心拍出量と脳卒中量の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

心拍出量と卒中量の大きな違いは、心拍出量(Q)は心臓の左心室から身体へ1分間に送り出される血液量であることです。

しかし、一回拍出量(SV)は、一回の心拍で心臓の左心室から送り出される血液の体積です。

さらに、心拍出量は1分間に3~5リットルであるのに対して、一回拍出量は60~70ミリリットルです。

また、心拍数は一回拍出量に心拍数をかけたもので、一回拍出量は拡張末期容積から収縮末期容積を引いたものです。

つまり、心拍出量と一回拍出量は、心臓生理学において、単位時間あたりに心臓から送り出される血液の量を表す用語です。

一般に、これらの値は体の必要を満たすために常に変化している

主な対象分野

  1. 心拍出量とは
         – 定義、計算、重要性
  2. 脳卒中量とは
         – 定義、計算、重要性
  3. 心拍出量と脳卒中量の類似点とは?
         – 共通点の概要
  4. 心拍出量と脳卒中量の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

心拍出量(Q)、EDV、ESV、心拍数、脳卒中量(SV)

スポンサーリンク

心拍出量とは

心拍出量(Q)とは、心臓が1分間に左心室から体内へ送り出す血液量のことです。

また、一回拍出量と心拍数の掛け算で算出されます。

心拍出量(Q)=一回拍出量(SV)×心拍数(HR)

重要なことは、心臓は筋肉の臓器であり、全身循環によって全身に、肺循環によって肺に血液を運ぶために、血液にポンプ圧を発生させることである

また、左心室から全身循環に入る血液は、酸素と栄養が豊富です。

最終的には、体内の代謝組織に到達する。

 さらに、心拍出量は健康な成人で1分間に4.7リットルの血液を供給している。

What is the Difference Between Cardiac Output and Stroke Volume 図1:心拍出量とストローク量の関係

さらに、健康な人の場合、心拍出量は体内の代謝組織や臓器の酸素需要量に常に依存している。

例えば、低運動有酸素負荷時(最大負荷ではない)には、心拍数は線形に増加し、脳卒中量は非線形に増加する反応により、心拍出量は増加する。

 しかし、特定の臓器への酸素供給量のミスマッチは、血行動態の不安定化を招き、最終的には臓器機能障害に至る可能性がある

Comparison of Cardiac Output vs Stroke Volume 図2:心拍出量に影響する因子

急性心筋梗塞の病態では、心拍出量が減少することがあります。

したがって、平均動脈圧を維持するために、心拍数を増加させなければならない。

ストローク量とは

基本的に、ストロークボリューム(SV)とは、心臓の左心室が1回の心拍で送り出す血液量のことである


基本的に心拍とは収縮期の心臓の収縮を一巡することである

また、拡張末期容積から収縮末期容積を引くと、一回拍出量が算出できる。

このうち、収縮末期容積は拍動終了時の心室内の血液量であり、拡張末期容積は拍動直前の血液量です。

 また、一回拍出量は左心室と右心室で別々に適用することができる。

また、心容積は左心室と右心室の両方に適用される。

ストローク量(SV)=拡張終末期体積(EDV)-収縮終末期体積(ESV)。

図3:脳卒中量に影響を及ぼす因子

さらに、脳卒中量には複数の因子が影響する。

その中で、一回拍出量を調節する主要な因子として、前負荷、収縮力、後負荷の3つが挙げられる。

このうち、前負荷は拡張期末の受動的な心室壁応力であり、拡張期末容積と同義です。

また、収縮力は心筋細胞の収縮力であり、心臓の強心力と呼ばれる。

一方、後負荷は収縮期(心室収縮期)に心臓が血液を排出するために働かなければならない圧力であり、平均動脈圧に比例する。

心拍出量と脳卒中量の類似性

  • 心拍出量と一回拍出量は、単位時間あたりに心臓から送り出される血液の量によって、心機能を表す相互に関連する2つの測定値です。
  • ここでいう血液量とは、左心室から送り出される血液の量のことです。
  • 体内の必要量に応じて常に変化するため、心臓のさまざまな状態を把握するために、心臓生理学において重要な値です。
  • 非侵襲的な方法で測定される。

心拍出量と脳卒中量の違い

定義


心拍出量は心臓が1分間に送り出す血液量のことであるが、一回に収縮する心臓の左心室から送り出される血液量のことである

算出方法

心拍出量は一回拍出量と心拍数を掛け合わせたものであり、一回拍出量は拡張末期容積から収縮末期容積を差し引いたものです。

正常値

健康な成人の場合、心拍出量は毎分3~5リットルであるが、一回の心拍につき、一回拍出量は60~70ミリリットルです。

重要性

心拍出量は代謝組織の酸素要求量によって変化し、一回拍出量に影響を与える変数には、収縮力、前負荷、後負荷の3つがあります。

結論

簡単に説明すると、心拍出量は心臓の左心室が1分間に送り出す血液量のことである

一般に、身体の酸素要求量によって変化する。

そして、心拍出量の正常値は1分間に3~5Lです。

一方、卒中量は、心臓の左心室が1回の心拍で送り出す血液量のことである

ただし、収縮力、前負荷、後負荷に依存する。

また、脳卒中量の正常値は、1心拍あたり60~70mLです。

重要なことは、一回拍出量と心拍数の積が心拍出量となることである

したがって、心拍出量と心拍数の主な違いは、計算方法と重要性です。

タイトルとURLをコピーしました