バリューとアティチュードの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

価値観と態度の大きな違いは、価値観はその人の道徳的属性に基づいて構築されるのに対し、態度は様々な問題に対するその人の立場であることです。

しかし、態度はその人の価値観に従って形成される。

価値観と態度は、その人の性格や人格を構成する主要な要素です。

この2つは相互に関連する概念であるが、価値観と態度の間には明確な違いがあります。

スポンサーリンク

バリューとは?

価値観とは、道徳的な原則や行動基準であると定義することができます。

したがって、価値観はしばしば人や社会の道徳的倫理観のようなものです。

簡単に言えば、価値観とは、人の行動規範として知られているものです。

したがって、彼らは人の態度や行動を導く、または動機となる基本的な信念です。

価値観は、倫理学で強調されています。

また、家族、宗教、文化、社会における道徳的な人物は、価値観に強く影響を与える。

したがって、価値観は人が生きていく上で指針となる原則です。

図1:道徳的価値観

また、価値観は人により、文化により、場所により異なる。

しかし、誠実さ、優しさ、正直さ、愛、思いやり、正義、平等、謙虚さ、自由など、普遍的な価値観は存在します。

さらに、職場の行動規範もまた、価値観を強調するものです。

ここでは、企業内の人の行動基準を強調しています。

これらは、協力する価値観、職場の価値観などと呼ばれています。

アティテュードとは

態度とは、ある対象や人に対する判断、立場、意見のことである

これらの立場や意見は、その人の価値観や感情に基づいて形成される。

つまり、態度とは、その人の好みに応じた個人的な反応です。

したがって、二人の人間が同じ対象に対して、否定的な態度をとることも肯定的な態度をとることもあり得る。

例えば、婚姻、中絶、同性愛などの社会問題に対する人々の様々な態度を考えてみよう。

また、ある状況に対して人がどのように反応するかは、その人の態度を反映している。

What is the Difference Between Values and Attitudes 図2:態度と感情

さらに、態度は感情、行動、認知の3つの主要な要素から構成されている。

これは態度のABCモデルとして知られている。

情緒的とは、人の感情を動かす態度の部分を指す。

行動的とは、特定の状況において、人が見せる行動や、自分の態度に従って実際にどのような反応をするかを指します。

認知的 – ある事柄や人に関する人の意見、信念、思考を指す。

価値観と態度の関係

  • 価値観は、その人の信念や指針の基本になるものです。
  • 従って、人の態度は、その人の道徳的価値観に基づいて築かれる。
  • 両者は、人の認知プロセスに影響を与える。
  • 価値観と態度は、どちらも人の異なる社会的相互作用や社会的経験によって変化するものです。

価値観と態度の違い

定義

価値観とは、道徳的原則や道徳的倫理観、行動基準のことです。

一方、態度とは、ある事柄や人に対する意見や姿勢のことである

このように、価値観と態度の基本的な違いを説明しています。

の一部です。

価値観はその人の性格の一部であるのに対して、態度はその人の人格の一部です。

したがって、これは価値観と態度の大きな違いです。

意義

価値観が特定の人の道徳的倫理観や全体的な性格を示すのに対し、態度はその人の人格を通じた行動を強調するものです。

また、態度はその人の価値観に基づくものであるため、その人の価値観を反映するものとしても重要です。

影響を受けるのは

価値観と態度のもう一つの違いは、家族、友人、文化、宗教、社会的相互作用が価値観に直接影響するのに対し、その特定の人物の価値観が態度に直接影響することである

タイプ

価値観とは、その人の道徳的倫理観のことである

したがって、態度には否定的なものと肯定的なものがあるが、それらはその人の資質です。

結論

価値観と態度は、どちらも人の行動全体を構成する不可欠な要素です。

価値観と態度は互いに関連している。

態度は、その人の価値観に影響され、その上に築かれる。

したがって、態度とはその人の道徳的価値観に従って、ある対象に対して抱く究極の反応です。

このように、価値観と態度の主な違いは、価値観が人の道徳的属性に基づいて構築されるのに対し、態度は様々な問題に関して人が持つ立場であることです。

タイトルとURLをコピーしました