RIPとOSPFの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


RIPとOSPFの主な違いは、RIPが一定の間隔でルーティングテーブルの更新を必要とする距離ベクトルルーティング・プロトコルであるのに対し、OSPFはネットワークの変更が生じたときのみ更新を送信するリンクステート・ルーティング・プロトコルであるという点です

RIPは、送信元から宛先までパケットを送信するための最適な経路を見つけるのに役立つ動的なプロトコルです。

ホップ数を用いて最適な経路を決定し、短時間でパケットを配送することができます。

一方、OSPFはRIPに代わるプロトコルです。

  ルーターがネットワークの変化を検知し、その情報を他のルーターに送信することで、他のルーターも同じ経路情報を持つようになります。

スポンサーリンク

RIPとは

RIPはRouting Information Protocolの略です。

動的なルーティングプロトコルです。

ホップカウントをルーティングの指標として、送信元と送信先の間の最適な経路を決定し、パケットを送信することができます。

 ホップ数とは、送信元と送信先の間にあるルーターの数を指します。

ホップカウントが最も小さい経路が最適な経路となります。

RIPは、経路のホップ数を制限することで経路のループを防止します。

最大ホップ数は15です。

RIPプロトコルはネットワークを常に更新します。

更新は常にブロードキャストされます。

RIPには3つのバージョンがあり、RIP Version 1、RIP Version 2、RIPNGと呼ばれます。

RIP V1 – これはクラスフルルーティングプロトコルです。

ルーティングアップデートでマスク情報を送信せず、ブロードキャストでアップデートを送信します。

アップデートメッセージの認証はサポートしていません。

RIP V2 – クラスレスルーチングプロトコルです。

RIP V2 – これはクラスレスルーティングプロトコルであり、ルーティングアップデートでマスクの情報を送信しません。

アップデートをマルチキャストで送信します。

さらに、RIPv2更新メッセージの認証をサポートしています。

RIPNG – IPv6ネットワーク上で動作します。

アップデートをマルチキャストで送信します。

OSPFとは

OSPFとは、Open Shortest Path Firstの略です。

リンクステート ルーティング プロトコルの一つです。

クラスレスプロトコルで、SPF(Shortest Path First)アルゴリズムを使用して、送信元と送信先の間の最適な経路を見つけます。

ルーティングテーブルは、ルータに変更があった場合のみ更新を変更します。

OSPFでは、ホップ数の制限はありません。

OSPFは、IETF(Internet Engineering Task Force)によってIGP(Interior Gateway Protocol)の1つとして開発されました。

 大規模な自律システム内でパケットを移動させるために設計されています。

通常の通信にはマルチキャストアドレス224.0.0.5を使用し、指定ルーターの更新には224.0.0.6を使用します。

OSPFの近隣ルーターは、同じエリアに存在する必要があります

また、同じサブネットマスクを持っている必要があります

さらに、スタブフラグと認証に互換性がある必要があります

RIPとOSPFの違いについて

定義

RIPは、ルーティングメトリックとしてホップカウントを使用する最も古いインスタンスベクタールーティングプロトコルの1つです。

OSPは、インターネットプロトコル(IP)ネットワーク用のルーティングプロトコルで、リンクステートルーティング(LSR)アルゴリズムを使用し、インテリアゲートウェイプロトコル(OGP)のグループに属するものです。

このように、RIPとOSPFの根本的な違いを説明します

フルフォーム

RIP の完全形は Routing Information Protocol であり、OSPF の完全形は Open Shortest Path First です。

タイプ

RIPは距離ベクトルルーティング方式で、OSPFはリンク状態ルーティング方式です。

この点がRIPとOSPFの大きな違いです。

デフォルトメトリック

RIPとOSPFのもう一つの違いは、RIPはホップ数を使用し、OSPFはBandwidthを使用することです。

ホップ回数制限

RIPの最大ホップ数は15です。

OSPFはホップ数無制限です。

コンバージェンス

RIPでは収束が遅いですが、OSPFでは収束が速いです。

更新中

もうひとつ、RIPとOSPFの違いは、RIPではルーティングテーブルが一定の間隔で更新されることです。

しかし、OSPFでは、ネットワークに変化があったときだけルーティングテーブルが更新されます。

マルチキャストアドレス

さらに、RIPはマルチキャストアドレス224.0.0.9を使用し、OSPFはマルチキャストアドレス224.0.0.5と224.0.0.6を使用します。

複雑さ

RIPはシンプルですが、OSPFは複雑です。

使用方法

RIP と OSPF には、使用方法による違いもあります。

RIPは小規模なネットワークに適しており、OSPFは大規模なネットワークに適しています。

結論

RIPとOSPFの違いは、RIPが一定の間隔でルーティングテーブルの更新を必要とする距離ベクトルルーティング・プロトコルであるのに対し、OSPFはネットワークの変化があったときだけ更新を送信するリンクステート・ルーティング・プロトコルであることです

タイトルとURLをコピーしました