EssentialとDesirableの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


essentialとdesirableの大きな違いは、essentialは仕事に必要な最低限の資格を指し、desirableは必須ではないが好ましい資格を指すということです

必須と望ましいは、求人広告で目にすることのある2つの用語です。

どちらも、仕事に必要な資格の性質を表す言葉です

必須と望ましい資格の両方を持つ候補者は、その仕事に選ばれる確率が高くなります。

スポンサーリンク

エッセンシャル – 定義、意味、用法

エッセンシャル(Essential)とは、極めて重要な、あるいは絶対に必要な、という意味です

求人広告で時々見かけるこの言葉、essential qualifications。

必須資格とは、実際には、ポストに必要な最低限の資格のことを指します

また、その職種に必要なスキル、能力、知識、個人的資質、経験、および専門的資格(学位、卒業証書など)が記述されています

例えば、宅配便なら運転免許証、大学教授なら博士号が必須資格となる。

同様に、銀行、警察、軍隊の仕事では、身元調査やセキュリティクリアランスを必須資格として要求する場合があります。

必須資格は譲れないものであり、これらの基本資格を持たない候補者は、そのポストに応募すべきではありません。

採用担当者は、これらの資格を利用して、その仕事に適した候補者を素早く見分けることができます。

Desirable – 定義、意味、および使用法

The noun desirable means attractive, worth having and wanted by most people. Like the term essential qualifications, you may also observe the term desirable qualifications in job listings. However, desirable qualifications are different from essential qualifications. They refer to qualifications recruiters consider to be important, but not essential. A candidate does not need these qualifications to perform the duties of his job, but they are additional skills that might help the company. For example, knowledge in a foreign language may be a desirable skill for a marketing job. Some examples of desirable qualifications include IT skills (for nov-IT jobs), knowledge in foreign languages, flexibility with hours, or even knowledge of a particular system.Difference Between Essential and Desirable

候補者が必須資格と望ましい資格の両方を有していれば、その仕事の最終選考に残る可能性は高くなる

したがって、望ましいスキルや資格を持っていることで、候補者の応募は何百もの求人の中から際立ったものになります。

しかし、望ましい資格を持つ候補者がいない場合、雇用主は必須資格を持つ候補者を選択することになります。

必須と望ましいの関係

  • 必須と望ましいは、求人情報に対して候補者が必要とする資格の性質を表す2つの用語です。
  • 必須と望ましい資格の両方を有していれば、その仕事に選ばれる可能性が高くなります。
  • 望ましい資格を持つ候補者がいない場合、雇用主は必須資格を持つ候補者を選択する。

必須と望ましいの違い

定義

本質的とは、極めて重要または絶対に必要であることを意味し、望ましいとは、持つ価値があり、ほとんどの人が欲しがることを意味する

スキルまたは資格の種類

また、必須資格とは仕事に最低限必要な資格のことであり、望ましい資格とは必須ではないが好ましい資格のことである

応募する

必須資格を持っていない場合、望ましい資格を持っていても候補になる可能性は通常ありませんが、必須資格だけを持っていて望ましい資格がない場合は、候補になる可能性があります

結論


必須資格は仕事に最低限必要な資格のことで、望ましい資格は必須ではないが好ましい資格のことを指す

これが必須と望ましいの大きな違いです。

必須資格と望ましい資格の両方を持っていれば、その仕事に選ばれる可能性は高くなります

タイトルとURLをコピーしました