捻転と捻転の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ねじれと捻転の大きな違いは、ねじれは内臓が自軸を中心に回転するのに対し、捻転は内臓が腸間膜を軸に回転することである

 さらに、捻転はまれな急性腹症であるのに対し、捻転はある程度一般的な疾患です。

捻転と捻転は、内臓が異なる軸の周りにねじれることによって起こる、内臓の2つの状態です。

一般に、この種の腹部閉塞の2大影響は、腹部膨満と突然死です。

主な対象分野

  1. ねじれとは
         – 定義、症状、例
  2. 捻転とは 
         – 定義、症状、例
  3. 捻転と捻転の類似点とは?
         – 共通する特徴の概要
  4. 捻転と捻転捻転の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

腹部閉塞、腹痛、捻転、捻転子

トーションとは

内臓が自軸または長軸を中心に回転することを捻転といいます。

一般に、胃、脾臓、肝臓の一部、腸などに多く見られる。

 なお、動物では、過食と不規則な給餌が捻転の2大原因とされている。

基本的に空腹の動物は、一度に大量の餌を消費することがあります。

そのため、摂食の際に生じる興奮によって、胃と脾臓が時計回りにねじれてしまうのです。

しかし、このねじれによって、胃の中の内容物が発酵し、ガスが発生し、むくみが生じます。

さらに、ねじれによって食道が閉塞してしまうのです。

その主な症状は、腹部の膨張と突然死の2つです。

ここで、死亡の原因は主に腹腔内圧の急激な上昇やショックです。

スポンサーリンク

Volvulusとは?

腸捻転とは、内臓が腸間膜の周囲にねじれることです。

一般に、腹部閉塞の最も一般的な原因の一つです。

一般的に捻転が起こる部位はS状結腸です。

しかし、頻度は低いですが、盲腸に発生することもあります。

また、腹痛、胆汁性嘔吐、膨満感などの特徴を含む腸閉塞は、腸捻転の一般的な症状です。

What is the Difference Between Torsion and Volvulus:図1 ジャーマンシェパードドッグの腸間膜捻転症

さらに、最も重症の腸捻転は、腸間膜の根元に発生する。

基本的には、腸への動脈血流だけでなく、静脈の流出も阻害されることになる。

その結果、小腸の虚血性壊死が起こり、代謝性アシドーシス、ショック、死亡に至る。

捻転と捻転の類似点

  • 捻転と捻転は、臓器が異なる軸でねじれることによって起こる腹部閉塞の2つの状態です。
  • どちらも腹痛、腹部膨満感、便秘、嘔吐、血便などの症状が出ます。
  • また、急激に起こることもあれば、徐々に起こることもあります。
  • 死に至ることもあります。

ねじれと捻転の違いについて

定義

ねじれとは、内臓が自転することであり、捻転とは、内臓が腸間膜に付着した状態で回転することである

発生状況

捻転はまれな急性疾患であるが、捻転はより一般的です。

また、捻転は胃、脾臓、肝臓の一部、腸などに起こり、腸捻転はより一般的です。

結論

捻転とは、内臓が自身の軸を中心にねじれることである

一般に、胃、脾臓、肝臓や腸の一部に主に発生し、稀な急性疾患です。

一方、腸捻転は、内臓がその腸間膜の付着部を中心にねじれることです。

一般的に、主に小腸や大腸に発生することが多い疾患です。

したがって、捻転と捻転の主な違いは、捻転が起こる軸の違いです。

タイトルとURLをコピーしました