アクリルプリントとメタルプリントの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


アクリルプリントとメタルプリントの主な違いは、アクリルプリントはメタルプリントよりも色の鮮やかさや色の透過性が高いということです。

しかし、メタルプリントはアクリルプリントよりもリーズナブルです。

アクリルプリントとメタルプリントは、どちらもフレームレスのプリントオプションで、洗練された現代的な外観を提供します。

従来のキャンバスプリントと比較すると、多くの利点があります。

一般的に、どちらも鮮やかで耐久性のある画像を提供します。

スポンサーリンク

アクリルプリントとは

アクリルプリントは、ウォールアートとして非常にクリーンでモダンなディスプレイを提供する人気のプリント方法です。

アクリルプリントを入手するには、2つの方法があります。

1つ目は、アクリル素材に直接プリントする方法です。

アクリルガラスを通して光が屈折するため、深みのある鮮やかな画質でプリントすることができます。

その後、プリントの裏面を白色でコーティングして封をします。

2つ目は、高品質な写真用紙に画像をプリントし、2枚のアクリル板で挟み込む方法です。

このタイプのアクリルプリントの裏板は、画像によって、黒、白、透明があります。

そして、アルミニウム製のスタンドオフを使用して視覚的な奥行きを出し、フレームを壁に取り付けます。

私たちはこれをフェイスマウント方式と呼んでいます。

このプロセスはより困難で高価ですが、深みのある豊かな色でより高い色の鮮やかさをもたらし、経年による傷、反り、色あせから画像を保護します。

さらに、アクリルプリントはガラスよりも軽く、飛散しにくいという特徴があり、太陽光による画像の劣化を防ぐUVカット機能も備えています。

全体的に、アクリルプリントは鮮やかでシャープなイメージを与え、洗練された現代的な外観を実現するのに役立ちます。

また、キャンバスプリントやメタルプリントなどの他のプリント加工では、アクリルプリントのような正確さや色持ちの良さは得られません。

メタルプリントとは

メタルプリントは、発泡スチロールの芯を2枚の金属板(一般的にはアルミニウム)で挟んで作られています。

イメージは金属に直接プリントされ、反りや色褪せのない、モダンで耐久性のある製品を提供します。

  メタルプリントの製造工程は、昇華と呼ばれています。

さらに、メタルプリントでは、他の金属に比べて軽量で低コストであることから、アルミニウムを使用することが多いようです。

メタルプリントは、フレームがないため、すっきりとしたモダンな印象の写真に仕上がります。

現在では、従来のキャンバスプリントの代わりにこのプリントを選ぶ人も多く、非常に人気のあるプリントです。

メタルプリントの最大のメリットは、鮮やかな発色と手頃な価格です。

さらに、メタルプリントは防水性があり、傷がつきにくいという特徴もあります。

キャンバスプリントと比較すると、耐久性があり、寿命も長いです。

ただし、直射日光の当たる場所に長時間置いておくと、色あせするものもあります。

  そのため、質の良い金属を選ぶことが大切です。

アクリルプリントとメタルプリントの違い

定義

アクリルプリントは、写真画像を高品質な写真用紙にプリントし、それを2枚のアクリル板で挟んだもので、洗練されたモダンなプリントです。

これに対し、メタルプリントは、発泡スチロールの芯を2枚の金属板(一般的にはアルミニウム)で挟んだもので、光沢のある現代的なプリントです。

カラー

また、アクリルプリントはメタルプリントに比べ、色の鮮やかさ、色の透過性が高いのが特徴です。

プロパティ

アクリルプリントは鮮やかでシャープなイメージを与え、ガラスよりも軽く、飛散しにくく、UVプロテクションを提供します。

価格

一般的に、アクリルプリントはメタルプリントより高価です。

結論

アクリルプリントとメタルプリントは、スマートで現代的な外観を提供するフレームレスプリントオプションです。

アクリルプリントとメタルプリントの主な違いは、アクリルプリントは高いコストで非常に鮮やかで耐久性のある画像を提供し、メタルプリントはより手頃なコストで光沢のある画像を提供するということです。

タイトルとURLをコピーしました