アジャイルとイテレーティブの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


アジャイルと反復型の主な違いは、アジャイルは、プロジェクトの開始から終了間際に一気に提供するまで、構築と成長を繰り返すソフトウェア提供へのタイムボックス型の反復型アプローチであることである

しかし、反復型は、小さな要件セットを取り出して、製品全体がエンドユーザーや顧客に配備される準備が整うまで、さらにそれを強化することができる開発モデルです。

一般に、ソフトウェア開発モデルには様々なものがあります。

開発モデルに従うことで、実用的で高品質なソフトウェア製品を構築し、ユーザーに配備することができます。

このようなソフトウェア開発モデルには、アジャイルとイテレーティブがあります。

スポンサーリンク

アジャイルとは

アジャイルとは、過渡的なウォーターフォール開発モデルの代替となるものです。

要件に変化が生じることがあります。

アジャイルはこのような要求の変化をサポートする。

したがって、適応性と柔軟性があります。

アジャイルは、製品を小さな漸進的ビルドに分割する。

この方法論では、一連の要件が取られます。

そして、その部分に対して、分析、設計、コーディング、テストが行われる。

その後、顧客とのミーティングを行い、フィードバックを得る。

それが成功すれば、チームは別の要件セットに移ることができます。

そして、このプロセスをソフトウェア全体を開発するまで繰り返す。

各イテレーションには1週間から3週間かかります。

これらの期間は、タイムボックスまたはスプリントと呼ばれます。

アジャイルには複数の利点があります。

チーム内のコラボレーションを向上させることができる。

また、アジャイルは顧客からのフィードバックを頻繁に受けることができる。

要件を修正したり変更したりするのに適している。

一方で、複雑でリスクの高いソフトウェアプロジェクトには向いていない。

さらに、要件を満たすために調整が必要な場合もある

反復とは

反復モデルとは、ある要件から始まり、進化したバージョンを繰り返し強化し、システム全体を開発する反復プロセスです。

この方法論は、完全な要件セットを必要としない

一般的に、反復モデルは、新しい機能を追加し、製品をさらに改善するために、インクリメンタルモデルと組み合わされる。

同様に、反復ごとにソフトウェアの新バージョンが作成される。

反復モデルには、複数の利点があります。

それは、要求の変更をサポートすることである

さらに、反復モデルでは、要求の変更に必要なコストが最小限に抑えられます

テストやデバッグが容易になる。

一方、管理は難しく、複雑です。

さらに、リスクの高いプロジェクトには適していない。

アジャイルとイテレーティブの違い

定義

アジャイルとは、自己組織化された機能横断的なチームとその顧客の共同作業を通じて要件とソリューションを進化させるソフトウェア開発のモデルです。

これに対し、反復型は、小さなソフトウェア要求のセットの単純な実装から始まり、完全なシステムが実装され配備できるようになるまで、進化するバージョンを繰り返し強化するモデルです。

したがって、これがアジャイルと反復型の根本的な違いです。

継続的な改善

アジャイルでは、次のスプリントは前のスプリントに依存するが、反復では、次のイテレーションは前のイテレーションに依存する。

カスタマーインボルブメント

重要なことは、アジャイルでは、各スプリントの終わりに顧客とのミーティングがあり、反復では、各反復の終わりに顧客とのミーティングがあることである

プランレビュー

アジャイルと反復のもう一つの違いは、アジャイルでは、チームがスプリント計画の途中でレビューできるのに対し、反復では、ベースラインの反復計画に依存していることである

努力の見積もり

さらに、アジャイルではスクラムマスターが進行し、チームが見積もりを行うのに対し、イテレーティブではプロジェクトマネージャがイテレーションごとに見積もりを行う。

所有権

アジャイルでは、チーム全体が責任をもってタスクを完了させますが、イテレーションでは、プロジェクトマネージャーが各イテレーションを完了させる責任を負います。

テスト参加者

また、アジャイルではチーム内の誰でもテストケースを特定、準備、実行できるのに対し、イテレーティブではテスターがテストケースを特定、準備、実行する。

テスト

アジャイルでは、分析、設計、コーディングの後にテストケースの準備と実行が始まりますが、イテレーティブでは、分析、設計、コーディングの後にテストケースの準備と実行が始まります。

お届けについて

また、アジャイルでは、スプリントごとにデモを行い、動作するソフトウェアを納品するのに対し、イテレーティブでは、イテレーションごとに動作するソフトウェアを納品する。

結論

簡単に言うと、アジャイルと反復型は2つのソフトウェア開発モデルです。

さらに、アジャイルは反復モデルの一種と考えることも可能である

アジャイルと反復型の主な違いは、アジャイルはプロジェクトの開始から終了間際に一気に納品するまで、ビルドとインクリメントを繰り返すタイムボックス型のソフトウェア納品アプローチであることである

しかし、反復型は、小さな要件セットを取り出して、製品全体の準備が整うまで、さらにそれを強化することができる開発モデルです。

タイトルとURLをコピーしました