LINQ to SQLとLINQ to Objectsの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


LINQ to SQLとLINQ to Objectsの主な違いは、LINQ to SQLはLINQとデータベースの橋渡しをするデータコンテキストオブジェクトを必要とするのに対し、LINQ to Objectsは中間LINQプロバイダーやAPIを必要としない点です

LINQは、Language Integrated Queryの略で、Microsoft .NETフレームワークのコンポーネントであり、.NET言語にネイティブなデータ照会機能を追加するものです。

2007年に.NET framework 3.5の主要な部分としてリリースされた。

  コレクション、ADO.NETデータセット、XMLドキュメント、ウェブサービス、MySQLやMSSQLなどのデータベースなど、さまざまなデータソースとアプリケーションを接続することができる。

また、LINQには様々な種類があり、LINQ to SQLとLINQ to Objectsの2つがあります。

スポンサーリンク

LINQ to SQLとは

LINQ to SQL (DLINQ) は、.NET フレームワーク バージョン 3.5 のコンポーネントです。

リレーショナルデータをオブジェクトとして管理することができる。

LINQ to SQLでは、リレーショナルデータベースのデータモデルが、開発者が書いたプログラムのオブジェクトモデルに変換されます。

つまり、アプリケーションを実行すると、LINQ to SQLがSQLクエリに変換され、それがデータベースに送信される。

さらに、データベースが結果を返すと、LINQ to SQLはそれをその特定のプログラミング言語のオブジェクトに変換して返す。

これにより、データの挿入、更新、削除などの操作を行うことができる。

通常、プログラマーはVisual Studio Object Relational Designerを使用します。

これは、LINQ to SQLの多くの機能を実装するためのユーザーインターフェイスで構成されています。

全体として、LINQ to SQLは、データベースとのトランザクションを実行する際に、プログラムの複雑さを軽減するのに役立ちます。

LINQ to Objects とは何か

LINQ to Objects は .NET フレームワークのコンポーネントで、IEnumerable をサポートする LINQ クエリを使用して、メモリ内のデータコレクションにアクセスできるようにするものです。

言い換えれば、コレクションを使用するための方法を提供するものです。

通常、プログラマは、コレクションからデータを取得するために、各ループを記述する。

しかし、LINQ to Objectsを使えば、簡単にデータを取得できる。

したがって、LINQ to Objectsは、コードの複雑さを軽減するのに役立ちます。

全体として、LINQ to Objectsはコードの可読性を向上させるのに役立ちます。

強力なフィルタリング、グループ化機能、拡張された順序付けなどの利点を、最小限のアプリケーションコーディングで提供します。

さらに、これらのクエリは、修正なし、または少ない修正で、様々なデータソースに移植することができます。

LINQ to SQLとLINQ to Objectsの違い

定義

LINQ to SQLは、リレーショナルデータをオブジェクトとして管理できる.NET Frameworkのバージョン3.5のコンポーネントです。

これに対して、LINQ to Objectは、LINQ to SQLやLINQ to XMLのようにLINQプロバイダー(API)を必要とせず、IEnumerableをサポートする任意のLINQクエリーを使用して、インメモリデータコレクションにアクセスできるようにする.NETフレームワークコンポーネントである

要件

LINQ to SQLとLINQ to Objectsの主な違いは、LINQ to SQLはLINQとデータベースの橋渡しをするデータコンテキストオブジェクトを必要とするのに対し、LINQ to ObjectsはLINQの中間プロバイダーやAPIを必要としないことです

リターンタイプ

LINQ to SQL は IQueryable 型のデータを返し、LINQ to Objects は IEnumerable 型のデータを返します。

実行の方法

また、LINQ to SQLはSQLの呼び出しに変換され、データベース上で実行される。

一方、LINQ to Objectsは、ローカルマシンのメモリ上で実行される。

翻訳

さらに、LINQ to SQLとLINQ to Objectsのもう一つの違いは、翻訳です。

LINQ to SQLはExpression Treesを使ってSQLに変換されるため、一つのユニットとしてチェックし、適切なSQL文に変換することが可能です

 一方、LINQ to Objectsは翻訳する必要がありません

結論

LINQ to SQLとLINQ to Objectsは、LINQの2つのタイプです。

LINQ to SQLとLINQ to Objectsの主な違いは、LINQ to SQLはLINQとデータベースの橋渡し役となるData contextオブジェクトを必要としますが、LINQ to ObjectsはLINQの中間プロバイダーやAPIを必要としない点です

LINQ to Objects !

タイトルとURLをコピーしました