分散データベースと並列データベースの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


分散データベースと並列データベースの主な違いは、分散データベースが論理的に相互に関連した複数のデータベースをネットワーク上に分散して管理するシステムであるのに対し、並列データベースは複数のプロセッサが同時にクエリーを実行・実行するシステムである点です。

データベースは、あらゆるビジネス組織にとって不可欠な記憶装置です。

データベースとは、データを組織的に収集したものです。

データベースには様々な種類があります。

分散型データベースと並列型データベースはその2つです。

一般に、並列データベースは分散データベースより高速です。

スポンサーリンク

分散型データベースとは

分散型データベースとは、ネットワーク上に複数のノードが分散して存在するデータベースのことです。

つまり、データベースファイルは、ネットワーク上の異なるコンピューターに配置することができます。

したがって、システム管理者は複数の場所にデータを割り当てることができる。

一般に、分散データベースは、ネットワークサーバー、インターネット上の分散型コンピューター、企業のイントラネット、他の組織のネットワーク上のエクストラネットに配置される。

さらに、レプリケーションやデュプリケーションなどのプロセスにより、分散データベースが最新の状態に保たれる。

また、ローカル・オートノミーやシンクロナイゼーションも分散データベースの技術や手法の一つです。

また、データの安全性、完全性、一貫性を確保するために、組織は業務内容、データの機密度、変換可能な量に応じてこれらを使い分けることができる

パラレルデータベースとは

組織では、日々大量のデータを保存・管理している。

そのため、データを効率的に保存・管理する方法を改善する必要がある

この問題を解決するのが、並列データベースです。

並列データベースは、CPUやディスクなどの複数のリソースを並列に使用することで、データ処理速度を向上させる。

また、クエリ処理やデータロードなどの並列化処理にも対応する。

並列データベースでは、複数のCPUとディスクが存在する。

つまり、複数のプロセッサーが並列に接続されている。

これらは同時に動作するため、並列データベースの性能はより高くなります。

また、データの信頼性も向上します。

さらに、ユーザーは必要なデータにより速くアクセスすることができます

さらに、データの可用性も確保される。

分散型データベースと並列型データベースの違い

定義

分散データベースとは、すべてのストレージデバイスが共通のプロセッサに接続されていないデータベースのことである

これに対し、並列データベースは、データの読み込み、インデックスの構築、クエリの評価など、様々な処理を並列化することで性能向上を図るデータベースです。

所在地

分散データベースのノードは異なる場所にあり、並列データベースのノードは同じ場所にある。

実行速度

分散データベースは、並列データベースよりも実行速度が遅い。

この点も分散データベースと並列データベースの違いと言える。

オーバーヘッド

さらに、分散データベースのオーバーヘッドは高く、並列データベースのオーバーヘッドは低い。

結論

データベースは、大量のデータの集合を保存するのに役立つ記憶装置です。

そのため、エンドユーザーは必要なデータに素早くアクセスすることができる

データベースには様々な種類があり、分散データベースと並列データベー スがあります。

分散データベースと並列データベースの主な違いは、分散 データベースは論理的に相互に関連した複数のデータベースをネット ワーク上に分散して管理するシステムであるのに対し、並列データベース は複数のプロセッサが同時にクエリーを実行・実行するシステムである ことである

タイトルとURLをコピーしました