子嚢菌類と担子菌類の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


子嚢菌門と担子菌門の大きな違いは、子嚢菌門にはホヤという袋の中で胞子を作る嚢菌がいるのに対し、担子菌門には担子という特殊な細胞の先で胞子を作る棍棒菌がいることである

また、無性生殖が盛んなのは子嚢菌門で、有性生殖が盛んなのは担子菌門です。

子嚢菌門と担子菌門は真菌類の2つの部門です。

これらはまとめて亜界「ディカーリア」を形成している。

また、目に見える子実体を作る菌類の部門です。

後生動物とは

子嚢菌門は、菌類が内生的にホヤと胞子を形成することを特徴とする部門です。

真菌類の中で最も大きく、形態的に多様なグループの一つです。

よく知られているものだけでも6万種にのぼる。

単細胞の酵母から多細胞のカップラーメンまで、幅広いグループがあります。

また、地衣類の形成に関与するものが半数以上を占める。

その他は、植物と菌根関係を形成する。

また、動植物の病原体となるものはほとんどない。

さらに、子嚢菌門の最大の特徴は、ホヤと呼ばれる微小な袋の中に4〜8個の有性胞子を形成することである

それゆえ、袋菌類と呼ばれる。

このホヤを産み出すのが「腹子」です。

しかし、子嚢菌類の主な生殖様式は無性生殖であり、分生子と呼ばれる無性胞子を多数形成することによって行われる。

一般に、子嚢菌は菌糸の先端に形成される。

What is the Difference Between Ascomycota and Basidiomycota:図1 子嚢菌類のライフサイクル

有性生殖を行う前に、ハプロイドの交配型菌糸(+と-)が融合して二化菌糸を形成し、やがて子嚢菌と子嚢菌が誕生する。

ここで、2つの交配型菌糸が絡み合うことで、アスコゴニウムとアンセリディウムが形成される。

アスコゴニウムは雌性部分で、プラスモガミーによってアンセリディウムから核を受け入れる。

そして、この構造がカップ状のホヤを形成する。

ホヤの形成後、核分裂が起こり、一過性の二倍体核が形成される。

この核の減数分裂により4個のハプロイド核が形成され、さらに有糸分裂を経て8個の核またはホヤが形成されることがあります。

最後に、この子嚢が発芽して、ハプロイド菌糸が形成される。

スポンサーリンク

担子菌類って何?

担子菌門は、外生的に担子と担子胞子を形成することを特徴とする菌類の一部門です。

また、担子器という有性胞子を持つ細胞が存在することから、担子菌門の菌類はクラブ菌と呼ばれる。

ここでは、鰓の表面にあるクラブ状の担子体に数百万個の胞子が発生する。

したがって、担子菌門の別名は鰓(えら)菌です。

これまでに約25,000種の担子菌が同定されている。

これらの菌類は、分解菌、菌根菌、植物病原菌のいずれにもなりうる。

また、担子菌は、リグニンなどの植物細胞壁の大きなポリマーを分解することができる。

図2:担子菌のライフサイクル

さらに、有性生殖は担子菌の最も顕著な生殖形態です。

有性生殖は、2本の単細胞の交配型菌糸(+と-)が融合し、二核菌糸を形成することから始まる。

この二核菌糸は、好適な環境条件下で子実体やエリンギを生産することができる。

そして、エラの表面には担子菌が形成される。

その後、核分裂によって各基質体の中に2倍体の核が作られ、すぐに減数分裂して4つの倍数体の核が形成される。

各核は付属器官内を移動して担子胞子となり、風によって移動して発芽し、ハプロイドを形成する。

後生菌類と担子菌類の共通点

  • 子嚢菌門と担子菌門は、目に見える子実体を作る菌類の2つの部門です。
  • また、胞子の形成は子嚢群と担子嚢群で行われる。
  • また、胞子の形成は、核分裂と減数分裂によって行われる。
  • また、体細胞は発達した隔壁菌糸体です。
  • さらに、両者の生活環は、ハプロフェーズ、ディカリオフェーズ、ディプロフェーズの3つのステージからなる。
  • また、両者とも無性生殖は分生胞子形成と出芽のいずれかによって行われる。

後生菌類と担子菌類の違い

定義

子嚢菌門とは、子嚢と胞子を持つ菌類を指し、担子菌門とは、隔壁を持つ菌糸と胞子を担いだ菌類を指す。

これが、子嚢菌類と担子菌類の大きな違いです。

また、次のように知られています。

子嚢菌類は袋菌類、担子菌類は棍棒菌類として知られている。

主な繁殖形態

子嚢菌類と担子菌類のもう一つの大きな違いは、その生殖様式です。

子嚢菌類は主に無性生殖を行い、担子菌類は主に有性生殖を行う。

性欲の退化

また、子嚢菌類は目に見える性感帯が部分的に退化するのに対し、担子菌類は目に見える性感帯が完全に退化する。

したがって、これも子嚢菌類と担子菌類の違いです。

ガメタンギアの生産

子嚢菌類と担子菌類のもう一つの違いは、子嚢菌類は配偶子を作るが担子菌類は配偶子を作らないことである

二核相の確立

また、子嚢菌類では、二核相は配偶子形成、精子形成、体細胞形成のいずれかによって確立されるが、二核相は精子形成、体細胞形成のいずれかによって確立される。

二核相

重要なことは、子嚢菌類の二核相は栄養をハプロファーズに依存しているのに対し、担子菌類の二核相は独立していることである

二核相の構造

また、子嚢菌類の二核相は小さく短命であるが、担子菌類の二核相は大きく長命です。

この点も、子嚢菌類と担子菌類の違いといえる。

二核菌の菌糸構造

また、子嚢菌類と担子菌類のもう一つの違いは、子嚢菌類は二次菌糸の中にかぎ針を形成し、担子菌類は塊状に連結していることである

二核相の誕生

子嚢菌類では二次菌糸と子嚢胞子が、担子菌類では二次菌糸と三次菌糸が生成され、それぞれ担子と担子胞子、子実体の無菌組織が生成されます。

有性生殖

子嚢菌類の有性生殖は、子嚢胞子の形成によって行われるが、担子菌類の有性生殖は担子胞子の形成によって行われる。

このことも、子嚢菌類と担子菌類の重要な違いです。

性胞子

子嚢菌類と担子菌類の違いに、有性胞子というものがあります。

腹腔内胞子は内生で腹腔内で形成され、担子胞子は外生で担子内に形成される。

性胞子の数

子嚢菌類が4胞子または8胞子の子嚢を作るのに対して、担子菌類は1胞子から8胞子の子嚢を作る。

結論

子嚢菌類は、ホヤの内部に内生胞子を形成することを特徴とする真菌類の一部門です。

しかし、子嚢菌類の有性生殖はまれであり、有性生殖が最も顕著な形態です。

一方、担子菌門も担子菌の末端に外生的な担子胞子を形成することを特徴とする菌類の一部門です。

しかも、有性生殖が最も顕著です。

このように、子嚢菌類と担子菌類の主な違いをまとめると、このようになる。

タイトルとURLをコピーしました