ソーシャルメディアとトラディショナルメディアの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ソーシャルメディアと従来のメディアの主な違いは、ソーシャルメディアが双方向のコミュニケーションを提供するのに対し、従来のメディアは一方向のコミュニケーションを提供することです。

メディアとは、広義にはマスコミュニケーションの形態を指す。

伝統的なメディアとは、デジタルメディアが登場する以前に利用可能であったあらゆる形態のマスコミュニケーションを指す

新聞、ラジオ、雑誌、テレビなどがこれにあたります。

一方、ソーシャルメディアとは、ユーザーがコンテンツを作成・共有し、ソーシャルネットワーキングに参加するためのアプリケーションやウェブサイトを指します。

スポンサーリンク

ソーシャルメディアとは?

ソーシャルメディアとは、ユーザーがコンテンツを作成、共有したり、ソーシャルネットワーキングに参加したりできるウェブサイトやアプリケーションを指します。

ソーシャルメディアは、デジタルメディアと比較して、多くの特別な機能を備えています。

例えば、コミュニケーション、インタラクション、コンテンツの共有、コラボレーションなどです。

多くの人が友人や家族と連絡を取り合うためにソーシャルメディアを利用し、また、異なるコミュニティとのコミュニケーションや交流のために利用する人もいます。

通常、ソーシャルメディアという言葉を聞くと、FacebookやTwitterのようなソーシャルプラットフォームだけを思い浮かべます。

しかし、ソーシャルメディアには、メディア共有ネットワーク(Snapchat、Instagram、YouTubeなど)、ディスカッションフォーラム(Quora、Reddit)、FlipboardやPinterestなどのブックマークやコンテンツキュレーションネットワーク、TumblrやWordPressなどのブログや出版ネットワークなど、さまざまなカテゴリーが含まれているのです。

 これらのプラットフォームは、私たちの考え、意見、写真、動画をリアルタイムで共有する機会を与えてくれます。

企業もまた、ソーシャルメディアをマーケティングやプロモーションの手段として利用しています。

これをソーシャルメディア・マーケティングと呼んでいます。

ソーシャルメディア・マーケティングは、企業がブランドの認知度を高め、売上を伸ばし、ウェブサイトのトラフィックを増やすのに役立ちます。

ソーシャルメディアを製品のマーケティングに利用する場合、マーケティング担当者は視聴者の考えや意見を知ることができ、そのフィードバックを即座に受け取ることができます。

さらに、ソーシャルメディア・マーケティング・キャンペーンの効果を測定するためのツールも数多く用意されています。

トラディショナルメディアとは

伝統的なメディアとは、デジタルメディアが導入される以前に利用可能だったあらゆる形態のマスコミュニケーションを指します

したがって、伝統的なメディアには、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、書籍などが含まれます。

視聴者はメディアを通じてメッセージを受け取るが、メディアは直接フィードバックを得ることができない。

Main Difference - Social Media vs Traditional Media

伝統的なメディアを使って製品やサービスの広告や宣伝を行う場合、販売方法としてはテレビ広告、ラジオ広告、バナー広告、印刷広告、ダイレクトメール広告、訪問販売、ビルボードなどがあります。

さまざまな企業が長年にわたってこれらの方法を利用し、非常に効果的な結果を得てきました。

現在でも、テレビ広告や印刷広告などのマーケティング手法は、販売に成功することがあります。

デジタルメディアの出現により、従来のメディアを利用したマーケティングはやや減少し始めました。

しかし、企業は今でも伝統的なメディアを通じて製品の販売促進に何十億ドルも費やしているのです。

ソーシャルメディアとトラディショナルメディアの違い

定義

ソーシャルメディアとは、ユーザーがコンテンツを作成・共有したり、ソーシャルネットワーキングに参加したりできるウェブサイトやアプリケーションを指す。

これに対し、伝統的なメディアとは、デジタルメディアが登場する以前のマスコミュニケーションの形式を指す。

人気のあるソーシャルメディアの例としては、Facebook、YouTube、Instagram、Twitter、LinkedIn、Reddit、Wikipedia、Pinterestなどがあり、伝統的なメディアの例としては、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などが挙げられます。

通信の性質

ソーシャルメディアが双方向のコミュニケーションを提供するのに対し、伝統的なメディアは一方向のコミュニケーションを提供します。

なぜなら、視聴者はソーシャルメディア上で自分の意見を言う機会があるからです。

インターネット

ソーシャルメディアには多くの特別な機能や利点がありますが、インターネットに依存しています。

インターネット接続に障害が発生すると、どのソーシャル・メディア・プラットフォームにもアクセスできなくなります。

しかし、伝統的なメディアはインターネットに依存していません。

変更点

従来のメディアでは、一度メッセージを公開したり放送したりすると、変更するには遅すぎる。

しかし、ソーシャルメディアにおけるメッセージは、いつでも好きなときに変更することができます。

制御

ソーシャルメディアでは、共有したいメッセージをより自由にコントロールすることができます。

例えば、オーディエンスターゲティングを利用したり、公開日を遅らせたりすることが可能です

これに対して、伝統的なメディアでは、あまりコントロールできません。

結論

伝統的なメディアとは、デジタルメディアが登場する以前に利用可能であったあらゆる形態のマスコミュニケーションのことである

一方、ソーシャルメディアは、ユーザーがコンテンツを作成、共有し、ソーシャルネットワーキングに参加することができるアプリケーションやウェブサイトを指します。

ソーシャルメディアとトラディショナルメディアの大きな違いは、ソーシャルメディアが双方向のコミュニケーションを提供するのに対し、トラディショナルメディアは一方向のコミュニケーションを提供する点です。

タイトルとURLをコピーしました