ペタルとペタロイドの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


花びらと花弁の主な違いは、花びらは花の本当の花冠であるのに対し、花弁は花弁に似た変更された萼を有する状態であることです。

花弁と花弁状は、植物の花の中にある花冠の2つの状態です。

また、花弁のある花には萼片があり、花弁のない花には萼片と花弁のどちらにも分類されない萼片という部分があります。

花びらとは

花弁は、花の生殖器官を取り囲む、鮮やかな色で比較的大きな構造物です。

花弁の主な役割は、受粉媒介者を花に引き寄せることである

また、生殖器官を保護する働きもあります。

花弁を総称して花冠と呼び、一般に萼の内側に発生する渦巻きのことを指す。

萼は、花の最も外側の構造体として、花芽を保護する役割を果たす渦巻きです。

Petals vs Petaloids:図1 バラの萼と花びら

また、花弁の形態や発達の仕方は、植物によって大きく異なる。

一般に、双子葉植物の最大グループである被子植物の花には4~5枚の花弁があり、単子葉植物の花には3~6枚の花弁があります。

花弁の枚数は、花の分類の際に一つの特性として用いられる。

また、ほとんどの花は、ある特定の平面においてのみ対称です。

花弁は通常、上部の広い葉身のような刃と、下部の狭い葉柄のような爪の2つの部分からなる。

しかし、花弁がすべて左右対称の花もあれば、左右非対称の花弁を持つ花もあります。

スポンサーリンク

ペタロイドとは

花弁に似た構造を持っていること。

花によっては、萼片と花弁の色や大きさ、形が同じで見分けがつかないものがあります。

このような状態の萼片や花弁はテパルと呼ばれ、未分化なペリアントとなる。

ここで、花の萼片と花弁を総称して「花托」と呼ぶ。

また、テパルの中には鮮やかな色を持つものもあり、本当の花びらの役割を果たす。

受粉媒介者を花に引き寄せる役割を担っている。

さらに、この状態はユリやチューリップなど、ほとんどのユリ科単子葉植物に共通して見られる。

例えば、ユリ科の花には6本のテープがあり、そのうち3本は萼片で、残りは花弁です。

しかし、6本とも同じような形をしている。

また、ヘレボレスのように花びらを持たない花もあります。

そのため、萼片は花弁状と表現される。

花びらとペタロイドの類似性

  • 花弁と花柄は、花の生殖器官を囲む鮮やかな色の2種類の構造物です。
  • 花弁と花柄は、受粉媒介者を花に引き寄せるためのものです。

花びらとペタロイドの違い

定義

花弁は花冠の各節を指し、葉が変化したもので、一般に着色されているのに対し、花弁状は花弁のような構造を持つ状態を指す。

このように、花びらと花弁の主な違いはここにある。

意義

また、花弁は真の花冠であるのに対し、頭弁は花弁状となる。

萼片

花弁のある花には萼片もあるが、花弁は萼片が変化したもので、花弁のように見える。

したがって、これも花びらと花弁の違いです。

結論

花弁は、花の葉が変化したもので、真の花冠を形成する。

一般に、花弁のある花は、萼片が別にある。

一方、萼片と花弁の区別がつかない萼片を持つ花もあります。

また、花弁のように見えるテパルを持つ花もあり、ペタロイドと呼ばれる。

花びらも花柄も、受粉媒介者を呼び寄せるために鮮やかな色をしているのは同じです。

しかし、花びらと花柄の大きな違いは、その構造の種類です。

タイトルとURLをコピーしました