはリレーショナルデータベースのようにテーブルを使用せず、キーバリュー形式やドキュメントなど、何らかの方法でデータを格納する点です。

タイトルとURLをコピーしました