シンタックス解析とセマンティック解析の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

構文解析と意味解析の大きな違いは、構文解析は字句解析で生成されたトークンを受け取って解析木を生成するのに対し、意味解析は構文解析で生成された解析木が言語の規則に従っているかどうかをチェックする点です。

一般に、プログラマーは高水準プログラミング言語を使ってプログラムを書く。

彼はこれらのプログラムを理解することができるが、コンピュータはこれらのコードを理解することはできない。

そこで、ソースコードを機械が理解できる機械語コードに変換する必要がある

この変換作業を支援するソフトウェアがコンパイラです。

コンパイルのプロセス全体は、一連のフェーズで構成されている。

あるフェーズからの出力が次のフェーズの入力となる。

コンパイルの最初のフェーズは字句解析です。

これは、ソースコードを一文字ずつ読み、トークンの形で意味のある字句に変換するものです。

さらに、第2、第3のフェーズは、構文解析と意味解析です。

スポンサーリンク

構文解析とは

構文解析はコンパイルの第二段階です。

字句解析の段階で生成されたトークンを入力とし、解析木(シンタックスツリー)を出力として生成する。

このフェーズでは、トークンが作る表現が構文的に正しいかどうかをパースでチェックする。

したがって、これは構文解析とも呼ばれる。

さらに、トークンの配置がソースコードの文法と照合されているかどうかもチェックする。

セマンティック解析とは

意味解析は、コンパイルプロセスの第3段階です。

構文解析の段階で生成された解析木が言語の規則に従っているかどうかをチェックします。

意味解析では、識別子、その型、式を追跡します。

最後に、意味解析は注釈付きの構文木を出力として出力する。

構文解析と意味解析の違い

定義

構文解析とは、自然言語、コンピュータ言語、データ構造のいずれかの記号列を形式文法の規則にしたがって解析することである

これに対し、意味解析は、生成された解析木がプログラミング言語の規則に沿っているかどうかを確認する作業です。

取扱店

パーサーは構文解析を行い、セマンティックアナライザーは意味解析を行う。

コンパイルの段階

構文解析はコンパイルの第二段階、意味解析はコンパイルの第三段階です。

機能性

構文解析がトークンを入力として解析木を生成して出力するのに対して、意味解析は解析木が言語の規則に沿っているかどうかをチェックする。

このように、構文解析と意味解析の大きな違いは、その機能性です。

出力

また、構文解析は構文木を生成するが、意味解析は注釈付き構文木を生成する。

したがって、この点も構文解析と意味解析の違いです。

結論

簡単に説明すると、コンパイラは、コンピュータがプログラムで定義されたタスクを実行できるように、ソースコードをマシンコードに変換するソフトウェア・プログラムです。

コンパイルプロセスには複数の段階があります。

そのうちの2つは構文解析と意味解析です。

構文解析と意味解析の主な違いは、構文解析は字句解析で生成されたトークンを受け取って解析木を生成し、意味解析は構文解析で生成された解析木が言語の規則に従っているかどうかをチェックすることである

タイトルとURLをコピーしました