ストマタとレンティセルの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


気孔とレンズ豆の大きな違いは、気孔は主に葉の表皮下部に存在するのに対し、レンズ豆は木質幹や茎の周皮に存在することである

 また、気孔の大きさは植物の要求に応じて決められるが、レンズ膜は開いたままです。

気孔とレンズ膜は、植物に存在する2種類の小さな孔です。

一般に、ガス交換を担っている。

気孔は植物の一次成長時に発生し、レンズ膜は植物の二次成長時に発生する。

主な対象分野

  1. ストマータとは
         – 定義、構造、機能
  2. レンズ豆とは
         – 定義、構造、機能
  3. ストマータとレンティセルの共通点
         – 共通点の概要
  4. ストマータとレンティセルの違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

表皮、ガス交換、レンズ豆、表皮、気孔、気孔、ストマタ

スポンサーリンク

ストマタとは

陸上植物でガス交換を担う小さな孔。

一般に、二酸化炭素を葉の内部に取り込み、酸素と水蒸気を外部に排出する。

基本的には、ガード細胞が気孔を取り囲んでいる。

葉緑体も含む柔細胞です。

ガード細胞の主な働きは、気孔の大きさを制御することである

しかし、これはガード細胞の張力を変化させることで行っている。

Stomata vs Lenticels 図2 気孔の様子

さらに、水が容易に手に入るときは、ガード細胞が緊張し、気孔が開く。

一方、水がないときには、ガード細胞は弛緩する。

また、ガードセルの緊張は、水ポテンシャルによって決まる。

一方、カリウムイオンや塩化物イオンが徐々に移動してガードセル内の溶質濃度が上昇すると、ガードセル内への水の移動に伴って水ポテンシャルが上昇する。

すると、これによってガードセルのツルゲル圧が上昇する。

一方、高温・乾燥条件下での水ストレス下では、ガード細胞は過剰なイオンを除去することで水を流出させる。

その結果、ガード細胞の張力が低下し、気孔が閉鎖される。

さらに、日中は気孔が開いたままだが、夜間は閉じる傾向があります。

レンティセルとは

植物の二次成長において、茎や根に発生する小さな孔のことである

主な機能は、組織内と外部環境とのガス交換です。

一般に、双子葉植物の顕花植物の表皮には、大きな細胞間隙を持つ細胞があり、多孔質な組織です。

一方、茎や根では、円形や細長い、あるいは楕円形の盛り上がった部分として現れる。

What is the Difference Between Stomata and Lenticels: 図2: 黒子

さらに、果実にもレンズ豆は存在する。

リンゴやナシで顕著に見られる。

レンチセルは、昼も夜も開いたままです。

しかし、夜間は気孔が閉じて、ガス交換の主要な手段になる。

ストマタとレンティセルの類似性

  • 植物には、気孔とレンズ膜という2種類の小さな孔があります。
  • 主にガス交換を担っている。
  • また、植物体内から外部への水蒸気の放出を促進する。

ストマタとレンティセルの違い

定義

一方、レンズ豆は木本植物の茎にある多数の隆起した孔で、大気と内部組織の間のガス交換を可能にする

発生状況

さらに、気孔は主に葉の下部の表皮に発生し、レンズ豆は木質幹や茎の周皮に発生する。

これが気孔とレンズ膜の大きな違いです。

成長の種類

気孔は植物の一次成長時に発生するが、レンズ豆は植物の二次成長時に発生する。

オープニング

植物の要求に応じて茎が開き、レンズ膜は開いたままです。

ガードセル

気孔とレンズ豆のもう一つの違いは、ガード細胞の有無です。

ガード細胞は気孔の大きさを決めるが、レンズ豆にはガード細胞はない。

蒸散量

また、ストーマは大量の水蒸気を蒸散し、レンズは少量の水蒸気を蒸散する。

結論

ストーマとは、葉の表皮の下部にある小さな孔のことである

2つのガード細胞が気孔を取り囲み、大きさを決めている。

一般に、気孔は日中に開く。

一方、レンズ孔は、木質茎の表皮にある小さな孔です。

そのため、植物の二次的な成長の過程で発生する。

また、水蒸気を大量に蒸散することもない。

しかし、気孔とレンズ豆の大きな違いは、植物体内での発生状況です。

タイトルとURLをコピーしました