ネームスペースとアセンブリの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ネームスペースとアセンブリの主な違いは、ネームスペースはMicrosoft .NET frameworkが対象とする言語で使用できる関連クラスの論理的なグループであり、アセンブリは.NET Frameworkアプリケーションの構築ブロックで、展開、バージョン管理、再利用、活性化スコープ、セキュリティ許可などの基本単位を形成する。

一般に、.NETはマイクロソフトが開発したフレームワークです。

様々なプログラミング言語との相互運用性を提供する。

また、自動ガベージコレクションやアプリケーションデータの安全性を確保する機能も提供する。

さらに、デスクトップ、モバイル、Webアプリケーションの開発、実行、デプロイのためのツールもあります。

全体として、名前空間とアセンブリは、.NETフレームワークに関連する2つの概念です。

スポンサーリンク

名前空間とは

名前空間とは、Microsoft .NETフレームワークをターゲットとする言語が使用できる、関連するクラスの論理的なグループです。

すべてのクラスを同じ場所に格納すると、アクセスやメンテナンスに困難が生じます。

そのため、代替案として名前空間を使用することが可能です

つまり、名前空間は、クラスを論理的にグループ化するのに役立ちます。

また、名前をグループ化し、名前の衝突の可能性を減らすことができます

クラスの名前は、関連するすべての名前空間の名前を連結することによって指定されます。

例えば、System.Windows.Forms.TextBoxとします。

これは、TextBoxクラスがForms名前空間の中にあることを記述しています。

さらに、Forms 名前空間は Windows 名前空間の中にあり、Windows 名前空間は System 名前空間の中にあります。

アセンブリとは

アセンブリとは、Microsoft .NETフレームワークの標準的なコンポーネントです。

実行ファイル(.exe)またはダイナミック リンク ライブラリ(DLL)ファイルとして存在することができます。

アセンブリは、モジュール、型、およびその他の要素に関するすべてのメタデータをマニフェストの形式で構成します。

  さらに、アセンブリは複数の利点を提供します。

一般に、デプロイメントとバージョン管理を支援し、再利用性とセキュリティを提供します。

一般に、アセンブリには3つのタイプがあります。

プライベートアセンブリは、単一のアプリケーションにのみ使用されます。

また、アプリケーションの同じフォルダにアセンブリのファイルを配置する必要がある

次に、共有アセンブリですが、これは共有するために使用されます。

その場合、システム全体で一意である必要があるため、厳密な命名規則が必要である

最後にサテライトアセンブリですが、これはアプリケーションの配備言語および文化固有のリソースとして使用されます。

名前空間とアセンブリの違い

定義

ネームスペースは、.NETフレームワークで利用可能なクラスの論理的な分割です

しかし、アセンブリは.NETベースのアプリケーションの展開、バージョン管理、再利用、アクティブ化のスコープとセキュリティ権限の基本的な単位です。

したがって、これがネームスペースとアセンブリの主な違いです。

基本情報

さらに、ネームスペースは論理的なコードグループ化の基本単位を提供し、アセンブリは物理的なコードグループ化の基本単位を提供します。

結論

全体として、名前空間とアセンブリは.NETの2つの概念です。

簡単に説明すると、名前空間はMicrosoft .NET frameworkが対象とする言語で使用できる関連クラスの論理的なグループであり、アセンブリは.NET Frameworkアプリケーションのビルディングブロックで、展開、バージョン管理、再利用、アクティブ化スコープ、セキュリティ許可などの基本単位を形成するものです。

したがって、これが名前空間とアセンブリの主な違いです。

タイトルとURLをコピーしました