ELISAとELFAの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ELISAとELFAの主な違いは、ELISAは発色が陽性試料の検出基準であるのに対し、ELFAは蛍光の発光が検出基準であることです。

ELISA と ELFA は、生体試料中のタンパク質、特に抗体や抗原を検出するために用いられる免疫学的手法です。

ELISA は感度の高い方法ですが、ELFA は ELISA よりも感度が高い方法です。

スポンサーリンク

ELISAとは

ELISA(Enzyme-linked immunosorbent assay)とは、酵素反応による発色を利用して生体試料中の特定のタンパク質を検出する固相酵素免疫測定法の一種である

ELISAは、その方法論から、直接法、間接法、サンドイッチ法の3種類に大別されます。

直接法 ELISA

直接法(Direct ELISA)は、ELISA法の中で最初に開発された方法で、非常にシンプルな方法です。

マイクロタイタープレートの表面(固相)に試料を塗布する。

そして、酵素結合抗体はプレート上の特定のタンパク質と結合します。

発色性基質を添加すると、タンパク質と結合した抗体を検出することができる。

間接法 ELISA

間接法 ELISA は、やや複雑な ELISA 法で、試料中の特定のタンパク質を検出するために 2 段階のプロセスを使用します。

ここでは、まずマイクロタイタープレートを試料でコーティングし、目的のタンパク質に結合する特定のタイプの一次抗体とインキュベートする。

次に、このプレートに一次抗体と結合する酵素結合二次抗体を加えてインキュベートする。

その後、発色基質を添加すると、発色によりプレート上の特定タンパク質を検出することができます。

図1:ELISAの種類

免疫学的/サンドイッチELISA法

Sandwich ELISAも2段階のプロセスで行われます。

ここでは、第一段階として、試料中の当該タンパク質を一次抗体と二次抗体で挟みます。

従って、第一段階では、まずマイクロタイタープレートに一次抗体をコートし、試料はコートしない。

次に、このプレートを試料とともにインキュベートする。

第三に、酵素結合二次抗体をプレートに添加する。

この二次抗体は、一次抗体に結合している特定のタンパク質に結合します。

最後に発色させ、プレート上のタンパク質と結合した抗体複合体を検出します。

ELFAとは


ELFA (enzyme-linked fluorescence assay) は固相酵素免疫測定法の一種で、ELISA のように発色させるのではなく、蛍光を発色させるのが特徴です

しかし、ELFA の一般的な実験手順は ELISA と同様です。

ELFAの唯一の違いは、発色基質の代わりに発色基質を使用することである

例えば、ELISAで酵素アルカリホスファターゼに使用される発色基質はp-ニトロフェニルホスフェート(PNPP)です。

しかし、ELFAでは、同じ酵素アルカリホスファターゼに使用される発色基質は、4-メチルウンベリフェリルホスフェート(4MUP)です。

さらに重要なことは、ELFAはELISAよりも感度が高いということです。

そのため、ELISA法による抗体検出に要する時間と比較すると、より短時間で発現している抗体を検出することができます。

ELISAとELFAの類似点

  • ELISAとELFAは、生体試料中の特定のタンパク質を検出・定量するための免疫学的測定法の一種です。
  • 両者の基本的な実験デザインは同じです。
  • また、どちらも固相酵素免疫測定法(EIA)です。
  • ハイスループット、高感度、高速、再現性の高い方法です。

ELISAとELFAの違いについて

定義

ELISA(enzyme-linked immunosorbent assay)とは、発色基質を用いて溶液中の抗原や抗体を検出・測定する高感度技術であり、ELFA(enzyme-linked fluorescence assay)とは、酵素が色ではなく蛍光を触媒する免疫学の手法のことである

従って、この点がELISAとELFAの大きな違いです。

検出方法

また、ELISAは固相上の発色を検出しますが、ELFAは固相上の蛍光の発色を検出します。

基板

ELISAで使用する基質は発色性、ELFAで使用する基質は発蛍光性です。

感度

ELISA と ELFA のもう一つの違いは、ELFA は ELISA の 100 倍の感度を持つことです。

ウィンドウの長さ

ELFAではELISAよりウィンドウピリオドが5日ほど短いのに対し、ELISAではウィンドウピリオドが長くなっています。

したがって、この点も ELISA と ELFA の違いとなる。

結論


ELISA は免疫学的測定法の一種で、生体試料中のタンパク質を特異的な抗体と結合させて検出する方法である

検出方法は、酵素反応による発色です。

一方、ELFA は酵素反応による蛍光の 発光で試料中の特定タンパク質の存在を検出する免疫測定 法の一種である

従って、ELISAとELFAの主な違いは、酵素反応における基質の種類です。

タイトルとURLをコピーしました