ジェリーロールパンとクッキングシートの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジェリーロールパンとクッキングシートの大きな違いは、ジェリーロールパンはフチがあるのに対し、クッキングシートはフチがなく表面が平らであることです。

ジェリーロールパンとクッキングシートは、私たちのお菓子作りを助けてくれる2種類のベイクウェアです。

ジェリーロールパンは、特にゼリーロールやスイスロールを作るのに使われ、このパンでないと作るのが難しい。

しかし、これらのフライパンは、クッキーやロースト野菜など他のレシピにも使うことができます。

スポンサーリンク

ジェリーロールパンとは

ジェリーロールパンは、オーブンシートを小さくしたもので、縁があります。

幅が広く、平らで、縁は1インチ前後です。

ジェリーロールパンのサイズは、1/2サイズと1/4サイズの2種類が一般的です。

1/2サイズの鍋は約12する傾向がある″で17″と1″深い一方、1/4サイズの鍋は約9する傾向がある″で13″と1″深い。

ジェリーロールパンは、幅広い材料から作ることができますが、アルミニウムとアルミナ鋼は、それらのうち、最も一般的な材料です。

図1:ジェリーロールパンで作るロールケーキ

その名の通り、ロールケーキを作るためのスポンジケーキやシートケーキを焼くためのフライパンです。

ゼリーや生クリームなどのフィリングでコーティングし、円筒形に巻き上げたケーキです。

パンプキンロールやユールログなど、どのようなロールケーキにも使えます。

また、他の多くのレシピのためのゼリーロールパンを使用することができます。

彼らはさらにベーキングクッキーやロースト野菜に使用することができます。

クッキングシートとは

クッキングシートとは、底が平らなフチなし天板の一種です

その名の通り、クッキーを焼くのに使われます。

底が平らなため、空気の循環がよく、クッキーの形が崩れず、均一に焼けるのが特徴です。

クッキングシートには縁や側面がないため、ヘラでクッキーを操作しやすくなっています。

さらに、クッキングシートの表面積が大きいので、一度にたくさんのクッキーを作ることができます。

Main Difference - Jelly Roll Pan vs Cookie Sheet 図2 クッキーシート

一般的にクッキングシートは、オーブンから出し入れするときに握りやすいように、短辺に小さな縁がついています。

サイズ、厚み、形、素材、仕上げなど、さまざまな種類があります。

例えば、ノンスティック・クッキングシート、断熱クッキングシート、その他金属製のクッキングシートが販売されています。

ジェリーロールパンとクッキングシートの類似性

  • クッキングシートとジェリーロールパンの類似性 ※クッキングシートは使い分けができます。

ジェリーロールパンとクッキングシートの違いについて

定義

ジェリーロールパンは、オーブンシートの小さい版で、縁があります。

クッキングシートは、縁がなく底が平らなオーブンシートの一種である

側面

ジェリーロールパンは側面が盛り上がっている(1インチ程度)のに対し、クッキングシートは側面が盛り上がらない平らなシートです。

握りやすいリップ

クッキングシートは、片面に握りやすいように小さなフチがついていますが、ジェリーロールはフチがありません。

サイズ

ジェリーロールパンは天板より小さく、クッキングシートは様々なシートがあります。

クッキングシートは通常、ジェリーロールパンより大きいです。

焙煎

ジェリーロールパンはローストに使えますが、クッキングシートは野菜や肉のローストには不向きです。

用途

ジェリーロールパンはスポンジケーキやシートケーキを焼くのに使い、クッキングシートは主にクッキーを焼くのに使います。

結論

ゼリーロールケーキやスイスロールを作るためのスポンジケーキやシートケーキを焼くときはゼリーロールパンを使い、クッキーを焼くときは主にクッキングシートを使用します。

ジェリーロールとクッキングシートの大きな違いは、ジェリーロールパンにはフチがあり、クッキングシートはフチがなく平らな面をしていることです。

タイトルとURLをコピーしました